ハンガーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハンガー」に投稿された感想・評価

furip

furipの感想・評価

3.8
冒頭、デヴィッド・ボウイさんを軸にスタイリッシュな映像、クールな音楽、短いカットの連続でおしゃれだなーっとうっとり。若かりしデヴィッドさんはとても美しく、美しい映像にうっとりしつつ流麗に流れる音楽と相まって、あっという間に作品世界へ没入。
ロル

ロルの感想・評価

2.5
トップガンのDVD特典の中で、ハリウッドではかなり不評、作りが派手で意味がわかりづらい、妙な吸血鬼映画、芸術趣味に走りすぎたうえ暗くて傲慢だと酷評された。
ハリウッドからはそれ以来お払い箱だったが、四年後ドンとジェリーが声をかけてくれた。
大ファンだったが、本当に気を引いたのはCMのほうだった。
ジェット機を使った映像、ジェット機を摂る監督は少なかった。から声を掛けた。

というような話を聞いていずれ見てみたかった。u-nextを契約したのでやっと見れました。たしかに作りが派手とかはわかるなって思った。
吸血鬼映画としてありそうな話ではあったけど、映像の作り方が比喩的で確かに酷評されてもおかしくない。
ストーリー、演技はいいと思う。
えり子

えり子の感想・評価

3.8
昔、映画館で観ました。
デビット、ヴォーイ。カトリーヌ、ドヌーブ。スーザン、サランドン。
御三方、若くて、きれいでした。
現代に蘇る吸血鬼。
どんどん老化していくブォーイの姿。
まあ、怖くて、美しかった。
『トップガン』鑑賞後、トニー・スコットを掘っていきたいと思い鑑賞。全編映像における美的センスがビンビンで才気走っている。OPのクラブシーンから人喰いまでの流れもさることながら、ラストも最高で画面のおぞもましさと寓話としてのオチ”永遠の命を手にすることへの皮肉・批判”も相まって非常に気持ちよかった。しのごの言わずにとりあえずこの映像美にダイブして欲しい。
vesper

vesperの感想・評価

3.6
トニスコ初監督作

デヴィッド•ボウイの出番少なめでしたが印象に残る役柄してる。かっこいい。

このダークファンタジーホラー的な感じまあまあ好き。
CM監督出身の映画は絵作りが凝ってておしゃれ。
Patrick

Patrickの感想・評価

3.5
当時、長尺のMVみたいな映画を作るのが流行っていたね。「シューベルトの三重奏E♭」を選んだ時点で、勝利確定です。全編通して曲調そのままの切ない感じ。美しいです。生徒の少女を止まれずに食べちゃうデヴィッドボウイ、これまた切ない。そのボウイを守れなかったドヌーブ、愛したはずのドヌーブを殺しちゃうサランドン、皆切ない。
現代の御伽噺。お洒落なだけじゃない、良い映画だと思います。
イワシ

イワシの感想・評価

3.2
鬱なトニスコ。この次が『トップガン』なのが信じられん。ラストのゾンビ大復活のフルチ感。
GA

GAの感想・評価

3.7
デヴィッド・ボウイがカッコいい…
ストーリーはあんまり意味はなくて、むしろずっと耽美的に映像を紡いでいくのみ。
生きてくってどういう意味があるんだろうか。ただ、生ける屍を山のように積み上げてそれになんの意味が…
完全に忘れてたけどいきなりバウハウス登場でBela Lugosi's Dead。ベタベタにベタだけど吸血鬼とゴスとアンダーグラウンドクラブは相性よし。『オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ』に相当影響与えてそう。けど公開時は酷評だったそうな。たぶんヘンテコな音響と編集のせい。けどその後カルト作として人気だそうな。きっとヘンテコな音響と編集のおかげ。印影深い映像は極美。色々ヘンテコだけど話は何気に深恐ろしい。まあとにかくデビッド・ボウイ。ボウイの声は演技の時も格別。最近やっぱボウイこそ人類最終到達形だったと思う。だってボウイ昇天以降明らかに人類退化してるし。そのボウイのさらに上位形みたいなドヌーブ。この2人のキスシーンだけでも観る価値ある。もしかしてこれが超美形吸血鬼のルーツか?まだ無名のウィレム・デフォーも2秒くらい出てる。
wakana

wakanaの感想・評価

3.9
THE HUNGER


②11/14 1999(video)
>|

あなたにおすすめの記事