大冒険の作品情報・感想・評価

「大冒険」に投稿された感想・評価

キー

キーの感想・評価

3.9
1965年のクレイジーキャッツ主演映画で、タイトル通りの冒険アクション映画。
偽札を使い世界経済を混乱させようとする謎の組織が、その組織の謎を追う雑誌記者植松役の植木等を抹殺しようとする追跡劇。
タイトル前に「クレージイ.キャッツ 結成十周年記念映画」とドーンと文字が出るので、クレイジーキャッツ全員が活躍するかと思いきや、植木等が体を張って秘密組織から逃亡するのがほとんど、植木等エンジニアる植松で発明家谷井役の谷啓もクライマックスでは植木等と共に体を張る。が、植松を偽札作りの犯人だと疑う刑事役のハナ肇、犬塚弘、石橋エータローは、体を張ること無く、植松の上司である編集長役の桜井センリと、植松の恋のライバルとなる役の安田伸に至っては、ほとんど出番無し。
まあ、クレイジーキャッツ全員が登場する植木等単独主演映画だと思って見れば、楽しいアクション映画。秘密組織のアジトの大規模なセット、特撮シーン、爆破シーン、どれも楽しめました。
特技監督は円谷英二。東宝怪獣映画のような雰囲気も味わえましたよ。
ただやっぱり、クレイジーキャッツ主演の笑える映画を期待したので、期待は外れましたけど。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
BSプレミアムにて。クレイジーキャッツの映画で円谷英二の特撮とは、なかなかの珍品! ストーリーは巻き込まれ型のスパイアクションで、闇の犯罪組織やら秘密基地が登場し、ジェームズ・ボンドのパロディのようであり、円谷英二によるミニチュア特撮はいかにも「ウルトラマン」的であり、なんとも楽しい。荒唐無稽な展開の末にたどり着いたのが、ヒトラーが生きててナチスを復興させようとしているという設定にはぶっ飛んだ!

こんなとんでもない危機的な状況でも、植木等は飄々とヘラヘラと乗り切ってしまう(でたらめなドイツ語を叫ぶとことか最高)。その姿はルパン3世のようでもある。この数々の遊び心は、昭和生まれの男の子の心の琴線に触れること間違いなし。
一攫千金を狙っているサラリーマン(植木等)と発明家(谷啓)が、世界規模で発生している大量偽札事件の容疑者にさせられてしまう。クレージー・キャッツの結成10周年を記念して製作された、アクション活劇。

部外者であるはずの植木等&谷啓が、ハナ肇を筆頭とした特捜班と越路吹雪統べる闇組織の両方から追われる身になってしまう。植木等の荒唐無稽なアクロバットは、本人によるスタントと円谷英二による特撮映像を掛け合わせて表現したもの。

比較的無難なドタバタ劇が続くため、「大冒険という題名のわりには冒険していないなぁ」と思わせられるが、後半部に入り、国際地下組織とナチス残党の関係が露見すると、ブラック風味の喜劇が一気にドライブしていく。

「コメディに登場するナチスドイツほど面白いものはない」の法則が機能しており、偉大なる反面教師を笑い飛ばしていく感覚に酔いしれることが可能。映画に出てくるヒトラーにニヤニヤしてしまう人は迷わず観るべし。
クレージーキャッツ結成10周年記念作品ということで、相当力が入っています。

ロードムービー風になったり、潜水艦が登場して「人間魚雷」にさせられそうになったりヒトラーが登場してたりと、とにかく勢いで突っ走る。

ヒトシ・ウエキ3の体を張ったアクションが地味に凄い。車の上を飛んだりつかまったり、ビルから落ちそうになったり、正面衝突寸前で避けたり(これはさすがにスタントか)と、スリリングなシーンが所々に。

勿論あの人が特撮で携わっているだけに爆発シーンも頑張ってます。
scotch

scotchの感想・評価

2.8
クレージイキャッツ十周年記念映画。7人もいたんですね。期待したが轟沈。
世界的偽札組織(まるでショッカー)最後は円谷の特撮まで。ハナ肇警官が空振り三振、全く面白くなかった。世代の方なら楽しめるかも。
ドイツ軍出てきたり散々クレイジーな内容かましといて、最後メンバー全員集合パフォーマンスで締めって反則じゃないか、いくら結成10周年記念作品だとしても。
とはいえ朝から陽気な気持ちでApple Music開き、クレイジー・キャッツのアルバム3つ追加しました。

この絶妙なDVDジャケットかなりいいな。
週刊誌の記者と会社クビになった発明家とドジな警察が国際的なニセ札組織を追うお話

「くよくよすんなよ、どうせ一度は死ぬんじゃないか」
naokit

naokitの感想・評価

3.0
円谷英二の名前があったから期待して観たが、異常に元気な植木等、何故か急に歌い出す出演陣…と、いつも通りのやりたい放題なクレイジーの映画でした。

60年代当時の赤坂、渋谷など今も名残がある場所がいっぱい出てくるのが楽しい。
この時代の映画はおおらかです。
のん

のんの感想・評価

3.0

あちこちからコピペだなぁ〜って感じもご愛嬌。
クレイジー・キャッツらしさは健在!

谷啓フルで出演〜♡
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
クレージーキャッツ10周年記念映画。
国際的な偽札を使った陰謀団をめぐるドタバタ劇。
円谷英二が特技監督を務めた作品だが、ドラマ部分がゆるゆるでクレージーの面々の個性に頼りっぱなし。
植木等のアクロバットが見もの。
冒頭、森繁久彌がクレジットなしの特別出演で画面を締める。