カーズの作品情報・感想・評価・動画配信

カーズ2006年製作の映画)

Cars

上映日:2006年07月01日

製作国:

上映時間:117分

3.6

「カーズ」に投稿された感想・評価

たこ

たこの感想・評価

-
小学生の頃に見た時は普通だったのに、今観るとマックイーンの成長や考え方の変化に泣ける。
ノブ

ノブの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最近はピクサーの作品にドハマり中ということでカーズをレンタルして見たけどめっちゃ良かった!!
メーターの声をぐっさんが担当していたなんて全然気づかんだ!!
でもルイジは声聞いた瞬間ジローラモって分かった!!
グイドが可愛かった!!
ラジエータースプリングスっていう名前が好き!!
虫も車で表現してたころが凄かった!!
マックイーンがメーターに教えてもらったバック走行をピストンカップで披露していてそこが良かった!!
チックが勝負とはいえ卑怯な手を使っていて残念やった!!
ルイジが素早くタイヤを変えるシーンがカッコ良かった!!
でもマックイーンが最後キングを押しながらゴールをしたシーンはクレヨンしんちゃんのかけっこでマサオ君を助けた話に似ていてそれを思い出して心温まった!!
メーター飛行機に乗れて良かったね!!
エンディングで他のピクサー作品とコラボしていたシーンが良かった!!
ハドソンに次はレースに勝てるといいねマックイン!!
マックイーン、サリーとお幸せに!!
ママン

ママンの感想・評価

3.6
記録👀

クルマ好きだから「カーズ」シリーズは好き‼️

🚗💨<ウッヒョオオオアアア!!!

でも「カチャオ⚡」についてはコチラを観てね😆


https://youtu.be/GNcb313tiyE
方眼

方眼の感想・評価

4.5
かつてのモータリゼーションをノスタルジックに古きよき時代のものとして描く。アメリカ映画のよき伝統を継承。自分勝手で自信過剰な主人公マックイーンが、純真な周りの人たちに囲まれて、奉仕による更生と、メンターによるさらなる成長を経て、自分の勝負の場所に戻っていく。創り手がこの話をどこにむけて収斂させていこうとしているかがわかる中盤以降、ずっと涙目でした。
5hun

5hunの感想・評価

4.0
車にまったく興味がなく敬遠してたけど、ふと観てみたらめちゃくちゃ面白かった。いろんな出会いから主人公が成長していく王道ストーリーながら、オールドアメリカンな田舎町と最新レーシーングカー、街の復興とレースの世界、、とシビれるギャップが満載。やっぱりトイストーリーの監督はすごかった
「道が途絶えたのなら、作ってやろう俺たちで」

車を擬人化したキャラクターたちが生きるカーレースの舞台を描いたジョン・ラセター監督作品は、才能に溺れイキっていた新人レーサーが思いがけず訪れた田舎町で人々の温かさに触れることで、新車ならぬ真車に生まれ変わっていくCGアニメーション映画の傑作。

既存の関係性を深めていったこれまでのピクサー作品に対して新たな出会いが原動力となる物語、偉大な先人の背中を追いかけながらも半世紀前には誰も進めなかった道を行き、初めて出来た友のささやかな願いまで叶えてしまうウルトラハッピーな大団円が素敵すぎる。

レーシングカーが連なって一糸乱れぬスピードの世界を展開するアニメーションだけのスペクタクル、そいつを堪能するには爆速で走り轟音を鳴らす日本語吹替版こそだが、ドックを演じたのが故ポール・ニューマンということが作品にとって何より重要だったと思う。
すごい久しぶりに見た
小さい頃はただただ車が走ってるのを見るのが好きなだけだったから見てたけど、
今ちゃんと物語を理解しながら見るとすごく泣けてくる。
いい作品
めっちゃよくできてて驚いた…ジョン・ラセターでしたか…!
車の旅の楽しみ方から人生の楽しみ方につながってるところがとってもよかった。自然の景色が美しいのも良かったけど、ネオンやらレース会場やらといった人工物もちゃんときれいなのが良かったなぁ。ラストもとても好き。
説教臭くない終わり方、意外と難しいんだよな〜
anona

anonaの感想・評価

3.2
小さい頃に見ていたけど全然覚えていなかった。傲慢だったレーシングカーが街の車たちと関わりあって改心していく話。

軽く観れる。
最初の音楽から最高にカッコ良くて、マックィーンの成長を感じられるエンディングがたまらない。
>|