ビルとテッドの地獄旅行の作品情報・感想・評価

「ビルとテッドの地獄旅行」に投稿された感想・評価

おバカ映画で、昔友達から勧められて見た映画。キアヌリーブスがブレイクする前の作品。結構好きです
この映画シリーズ、本当に面白いのに知られてないし、過小評価過ぎるし、映画ライターとかメディアは何やってるんだ?って言いたい!くだらない事に全力注いでる。バカ映画や漫画に確実に影響与えてるし、キアヌリーブスも最高なのに何故広めない?『第七の封印』の正統な続編ではないか?
はに

はにの感想・評価

3.7
おバカな二人なのに、機転が働くとこが面白いw
口八丁すぎるw
しがい

しがいの感想・評価

3.7
おバカなメタルヘッズのビルとテッドが死神とか異星人とかを味方に付けて、未来からロックを奪おうとする悪者から世界を救う話。
めちゃくちゃな内容だから頭空っぽで楽しめる。DudeやNo way!の口癖、エアギターがバカ丸出しで好き。ボードゲーム好きの死神がだんだんノッてくるところが可愛い。
音楽はまあまあ良い感じに使われててメガデスのGo to hellが良かった。キングズXの曲はワンフレーズすぎてヒドイよー。
実はプライマスのちょっとだけ出演のために鑑賞しました。あのバンドが優勝間違いなしだと思うけどね!
そしてキッスの名曲カバー、God gave R&R to youはやっぱり偉大だった。
なるき

なるきの感想・評価

3.5
世界最強のバカコンビは、死神とも宇宙人とも仲良くなれる⁉︎
いやぁ、バカすぎるでしょ笑
ここまですごいバカ(良い意味にしとく)はおらん
てかね、バカに騙されてる時点で、その人たちもバカだから
つまり、地球上全てがバカというオチです、この映画笑
KNaraki

KNarakiの感想・評価

2.6
‪冒頭の「学生諸君、気分は縦ノリかね?」「縦ノリでーす!」ってセリフが最高
すずき

すずきの感想・評価

2.5
前作から5年後。
アマチュアバンド大会での優勝を夢見るビルとテッド。
彼らの前に再び現れた、未来の自分達。
だがそれは、彼らを殺し、未来を変える事を画策する男、デ・ノロモスの送った殺人ロボットだった!
ロボットに殺されたビルとテッドは、死後の世界を彷徨い、生き返る方法を模索する…

今作では、ダンテの「神曲」宜しく、地獄巡りの大冒険!
前作とは違ったアプローチで、バカ2人の活躍が楽しめる。

だけど、個人的には前作の方が楽しめた。
前作同様のユルい笑いは兎も角、今作は前作以上に脚本がハチャメチャ、いやメチャクチャだ。
死後の世界での脈絡のないイベントの数々、まあ死後の世界なんだから人間の常識では計れないんだけど、それにしてもワケわかんねぇ!
盛り上がってんのか上がってないのかよく分からんストーリー展開、うーん、面白い…のか?

ラストバトルは前作の警察署シーン同様タイムマシンを駆使(?)した戦いだけど、それって合ってるの?と言いたくなる謎理論。
トンデモハッタリ理論を展開するには勢いとノリが足りなかった!
死神がナイスアクト!地獄がショボくて泣けてきた。
誰もが思うところですが、くだらなさと主演二人のボンクラ加減が魅力~。こういう80~90前半辺りにノリで作られたような簡潔青春コメディを、せっせと探して観ています。どんどん観る術がなくなりそうで。
点数辛いのは万人にオススメかと問われると首を傾げるから。
お馬鹿コンビのバンドの音楽で世界から紛争、食糧危機、環境問題が無くなって、人類は宇宙に飛び出していくっていうアホなシリーズだけど、世界がこうあれば良いのにと凄く感じさせてくれる作品。
なんだろう、頭のいい人が作るタイプのバカ映画ではなくて本当にバカが作った映画っぽいんだけどとても幸せな気分になれる。死神とステーションかわいい
>|