吸血鬼ノスフェラトゥの作品情報・感想・評価

「吸血鬼ノスフェラトゥ」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

4.0
会社の方から借りてきた本作は、吸血鬼映画の原点にしてホラー映画の古典。「サンライズ」のムルナウ監督作でとにかく面白く、特殊メイクの出発点、スプラッター映画の元祖でもある。
暦

暦の感想・評価

4.0
とてもクラシックで良い映画です
スクリーンで見たくて美術館の特別上映に参加しました

プツプツって聞こえたり人からシルエットになったりちょっとボンヤリしたり随所に創意と時代を感じてそれがまたたまりませんでした
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.7
ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』のオマージュ作品。

"吸血鬼映画の原点" "ドイツ表現主義の名作"などと評されている作品です。


これから起こる悲劇を暗示するような映像の抜群の構図と物語の構成力は単純に素晴らしいなと思いました。

また、トーキー映画にはない、サイレント映画ならではの少々オーバー?な役者さんの仕草や表情も個人的にはすごく好みでした。

煽られる恐怖から生まれる物は「不気味」を通り越して幻想的ですらあり、この点において本作は現代の作品とはまた違った魅力持っているのかなと思います。
現代の様な特撮技術が無かった時代にこれだけ恐怖感を醸し出してるのは凄い👍
血が吹き出たり 首が回らなくても 充分ジワジワ恐怖を味あわせてくれる😆

やっぱり ドラキュラって 昔から何本も映画化されてるけど?どれも オモロイ❗️
何でかなぁ!?血〜吸われたい欲望が何処かにあるんかも🤣
🚧👷🏻‍♀️鑑賞記録ONLY👷🏻‍♂️🚧
過去鑑賞📽✨初❤️体験ではなかったけれど。アタシ史上で間違いなく『ホラーの原体験』でし(´・∀・`)ホラー(特に吸血鬼🦇映画の金字塔🔝🗼
YellTao

YellTaoの感想・評価

4.0
ヴァンパイア映画の元祖。

背が高くて体は細く坊主頭、乱杭歯に鉤爪、尖った耳の吸血鬼ノスフェラトゥ。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』ピーターのモデル⁇! ってとこも嬉しいポイント(笑)。

蜘蛛や食虫植物とポリプの採餌。
ニーナの夢遊病や、忍び寄る不吉な影。
疫病の構図に船員たちの不可解な死と棺から湧き出る鼠、その捜査など
メタ的な恐怖表現や見えない恐怖の演出が魅力的なサイレント映画。
特に、ノスフェラトゥの容貌(初期の特殊メイク)と、ノックの脱走(集団パニック)は、圧巻!

今となってはコミカルに見えるけど、無駄が無いどころか丁寧で多様なショット、62分とは思えない詰め込んだ内容と表現力に感動する。
93分の修復版も観たいなーー。
サンライズと並ぶムルナウの代表作で、サンライズ程の傑作ではないものの中々楽しい古典ホラーだった。

最初はそんなに面白くなかったけれど主人公が旅に出てから結構良い場面の連続だったし、ノスフェラトゥが出て来たときのあからさまに不気味な外見とめっちゃ早い馬車も笑えた。(というか棺抱えた姿といいホラー要素のノスフェラトゥが結構笑える場面も多いのが逆に良い)

そのノスフェラトゥがネズミ的な化け物だったからかネズミもちょくちょく出て来たけれど、昔は何とも思わなかったネズミに苦手意識が芽生えてしまったのが我ながら不思議でならない。

美しさにおいては特に浜辺や海のシーンが良かったが、大公の財政やタブウといった後年の作品でも海は印象的に映っていたから、こういう点もムルナウの持ち味だったのかもしれない。

ちょっと字幕が長いと思えた箇所も多かったとはいえ、映像で得られる満足感は中々だったからムルナウの代表作と呼ばれているのも納得。
いしが

いしがの感想・評価

2.0
字幕の多いサイレントは糞だ。オチの投げやり感酷過ぎて笑った。
やっとその姿を見た!ノスフェラトゥ!!棺の扉が勝手に開いたり、壁面に写し出される奇怪な影、などモンスター映画の原点だなぁと思わせる演出が素敵。カッと見開いた目、長く鋭い爪先、子供騙しじゃなくしっかり怖い◎公開当時見た人の反応を見てみたかった😆
全体的に長めで黒めなハゲ頭いかり肩出っ歯のやつ立ってるだけでわくわくする。ナイスシルエット。極端な省略。でも迫真の表現という名の顔芸が不足を感じさせない。なんでも科学的に説明がついたらつまんないしたまには良いことも悪いことも昔ながらの神秘でやっていきたい。
>|