トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価・動画配信

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

なんか全然違う作品を観ているみたいだった、ウッディが私の知ってるウッディじゃなくなっててちょっとさみしい…
っていう思いを観終わってから語ってたら泣いてた、ちょっとどころじゃなかったみたい〜

チョコプラの声優最高すぎたのでもっとやってほしいです!

このレビューはネタバレを含みます

物を大切にするのは良いことだけど、飽きちゃったり忘れちゃったり他にお気に入りを見つけたりするのって、当たり前のことだよね。
今まで選ばれ続けていたウッディが、ボニーに飽きられて、ゴミで作られたフォーキーより粗末な扱いになる。
それはおもちゃにとって辛いことだけれど、ボニーが悪いわけじゃない。

どんなおもちゃもいつか選ばれなくなるときがくるだろうけど、そのときおもちゃは不幸になるしかないのか。
そんな疑問に答えを出してくれる。
Hilo

Hiloの感想・評価

-
大号泣〜
映画館で見た時もしっかり泣いたなあ、とテレビで観ながら思い出しました。

公開当時は(今も?)賛否両論あるエンディングだけど、私は好きです!
seta

setaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的なCGに感動。
ただ内容は観る前から賛否分かれると聞いてたので心構えができてたけど、見終わった後の感動もなく喪失感が大きい。
持ち主の子供の元へみんなで帰ろうという大前提が今まであったのにそれが覆されたせいか。
nana

nanaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

トイストーリーシリーズは名作だと思う。将来絶対子どもに観せたい!
終わり方は賛否両論ありそうだけど、これはこれで良かったのかなと。おもちゃは大事にしてあげないとダメだね🧸
いぬ

いぬの感想・評価

4.0
トイストーリー4が酷評されているけれど…何かに固執してきた自分を捨て、
新しい自分として自由な世界で生きる選択をしたウッディ。

人間と同じようにおもちゃだって成長して大人になってる。

ウッディはもちろん仲間は大切にしている前提で、ボーとの出会いで自分の価値観の固執に気付かされた。

ウッディは仲間を捨てたって解釈は違うのでは?

仲間たちは最後のシーン、
ウッディの旅立ちを仲間たちは、言葉を交わさなくても全て理解して包み込んでくれてたじゃないか!
絆ってそういうことなんだ!

ウッディの未来に幸あれ!
無限の方へさあ行こう!
「トイ・ストーリー3」はアンディとおもちゃ達の別れの感動、「トイ・ストーリー4」はボーとウッディ達の再会の感動がある。
おもちゃにはおもちゃの役目がある、それは持ち主を見守ることだという考えを持つウッディは、ボーと再会することで、その考えを変えることになる。一人の持ち主に固執することはない、世の中に子供は沢山いる、世界は広い。野良おもちゃとして生き抜くボーの姿を見て、一人の持ち主につかなくても良いのではないか、という考え方を知る。
この考えには同感である。人間でも、小学校のクラスや今働いている職場が世界の全てだと、視野が狭くなることがある。いじめられているのであれば転校すれば良いし、仕事が合わないのなら勇気を持って転職すれば良い。一つの組織に所属して一生を送るのが当たり前ではなくなってきている今の時代において、ボーの考え方は現代を生き抜くための模範的な姿だ。
結末、ウッディは今までの仲間から離れ、新しい環境を選ぶ。ここも「トイ・ストーリー3」とは違う決断。前作でアンディの成長が描かれたように、本作ではウッディの成長が描かれているのだ。
ネット・口コミで酷評も散見されるが、そこまで悪い作品では無いと思う。
シン

シンの感想・評価

4.1
2022年109本目。

シリーズ完結作としてはベストではないかもだけど、ウッディがあの選択をしないと4を作る意義はないと思う。個人的には好きな作品。

1回目 2019年7月14日 109シネマズ名古屋
spyon

spyonの感想・評価

4.0
バスとウッディのコンビが好きだから、最後仲間と離れちゃうのが寂しすぎて泣いた。
けど、おもちゃ側からしたら、遊ばれないでいるよりも、外の世界に出る方が幸せなのかもな。まあファンタジーだけどね。

トイストーリー見た後は、自分が持ってるぬいぐるみとか大切にしようって毎回思う。

おもちゃ達のわちゃわちゃ感ほんとスキ!!
あ

あの感想・評価

3.6
それでいいのかウッディ.....!って思った終わり方
古いおもちゃだと自覚してるのが少し切なかった。
>|

あなたにおすすめの記事