ガメラ2 レギオン襲来の作品情報・感想・評価

「ガメラ2 レギオン襲来」に投稿された感想・評価

日本特撮映画の中で一番好きだ!
邦画の中でもトップクラスに好きだ!
映画というジャンルの中でもトップクラスに好きだ!
思い出補正なんかじゃない、本当に好きだ!
オールタイムベスト級に好きだ!

邦画版インディペンデンスデイだよ、これは!
邦画にだって出来るんだよ!

宇宙からの侵略者、ホラー的な小型レギオンの恐怖、強すぎる大型レギオンの圧倒感。
そして大都市破壊。
仙台をここまで蹂躙するなんて…

しかしガメラだけでなく、決死の闘いに挑む自衛隊、市民を守る自衛隊。
それあってのガメラの咆哮に火炎弾!
最後の元気玉よろしくのハイパーカメハメ波的な超絶ビーム!

熱い熱すぎる…

インディペンデンスデイと同時期に邦画でこんな大迫力な特撮。やるんだ!自信を持つんだジャパニーズ。
俺たちにはガメラがいるんだ!

ガメラ3でダークナイト風味を持ち込んだのもガメラだろうが!?

スーパーマンVSバットマンをやるなら、ゴジラVSガメラだってやってほしい…

ベイブ・ルースとカール・ハッベル、キュアブラックとキュアホワイトだ!

制作費がどうとかではないんだ!
心が熱くなるかどうかなんだ!
カマ

カマの感想・評価

4.0
シリーズ最高傑作だと思う。全体的に無駄が無くドラマもそこそこ話を盛り上げるし最終決戦は自衛隊との総力戦からガメラ登場と自衛隊との共闘、トドメのウルティメイトプラズマとスピーディかつ重さがある演出と相まって、今でも観られる。着ぐるみ特撮映画の最高峰では。レギオンのデザインも素晴らしい。
ハロ

ハロの感想・評価

3.8
平成ガメラ第二作。特撮や演出も前作よりもさらにレベルアップ。出来の良かった前作を正統進化させています。

平成ガメラシリーズは決着のシーンが見所だと思うんですが、中でもこの作品の決着シーンはかなり熱いです。
平成ガメラ2作目。札幌が舞台。ご都合じみた科学者に笑っちゃう。1作めよりさらに強くなったガメラがかっこいい
仙台(笑)

吹越満がいい。
仙台が消滅したけどクッソ明るく子供達がラララと歌って終わる映画。
HK

HKの感想・評価

3.9
平成ガメラ3部作 第二作目

前作以上に特撮技術が格段にアップされたこの映画。特にレギオンのデザインからして、とても良くできた作品だと思った。

オーロラが現れるとともに札幌に隕石落下、そこからビール工場や地下鉄などに現れ電波や電波を放つものを襲うソルジャーレギオン。彼らの生態や習性が主人公サイドによって解明されていくSF的な展開がとても面白かった。

仙台大爆発シーンもとても迫力があった。

自衛隊もかっこよかった。出撃する前に上官らしき人が「ガメラでさえ敵わなかった相手だ。逃げたって誰も文句はいいやせん…とまあ、それくらいの気持ちでいこうや」ていうシーンがとても好き。

砲撃シーン、最後のガメラのウルティメイトプラズマも迫力あり。登場人物ほぼ全員に見せ場や活躍がありとても良かったと思う。

最後の締めもガメラの行動理由、目的、人類の警鐘を見事にまとめ上げた終わり方。第3作にもつながせる綺麗なラストだったと思う。

ただガメラ3のが個人的に好きなのでこの点数にさせていただきます。
1作目よりは断然良かった。夜のシーン見辛い…。今度から昼間に戦ってくれねーか。
キャベ

キャベの感想・評価

4.4
大好きな平成ガメラシリーズ第2弾。 昔、劇場に観に行って大興奮した記憶があります。

それまでヤラレ役でしかなかった自衛隊が、かなり頑張ってレギオンと戦ってます。

炭化したガメラが、舞い上がる火の粉の中で復活→飛翔→横すべりしながら着陸&火球連射‥のシーンのカッコよさは、いつまで経ってめ色褪せませんね。

レギオンが単体ではなく、ひとつの生態系として描かれたのも斬新でした。 あと、レギオン侵攻阻止の自衛隊の防衛プランは、自衛隊の伝統的な「対ソ連防衛プラン」を踏襲しているらしいですね。

一方で、民間人が、やたら自衛隊と行動を共にする展開は、やっぱり今観ると不自然に見えますね。
ともあれ、日本特撮映画の、名作の1つだと思います。
>|