ビートルジュースの作品情報・感想・評価

「ビートルジュース」に投稿された感想・評価

監督のファンではないのだけど、
本作はわりと面白かった。
ティム・バートン作品の吹き替えは、
すべて関西弁にしてほしい。
ティム・バートンらしい独特な世界と登場人物。
自分には合わない。
yuka

yukaの感想・評価

3.8
ティム・バートン色強すぎワロタ

急に歌いだして踊り出すとこで爆笑必須。バナナwww🙃

安定のかわいい映画
ティムバートン監督作品、マイケルキートン、アレックボールドウィン、ウィノナライダー出演の本作

ティムバートンらしいユーモアもあり、独特な世界観、ティムバートンらしい作品

アダムとバーバラの夫婦、ある日、交通事故に遭い二人はあえなく死んでしまう、自分達が死んでしまった事に気づいてない夫婦は地縛霊となって、家に住み着く

自分達の住んでいた、家が売却されて、新しい家族が引っ越して来る、アダムとバーバラは自分達の家から、追い出すために家族達を驚かすのだが

中々、上手くいかず困り果てた二人は、ビートルジュースというバイオエクソシストに望みを託す事に

アダムとバーバラは自分達の家を守る事が出来るのか…

マイケルキートンのビートルジュース役が最高でした、ネトフリでの字幕が関西弁っぽい(?)字幕だったのもユーモアありで、面白かった

ブラックコメディといった本作、30年前の作品なので、ゴーストがオモチャっぽく見えてしまうのは、仕方ないかな

ビートルジュース、ビートルジュース、ビートルジュースと三回唱えたら…

死者の世界をユーモアたっぷりと描いていて、面白い、死者の世界も悩み相談とかあるんだな(笑)
浅

浅の感想・評価

3.6
オープニング曲からティム・バートン全開。
実写からパノラマ模型に移り変わるのが印象的な始まり。

ティム・バートンて、よくこんなティム・バートンぽい町見つけてくるよなぁ。取材力を感じる。

スパイダーマンホームカミング、バルチャー役やバットマン役のマイケル・キートン

ホームアローン、ケビンの母さん役のキャサリンオハラ

シザーハンズヒロイン役のウィノナ・ライダー

アマデウスの皇帝ヨーゼフ二世役のジェフリージョーンズなどが出演。

若かれしアレックボールドウィンはクリス・ヘムズワースに似てるって言うけど個人的にはリアム・へムズワースの方が似てると思った。

食卓でみんながハリーベラフォンテのバナナボートを歌って踊り出したシーンが最高に笑えた。

ラスト、ウィノナがジャンプインザラインを踊ってるの可愛い。
ゆっち

ゆっちの感想・評価

4.1
ティムバートン監督の映画の中でもちょっと癖があるので好き嫌いは別れるかもしれないけど、私は好き!!
あの世にもケースワーカーがいるのね‥死後の世界があんな感じなら死ぬのも怖くない笑
あと若きアレック・ボールドウィンがクリス・ヘムズワースに似てた(´ºωº`)
七麦

七麦の感想・評価

-
若い夫婦の死後、彼らの家に引っ越してきた家族との一悶着を通して、死後の世界を表現した作品。ティムバートンのアートワークがグロかわいくてよき。

20年以上ぶりくらい(!)2度目の鑑賞だけど、ビートルジュースがマイケルキートンだったとは知らなかった。ウィノナライダーはやっぱりかわいい。
Nora

Noraの感想・評価

5.0
若かれしアレックボールドウィンがクリスヘムズワースにそっくり!!
本当に瓜二つ!!
ウィノナライダーはゴスっ子だけど麗しき少女で前髪が可愛い。

ティムバートンらしくグロテスクで奇妙でオモチャ的な可愛らしさがありました。

ビートルジュース、ビートルジュース、ビートルジュース!
って言いたくなっちゃう。
SEINA

SEINAの感想・評価

3.6
まさかビートルジュースをマイケルキートンが演じてたとは!!

最終的にビートルジュースはいいヤツなのか悪いヤツなのかわからんかったな、そういう意味ではなんかいい意味で裏切られた気がするw

昔ってのもあるけど世界観がもうティムバートンそのものwストーリーも結構ありがちなところをアーティスティックに奇抜に演出する、すごすぎる、、

ウィノナライダーわっか
あだち

あだちの感想・評価

3.7
ティム・バートンらしい不気味で可愛い世界観だった。黒髪のウィノナ・ライダー可愛い。ハリボテ感とわざとらしい効果音、NHKの教育アニメのような外の世界の色使いがB級感を漂わせる。でも面白い。
ビートルジュースが主軸で話が回るものだと思っていたらそうじゃないんやな。正直30分ぐらい出てこないがインパクトが凄い。バットマンを観た後なのでマイケル・キートンの印象が変わる。
ユニバ のビートルジュースのショーは気にはなってたが映画も観たことなかったから一回も見に行ったことが無かったのでまた行ってみたい。
>|