ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!の作品情報・感想・評価・動画配信

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!2020年製作の映画)

Bill & Ted Face the Music

上映日:2020年12月18日

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.5

あらすじ

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』に投稿された感想・評価

ら

らの感想・評価

5.0
もう最高すぎる。
こう言うバカなコメディでサラッと泣かせる映画って最高にクールやと思うんですよね。

何より娘2人が最高すぎる!!お前らマジのロックスターだ!!

Be excellent to each other.
29年経ってやっとの新作に公開当時は興奮した。
内容は良くもなく悪くもなく、それくらいのB級感がビルとテッドらしいといえばそうかも。
未来の殺人ロボットは少しフリーザに似てたな。
バンドメンバーを探すシーンはワクワクして良かった。しかしデイヴグロールは私の叔母に似ている。
masacco

masaccoの感想・評価

-
ビルとテッドシリーズ第3作目。独特の硬い身のこなしやポカンとした表情、それが娘たちに受け継がれているのも微笑ましくて笑える。マッチョやおじいちゃんなどキアヌの七変化、ジミヘンらに加えフーファイのデイヴ出演シーン、ロボットのキャラも良かった。
のり

のりの感想・評価

3.4
一作目と同じ流れ

今回は宿題をやり遂げる為ではなく、世界を救う音楽をつくるため彼らの娘達が歴代のアーティストを集める。

まさかの2作目が間にあったらしくて、ちょいちょいわからないところがあった。
相変わらずチープなストーリーと世界観w
よく3作目までつくられたな
『Bill & Ted Face the Music』(2020)

懐かしい二人が戻ってきた。小学生の学芸会の演技の様なところがウリのシリーズ。音楽が世界を救うテーマ♪なんだけど、脚本がコントを繋げたような展開で適当。でも、いつでもポジティブで、地獄へ行くのもポジティブで、そんな二人がずっと幸せでいる人生を見ると、肩の力が抜ける。

エンドロール後シーンあり。

11/16/2022 Amazon Prime
音楽で世界を救おう映画。

ビルとテッドって過去に何作か作品があって、これが3作目らしい。
そんなことを知らずに鑑賞。
めっちゃB級色の強い作品に、今やスーパースターとなったキアヌ・リーヴスが出ててビックリしたら、もともと過去作も彼が出演してたのね。

内容は…ハチャメチャ(笑)
過去や未来に行ってスゴイ音楽家集めて、世界を平和にする音楽を奏でる、みたいな雑な話。

ちょっと自分には合わなかったなー。
残念。
あめり

あめりの感想・評価

4.3
キアヌ・リーヴスが真面目にコメディしてる時点でツボ(笑)
主演はもちろんロボットも死神も全員が可愛い作品。
ビルとテッドシリーズ初めて観ましたが前作も全部観たくなりました!
前作観てなくても全く問題なかったですが、観てたらきっともっと面白かったのかなと思います。

このレビューはネタバレを含みます

・キアヌリーブスの挙動不審感よ
・設定がぶっ飛びすぎてもはや気にならんかった
・伝説のミュージシャンの出落ち哀
・無意味に見えるものも〜の名言みたいなやつで許されようとしてる感が半端ないが、娘2人可愛かったから許す
Yudai

Yudaiの感想・評価

2.9
設定が緩々だけど考えずに観れていい。個人的にロボットの演技が好きで見返した
>|

あなたにおすすめの記事