嵐ケ丘/嵐が丘の作品情報・感想・評価・動画配信

「嵐ケ丘/嵐が丘」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

-
仲良くなってはいがみ合い、いがみ合っては心から愛していると確信する。使用人とお嬢さまの恋愛、今こういう作品を作るならばさほど問題ない作りかもしれないけど当時はすごい差別、純愛ものかと思ったら思った以上に時代背景が濃く出ている作品でした。

キャシーは皆んなの前では立場上、使用人をキツい言葉で傷つける、そんな言わなくてもと思っていたし自分の立場を気にするのは相手への愛ではないと思うから私は観てて辛かったなぁ‥。私が使用人だったら即出て行ってますよ‥。

なんでそうなるのって考えたら、人物像もあるだろうけど、私は時代だと思うし、キャシーの心にあるのはやはり使用人への一途な愛であり、使用人の心にあるのもキャシーへの一途な愛。
2人はずっと生涯、お互いのことが大好きだったのかもしれないですね。
関係ないですがこれでレビューが400に!今後ともよろしくお願いします。
Goppipolla

Goppipollaの感想・評価

3.1
毎日映画コーナー74日目

嵐が丘

特に理由もなくくっついたり離れたりする焦ったくてめんどくさい男女と、それに振り回される不幸な周囲の人々の話

とにかく意味もなく愛したりきれたりするので、後半はシリアスギャグ感覚で笑える

ただ、やはり名作なので各所のセリフは良かった
ラストは見事
risa

risaの感想・評価

2.6
原作を読んだことはないけれど、あらすじを見た限り本作は大分端折られた話なんですね。有名な作品の映画版で、期待値高めで観たらちょっとがっかりしてしまった。これはきちんと本で読んだ方がよさそう。文章の表現と映像の表現はやっぱりどうしても別物。この作品に限って言えば元々原作の本は初めは評判が良くなかったということだし、単に万人受けするストーリーでないだけかもしれないけれど。
映画を観てから原作を読んだ。

本媒体より画像に惹かれ始めたきっかけかも。それだけ狂気が伝わってきたような、、

中高学生だったからかな。
有名すぎる原作、読みたいけど読める気がしなかったから映画で。身分の違う2人のすれ違いまくりの恋愛物語。面倒くさい奴ばっかだな!素直になれよ!って思うけど、キャシーの行動はすごく理解できてしまうwむずいよなー。切ないけどあの終わり方ならまあオールグッドな気もする。
pokuta

pokutaの感想・評価

3.5
有名な小説だが内容全く知らずに鑑賞。キャサリンとヒースクリフの愛憎劇に付き合わされるエドガーとイザベラ兄妹はたまったもんじゃない。昔のこの手の小説、登場人物は執念深い輩が多い。
「憎悪や呪いは自分に返ってくる」
と言われてもアレは呪わずにはいられん
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5
【イチャイチャドンドン】
テンポが爆速な『嵐が丘』。ヒースクリフがアメリカに逃亡しようも、途中でキャシーのことを思い出しニューオリンズから泳いでリヴァプールまで帰る話に草生える。ただ、キャシーが「私の胸に飛び込んできて!」胸キュンし、ラブラブデート風景が映し出されるのはロマンティックで素敵だ。

とはいえ、本作の肝はヒースクリフにしろ、キャシーにしろヒーロー/ヒロインでありながら暴力的で割と恐ろしいキャラクターだったりするところにある。特にキャシーの本音と建前の狭間でフワフワ動く様子は『寝ても覚めても』のヒロインの行動原理に通じるものがある。人間って結局そんなものだよねと納得するものがある。

余談だが、『市民ケーン』でお馴染みグレッグ・トーランドの撮影が良いのも注目ポイントである。
Queenie

Queenieの感想・評価

4.0
やっとみたよ。ローマの休日と同じ監督だったのか! 主役の2人にフォーカスしたぎゅぎゅっと詰まった作品。 肺炎で死ぬとかめっちゃタイムリー
孤児で名家に拾われた主人公が拾われた名家の娘と恋をするお話。

受け取り方次第だと思うが、恋愛ってめちゃくちゃ面倒くせぇと思った。恋愛の煩わしくて嫌な部分ばかりにフォーカスがあたってた気がする。100分弱の映画なのに疲れた(笑)恋愛してみると面倒なことばっかなのかもしれんな。もちろん、とても素敵な部分もあるとは思うけど。

今作を観てると、いかに自分に正直に生きることが重要なのかを思い知らされた。これは恋愛だけにとどまらず、全てのことに通じる気がする。
あと、感情任せに人を罵ってはいけないことも痛感。どこで誰が聞いてるかわからないしな。でも、恋愛におけるそれは、「嫌よ嫌よも好きのうち」という言葉もあるぐらいなので、愛情表現の裏返しなのかもしれない(知らんけど)。

素直に生きることって大切ね....
>|