ドラキュラの作品情報・感想・評価

「ドラキュラ」に投稿された感想・評価

1カット1カットにいろんなアイデアが含まれてて、ストーリーの重苦しさとは逆に観てて楽しかった。ただ後半の展開のだるさったら…

衣装はさすが。石岡瑛子。
むぎ

むぎの感想・評価

3.2
ヒュー・ジャックマンのヴァン・ヘルシングを観た流れから、吸血鬼ものということで鑑賞。
ヴァン・ヘルシングとは趣が違い過ぎて比べるのも野暮な話だが、やはりこちらのほうが吸血鬼ものとして重厚な雰囲気がある。

生々しい生と性に溢れていて、いけないものを観てしまった背徳感が愉しい。
衣装も古典的だが、今観ても斬新で目を惹く。
特にドラキュラ伯爵の着ていた驚くほど裾の長い紅いローブと、ミナの親友ルーシーの死装束が美しかった。

登場人物も多く、話も長いので散漫な印象があるが、全体を通しての雰囲気は抜群に良い。
pink

pinkの感想・評価

3.7
キアヌはなにを演じていてもキアヌ。若手の頃も今もキアヌ。でもこの映画はキアヌメインではないです。

ヴァンパイア系の映画は好きでよく見るのですが、この映画はとても良かったです。

意味不明で気持ち悪いストーリーや人物(メイクによる効果)が、この映画の本気度が伝わって逆に良かった。
イリエ

イリエの感想・評価

4.2
エモい映画です。表現主義というんでしょうか、美しい絵画作品をみているような感覚になります。東洋と西洋の境を守る戦士の話だからか、石岡瑛子さんの仕事が偉大なのか、ミックスしている感じがイイっす。ゲイリー・オールドマンの怪演は無論ですが、ウィノナ・ライダーの憑りつかれた演技に心惹かれます。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
フランシス・フォード・コッポラ監督のドラキュラ伯爵映画。十字架や太陽光、ニンニクがダメな正統派ヴァンパイアが描かれている。ダークかつアダルトなディズニー映画みたいな雰囲気。キャストの豪華さが凄い。端役にイタリアの宝石モニカ・ベロッチがいてびっくり。主題は時を超えた伯爵と妻の切ない純愛。なかなか楽しめた。
Gam

Gamの感想・評価

3.0
ドラキュラ、しょーもなくないか??
あとキアヌリーブスなに考えてるのか分からない。ドラキュラより人間味ない。「みんな正気ではなくなった。」とか言ってるがキアヌは最初から正気ではない。
ウィノナさん、イギリス英語が上手でビックリした。ゲイリーオールドマンはやっぱり凄い。こういう役がピッタリ。特殊メイク凄いのに目で演技する俳優なんだと思った。お陰でキアヌの淡々とした演技?台詞読んでる感じが酷いと思った(*´-`)もみあげも気になった。
この人綺麗だなーと思ったらサディフロストとモニカベルッチだった。
『レオン』を観たので違った役柄のゲイリー・オールドマンが観たくて鑑賞。
老人のときは不気味でおそろしい存在だけども、紳士のときは男前ですね〜。
特にベッドのシーンなんて自分の渇望と愛する人への葛藤で見応えありでした。
思いがけず若きキアヌ・リーブスと頼もしいアンソニー・ホプキンスも堪能できました。

でも…ミナはどうなんだろう笑
美しくてそこは眼福だったのですが、ドラキュラ伯爵の魔性の魅力に惑わされたとはいえ、個人的には夫への貞節を貫いてベッドで杭を打ち立てるくらいの気概を見せてほしかったです。
キアヌがかわいそう…笑

軽い気持ちで見始めたものの意外と夢中になってしまいました〜。
すぽ

すぽの感想・評価

2.9
ゲイリー・オールドマンのドラキュラ役は耳にするけど、ヴァン・ヘルシング役はアンソニー・ホプキンスなんですね。

ウィノ・ナライダーのネグリジェ姿がエロい。

もっと重厚な物語だと思ってたら、90年代ダークファンタジー的な色々詰め込んでます感が強かった。
まろ

まろの感想・評価

2.0
うーん…
ブラムストーカーズとの題名とは裏腹、原作からはかなり逸脱しています。
大事なものが落ち、余計なものがくっついてしまった印象。
原作におけるドラキュラ城の静かな語り口で伝えてくる暗鬱な雰囲気はごくごくさらりと片付けられ、変なエロスを盛り込まれる。大体が冒頭のドラキュラの過去も原作には無いところだが、これが弱い…それを踏まえての劇中エリザベータさんの生まれ変わりたるミナとの恋は個人的には不要かな。
もっと原作に忠実でよかった。
>|