ジャイアンツの作品情報・感想・評価

「ジャイアンツ」に投稿された感想・評価

chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.8
ジェームスディーンの遺作。主演ではなかったんだね。にしても長かった。
とにかく長い。笑
けど、特にラストは良かったなあ。

もう銃で女を奪い合う時代は終わった…
2018.3.4
大作だと思います。3世代をじっくり画いているのでそりゃ尺も長くなりますよ。

てっきりジェイムズ・ディーンの映画だと思っていたんですが、あくまでも主役はロック・ハドソンとエリザベス・テイラー演じる夫妻でディーン様ではない。勘違いしてました。
ディーン様の勘違いや壊れっぷりにうんざりしてしまい、やっぱり全うに生きてこそだと思うので、ロック・ハドソンに肩入れしてしまいました。

ソファーで孫を見つめながら何気ない会話をする最後のシーンが好きです。
ryusan

ryusanの感想・評価

3.4
やっぱりジェームズが撮影中に死んでしまって編集の中途半端感は否めない。行きてたらもう一山あつたんでしようね。
2018 4.24 鑑賞
久しぶりに観ました。エリザベス・テイラーやロック・ハドソンやジェームズ・ディーンの他にもう1人ヒーローが居た。若きデニス・ホッパー君!カッコえかったよ。アメリカ大河ドラマの傑作であることには間違いない!
今となっては普通の事でも、状況が違いすぎる。なのに嫁の思いは一緒だわ…
それにしてもエリザベス・テイラーの可愛いこと!許すわー。
犬

犬の感想・評価

3.8


テキサスに広大な土地を持つベネディクトと東部の名家の娘レズリー
そして、ジェットという男
幸せ、苦難、恋など彼らの家族や人生を描く

エドナ・ファーバーによるベストセラー小説を映画化したウエスタンドラマ

壮大なストーリー

インターミッションもある長い作品ですが、人生を描いているからしょうがない
でも、それほど長く感じなかった

牧場のことを知れる
美しい自然も良かった

女性の自立、跡継ぎ、人種差別
社会派のメッセージもあり
ラストもスゴい

エリザベス・テイラーの顔が整いすぎ!
ジェームズ・ディーンの遺作
主役を喰うようなスゴい演技だった

テキサスの感じや歌、皆さんの歳をとったメイクも良かったです
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.9
□物 語 ★★★★★ ★★
□配 役 ★★★★★ ★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★★
ムムッ、こんな話でしたか…

冒頭からのエリザベス・テイラーのあまりの美しさに物語そっちのけで引き込まれ…それが狙いならすごい映画だ…

いや、最後の30分なかったらロック・ハドソン嫌いになるところでしたよ、最初からあまり好きでない主人公だなぁ…とは思っていたけれど、それが時を経て、時間の流れと時代を感じるところにハッとなり…

それを代弁するかのような、エリザベス・テイラーのあの長台詞。

ああ…
人とはなんと歴史のある生き方ができるのでしょうね。

しみじみ…

それにしても、ロック・ハドソン、でっかいなぁ…と思ったら193…
そりゃあジェームズディーンが小さく見えるはずです…

若いデニス・ホッパーに驚きました、目が綺麗で、息子のヘンリー・ホッパー!!似てますね。

長いけれど、なんとも言えず良い作品でした。
のん

のんの感想・評価

3.6

開拓地テキサスの発展を背景にした大河ドラマで良心的な物語。

ジェームズ・ディーンはビックの牧場の元牧童で後に石油王になる男として登場。
レズリー(エリザベス・テイラー)に恋をし想い続ける一途な青年である一方、メキシコ人を差別するテキサス流の偏見に凝りかたまった人格を演じててちょっとびっくり。娘に言い寄るとことか結構気持ち悪いのが印象的。
>|