ウェインズ・ワールドの作品情報・感想・評価・動画配信

『ウェインズ・ワールド』に投稿された感想・評価

サタデー・ナイト・ライブから派生した、ウェインとガースのヘヴィメタルおたくが送るドタバタコメディ。

オースティンパワーズで有名になる前にマイク・マイヤーズはこのキャラでブレイクしている。
しかし悲しいかなあまりにもアメリカナイズされすぎていて、日本ではほとんど知られていない。

見れば判るがTVシリーズを見ていないとこれはきつい。
ほとんど白けた状態になるのも致し方ない。

エンディングを作り変えたり、カメラ目線になったりなどSNLを意識しているのは明らかだ。

ただ唯一パロディとしてターミネーター2のT-1000を演じたロバート・パトリックが警官の制服姿で出てきたときには思わず吹いてしまった(笑)
車内でBohemian Rhapsodyを歌っている時があまりにも最高すぎる映画

不条理さやノリで突き進むギャグで笑える人にはおすすめだが…

私が小学生だった頃の友達がやっていたギャグがこの映画のものだということに20年ほど経ってからわかったことが一番おもしろかった
jinbei

jinbeiの感想・評価

3.9
メタメタの感じとか、ウェインが恋に落ちる時Dream weaver流れる感じとか、総じて好きなコメディやったな
runm

runmの感想・評価

2.8
アホみたいな男の考えダダ漏れで
ふざけてばっかで過ごしてるのが好き!
最高のコメディだよお
フク

フクの感想・評価

3.5
バカで脳天気な愛すべきアメリカ産コメディ映画。
しかしここで披露される彼らの音楽のセンスは半端なくかっこいい。
つんま

つんまの感想・評価

3.5
冒頭の車でロック流しながらみんなで合唱は最高。俺もやる。

脱力感半端無い
Baad

Baadの感想・評価

3.7
JAIHO配信にて。

サタデー・ナイト・ライブのコーナーからのスピンオフ映画と知り、急きょ鑑賞。配信は今日いっぱいまで。

サタデー・ナイト・ライブ系のコメディーは割と相性がいいことが多いので見てみたんですが、なんじゃこれ?という脱力系。でもなんだか面白かった。

今やったらアウトの部分もあったけれど、いい雰囲気。今更ですが、冒頭の車中で「ボヘミアン・ラプソディ」を歌うシーンには感心しました。実に丁寧に作ってあるのがわかる。

ちょうど映画見てなかった頃の時代のもので、映画自体は日本ではヒットしなかったものの玄人受けしたらしく、これ系の笑いは日本でも流行ったなあ、と気づいたりした。歴史の穴が埋まった気分で良い感じ。

藤井隆がやっていたマシューなんかもこの系統ね。

主演のマイク・マイヤーズはその後順調に出世して、『ボヘミアン・ラプソディ』にまで出演していたのね。

登場人物が歌いまくっているけれど、動きまくっている割にはうますぎると思ったらやはり口パク?彼女は本当に歌える人なんだろうと思ったが、この女優さん、ほんと綺麗。

たわいのない話だけれど結構楽しめました。

しかし、クイーンもそうだけれどアリス・クーパーのメンバーも物知りね。当時のロック・グループって高学歴の人が多かったのかしらん。
wakana

wakanaの感想・評価

4.8
WAYNE' S WORLD



(日比谷映画 with 奈美子)
リ

リの感想・評価

4.0
エクセレント!!、!!
こういうコメディーをたまにみたくなる
ガースめちゃ好きだわ〜
小ネタが全くわからなくて退屈に感じてしまった😭😭

ボヘミアン熱唱してるマイクマイヤーズがボヘミアンラプソディに出演してるの胸アツだね
>|

あなたにおすすめの記事