インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの作品情報・感想・評価

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に投稿された感想・評価

mimi

mimiの感想・評価

-
ブラッド・ピットの悲しげで伏し目がちな目元や、もたれかかるような、気怠そうな仕草が女性的で新鮮。

トム・クルーズも珍しい感じだけど、ウキウキしていて顔色も良く元気そうやった。陽の光を浴びても死ななそう🧛‍♂️<生き返ったぜ〜
koto

kotoの感想・評価

3.4
トムもブラピも美しいの一言。男同士なのにちょいちょいどきっとするシーンがあった。
キャストに衣装にセットにととにかくビジュアルが良い。
ルイに執着するレスタトが時折見せる狂気じみた美しさがすごいです。
歪んだ擬似家族や独占欲、耽美な雰囲気が好きな人は一見の価値ありだと思います。
映画はずっとルイ目線で進むので原作も読もうかなぁ。
くまA

くまAの感想・評価

2.0
トム・クルーズの美しさを最も堪能できる作品。
勿論トム・クルーズは格好良いのだけれど、それ以上に美しいと思わせるので驚いた。貴族も似合うとは思わなかった。
ブラッド・ピットも良かったけれど、個人的にはアントニオ・バンデラスが素敵だった。若い。
人物だけでなくセットに衣裳、画面構成もとても綺麗。全体を通して世界観がしっかりしている。
たく

たくの感想・評価

3.0
子どもの頃になぜか見た。
トム・クルーズが蛇か何かの血を吸い九死に一生を得た?辺りで気味の悪さは頂点…大人の女に決してなれないキルスティン・ダンストの反逆と、太陽光に焼かれて少しずつ苦しみながら死んでいくヴァンパイアの姿が印象的。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.5
個人的なヴァンパイアブームが今年の初め頃から来ていたので視聴。
BL好きな人はめっちゃ好きそう。
吹き替えで見たけど血を吸われるときにセクシーに女性が喘ぐし、乳首ももろ出てくるので中学生の時に見てたら危なかった。
MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

4.2
トムは何故ヴァンパイアを
やりたかったのだろう?
10kg近く体重も落として、
役にのめりこんだ。

優しいブラビと
我が儘好き勝手なトムの
二人のヴァンパイアコンビ。
世界を転々としながら
二人は長い年月を共にする。
トムは冷酷に人の血を吸い、
ブラビは、小動物の生き血で
飢えをしのぐ。

インタビュー役は、
本当はリバーフェニックスだった。
彼が亡くなって、
クリスチャン・スレーターになった。
彼は、出演料全てを
リバーフェニックスが
支援していた団体に寄付したそうだ。

可哀想でヴァンパイアに
してしまった少女は、
キルスティン・ダンスト。
血の渇きを我慢出来ない少女は、
残酷になる。
そして、心だけが大人になり、
体は子供のままであることへの、
アンバランスさに耐えきれず、
ヴァンパイアにした
トムを恨み、トムへの反撃を
企てるのだが・・・。( ゜o゜)

健康そうなトムとブラピの
ヴァンパイア役に
違和感を覚えつつ、
2回目に見たときに慣れ、
2度目の方が冷静に
面白く見られました。

昼のロードショー向きかな。
ファンがトム様、ブラピ様ー❤
って、画面の近くで
見る映画でしょうかね。(>_<)
Mina

Minaの感想・評価

5.0
世界一美しい映画だと思います。終わらない厨二病といろんな性癖を植え付けられました。
ジ子

ジ子の感想・評価

3.5
洋画を観るきっかけになった映画
何回観ても衣装、移りゆく時代観、良き!!
綺麗で儚いようで、図太いというか(笑)
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

4.5
ストーリーも展開も衣装も俳優も、基本的にお耽美な映画。特に俳優は美しい男性陣が揃っているため、その事実に目がいきがちだが、特筆すべきは主役陣の演技力だ。

これを観て、初めてトム・クルーズの演技がうまいと心底思った。はじめは彼の採用に大反対だった原作者のアン・ライスが後から大々的に謝罪したのが納得行くくらい、とにかくレスタト役にピッタリはまっていた。あの人を小馬鹿にした自由人的な性格や笑い方、それに彼のお洒落さが、残酷なはずのレスタトをとても魅力的でコミカルにさえ思える人物に仕立て上げていた。私の中では、彼以外にもうレスタトが考えられない…。一番好きなのはエンディング。

それに、あの若き日のキルティン・ダンスト!子供なのにこれだけ演技力がある子は久々に見た!体が小さいまま心だけ成長していく吸血鬼の苛立ちや悲哀を、大人の女の表情や醒めた目で完璧に表現していた。それだけでなく、まだ心も子供のままだった頃の子供ヴァンパイアとしての演技もすごい。レスタトに怒られてショゲるシーンなどは、本当に可愛らしい。(怒られている内容は家中での殺しなのだが…。その事実と二人のやりとりのギャップも笑えたりする。)私としてはアカデミー賞あげたい。よく「何でこの人がアカデミー賞取らないんだろう…」ともだえ苦しむ事があるが(ETのエリオット少年なんか、ドリュー・バリモアよりずっと良かったのに…)、彼女にもそれが当てはまる。

もう一人、二人には劣るが、ブラピもインタビュアーの軽率な発言に激怒するシーンでは凄い迫力を出していた。
>|