ドラキュラのネタバレレビュー・内容・結末

「ドラキュラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

こんな吸血鬼映画待ってた〜〜〜ッッ

ノスフェラトゥと魔人ドラキュラを観てわかったけど吸血鬼映画ってブラム原作の設定を使って色んな作品を作るデビルマンみたいな感じなんですね(?)

石岡瑛子の衣装はやはり魅力的
残酷で官能的で耽美で一冊の幻想的なオカルト童話を読んでいるようだった
ちょっとツッコミどころもあるけど私は好きです
【自分用メモ】
・最初のドラキュラ城のあたりはワクワクしながら見てた(いろいろ演出が凝ってる)
・途中から飽きてながら見
・演出とか衣装とか舞台とか豪華だし凝ってるのになんだかつまらないー
・アンソニーホプキンスとGオールドマンなのになー
・キアヌが若くて美しい(でも棒)
・モニカベルッチがえろい
・Sフロストがえろい
・結末の記憶がない
ウィノナが取り憑かれた(?)状態で、呪文みたいなのを空に向かって唱えてる姿がかわいかった。
コッポラ親方。
ゴシックなのを除いても92年の割に映像が古い。一番の見所は石岡瑛子の衣装デザイン。

ゲイリーオールドマン演じるドラキュラが死んだ嫁に似たウィノナライダーをストーカーする話。

序盤の勢いが凄くて置いてけぼりくらうところだった。
おぼっちゃまっぽいキアヌリーブスと可愛らしいウィノナライダーのカップル最高じゃん〜とか思ってたら頭ハート形のヨボヨボゲイリーオールドマンが出てきて笑った。
特殊メイクもセットも凄いんですけどね。
ミナが裏切ってドラキュラに杭打つのかと思ったら普通に惚れてて婚約者の立場無くて可哀想だった。キアヌが可哀想なのはだめだ。
それ以上に可哀想なのは血で血を洗う血液合戦された親友のルーシー。
I'm nothing, lifeless, soulless.
良い。
今観るとキャスト豪華です(*´ω`*)
全盛期のウィノナが美しいです🐱
モニカさんやジュードの元奥さんも出てました😊

衣装が素敵です(*´ω`*)
確か日本人ですね😃
キアヌの若さに驚いた!!!親友で吸血鬼にされちゃった子が一番不運だったね....可哀想。【字幕】
何という結末!何という深い愛!何という真実の愛!「愛は死よりも強い」珠玉のラブ・ストーリーを堪能しました。

一般的によく知られていることだが〔愛〕には4つの面がある。そして〔愛〕は、実に様々な働きをする。

心から愛する人を喪った絶望と怒りの果てに「呪われた者。生ける死人」となったドラクル。これも愛。

愛するエリザベータを呪われた者にすることを戸惑うドラクル。あれも愛。

ついでに、エリザベータをドラクルと共に行かせるジョナサン。多分愛。

神の赦しを得て人間としての死を享受するドラクル。きっと愛。

『私だって人を愛することができるのだ』この台詞が心に響きました。

雲や光や太陽、特に影の使用が上手い。あと音も。視覚、聴覚だけでなく、全身に揺さぶりをかけてくる。忍び寄るザワザワ感。あっという間の127分でした。
蛇足→アンソニー・ホプキンスの方が怖かった。血だらけで生首3つ持って歩いてくる。イメージって大切。
ドラキュリアのレビューを読み、この映画を絶賛されてる方がいたので、試しに見てみました。

結構ちゃんとした作りで満足しました。

ゲイリー・オールドマンの演技はずば抜けてましたが、キアヌかウィノナか、3人の誰に感情移入したらいいのか、ちょっと悩みますね。
結局豪華キャストにもかかわらず、誰にも中途半端な感情移入しかできなかったように思います。もったいない。

映画自体は、本格的!
神に裏切られた。というドラキュラになった理由と、悲しみの表現は良かったと思います。
ウィノナ・ライダーとキアヌ・リーヴスが好きな私は複雑な気持ちになった。なのでドラクラにはまったく共感できず。
衣装はもちろん素晴らしかった。
>|