ビルとテッドの地獄旅行の作品情報・感想・評価

「ビルとテッドの地獄旅行」に投稿された感想・評価

タケオ

タケオの感想・評価

4.2
 「Be Excellent to Each Other , And Party On Dudes‼︎」前作『ビルとテッドの大冒険』(89年)に出演したことで、主演の2人は一躍人気スターに。本作『ビルとテッドの地獄旅行』(91年)が公開されるまでの2年の間で、ビル役のアレックス•ウィンターは映画の脚本や制作を中心に活躍するようになり、テッド役のキアヌ•リーブスは『殺したいほどアイ•ラブ•ユー』(90年)や『ハートブルー』(91年)といった人気作に出演するような売れっ子俳優へと成長した。しかし、そんなキャリアなどお構いなしにアレックス•ウィンターとキアヌ•リーブスは本作でもビルとテッドを前作と同様に•••というか、前作以上にバカバカしく熱演してみせた。能天気に荒唐無稽な大冒険を繰り広げる2人の姿を見ていると、何故だか鑑賞しているこちらまで元気が貰えるのだから不思議である。
 電話ボックス型のタイムマシンを使い、前作のラストで無事に歴史研究発表会を乗り切ることができたビル(アレックス•ウィンター)とテッド(キアヌ•リーブス)は、高校卒業後もろくに定職にもつかず自分たちのロックに打ち込む日々を送っていた。そんなある日、未来から送られてきた自分たちとソックリのロボットによってビルとテッドはいきなり殺害されてしまう。その黒幕は、ビルとテッドが築き上げることとなる「誰もが平等で平和な未来」を快く思わない悪党デ•ノモロス(ジョス•アクランド)。2人にソックリなロボットを利用してビルとテッドのロックを台無しにすることで、「自分が支配者としてあらゆる権力を握ることができる未来」に歴史を書き変えてしまおうと目論んだのだ。地獄に落とされてしまったビルとテッドは、蘇るためにゲーム好きの死神(ウィリアム•サドラー)との戦いに挑むことになるが•••と、自分で書いていても何がなんだか分からなくなるほど無茶苦茶なあらすじだが、本作はどこまでも荒唐無稽でバカバカしい作品なので仕方がないし、そんな「バカバカしさ」こそが本シリーズ最大の魅力だ。どこまでも「アホ」で「バカバカしい」からこそ本作は、今なおカルト的な人気を誇っているといっても過言ではないだろう。
 アレックス•ウィンターは英国放送局の「BBCラジオ5」で、幼少期に性的虐待を受けていたことを告白した。ウィンターはそこで、「童心に帰って無邪気に参加できた本作の撮影作業こそが、傷ついた心を癒してくれた」と語っている。「笑いは最良の薬」というが、本当にその通りだ。「弱者断絶」や「自己責任論」が平気で罷り通る腐った現代だからこそ、本シリーズを鑑賞することには大きな意義がある。ビルとテッドは誰よりもアホで間抜けだが、だからこそ彼らは相手を蔑んだり差別したりするようなことはしない。誰よりもアホで間抜けだからこそ、「誰もが平等で平和な未来」を築き上げることができる。誰よりもアホで間抜けだからこそ、私のようなボンクラ野朗を心の底から笑顔にしてくれる。楽観主義の先にある豊かな可能性をバカバカしくもハッキリと提示してくれる、本当に最高なコメディ作品だ。混迷する社会に苦しむ今だからこそ、さぁ、皆んなで叫ぼう‼︎ 「Be Excellent to Each Other , And Party On Dudes‼︎」
TED

TEDの感想・評価

1.0
笑えるポイントも見つからず、半分までみて辞めました。
ちょっと厳しいです。Z級映画。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.7
未来から来たビルとテッドのロボットに殺されて地獄行きに🔥死神とにかく可愛い笑笑 おバカ3人組🧢😃
エンドロールまで最高でした🎸
ビルとテッドがいれば地球平和だな🌏
話のめちゃくちゃ度合いはそのままに全体的に一作目より洗練されてる!
M少佐

M少佐の感想・評価

3.5
 アホの二人組が帰ってきた!

どうやら未来ではビルとテッドは世界を救った英雄らしく、それを気に食わない(ロックが大嫌い)な男が未来から本人達とそっくりな刺客ロボットを送り込む!
そしてあっさり殺されてしまった二人。
果たして無事に生き返れるのか?

前作からのまさかの続編。
歴史旅行から今度は地獄行きの二人。
軽~いノリで何もかも解決してゆくのはユルく時代を感じる。
決め台詞やエアギターなども当時は結構アメリカでは流行ったらしい。

ファンならば見て損はない作品。

また前作を見たくなった。
ビルとテッドが悪のビルとテッドに殺され地獄旅行する続編

ビルとテッドのキャラの良さに加え、今回は死神が主役を食う勢い。死神との勝負なんか最高

ラストのステーション登場からの突拍子の無さはご愛嬌

地獄のおばあちゃんの誕生日会で、おばあちゃんを演じてたのが特殊メイクのアレックス・ウィンターというのも驚き

コロナで公開も怪しくなってきたが、3の日本公開があるなら必ず観に行きたい
Yosuke

Yosukeの感想・評価

3.4
時間旅行を終えたビルとテッドの話

未来からやってきたロボットに殺されたビルとテッドは地獄へ、、、

ラストは面白かったと思う
酢

酢の感想・評価

3.3
展開重視っぽい中盤までが若干かったるいけど後半30分でお釣りがくる。
ロックは世界を救う(^_^)
サントラが最高にイイ!!

2020.06.01追記
死神あってこそのBogus Journey(*^_^*)
青山

青山の感想・評価

3.3

アホのビル&テッドが帰ってきた!
あんなアホな映画にまさかの続編。アメリカ人ってアホなのかな。

前作では歴史を旅して偉人を集めた彼ら。今回は未来人の陰謀で暗殺されて地獄めぐりをします!

ただ、正直前作のがよかったなという感じはしちゃいますよね。
なんせ、話の目的地が見えない、これにつきます。
前作は「単位を取る!」という超明快な目的のために一直線で大冒険が繰り広げられたためにヒジョーにわっかりやすかったんですが、今回はなんか話があっちゃこっちゃに飛んでなにがしたいのか分かんない(突然の辛辣)。
キャラがはちゃめちゃな上に話もとっ散らかってたら収拾つかないからね。
そんな目的地の見えづらさのせいで終始なんとなくダレてる感じになっちゃってるものの、なんといっても新キャラの死神がサイコーですわ。
なぜなのかベルイマン・オマージュで、たしかにベルイマンのオリジナルでもあいつインチキしてチェスに勝とうとしてたけど、本作の死神ちゃんはさらにお茶目で可愛い。
でも、死神が魅力的だからこそ、ビルとテッドが霞んでる気もするし、そもそも「これ本物か?偽物か?」という視点が入ってしまった時点で応援しづらくなるのがやはり残念。

しかし、近日公開のパート3にもこの死神さん出てくるらしいから、とりあえずそれは楽しみです。
>|