ガメラ2 レギオン襲来の作品情報・感想・評価

「ガメラ2 レギオン襲来」に投稿された感想・評価

日本特撮映画の中で一番好きだ!
邦画の中でもトップクラスに好きだ!
映画というジャンルの中でもトップクラスに好きだ!
思い出補正なんかじゃない、本当に好きだ!
オールタイムベスト級に好きだ!

邦画版インディペンデンスデイだよ、これは!
邦画にだって出来るんだよ!

宇宙からの侵略者、ホラー的な小型レギオンの恐怖、強すぎる大型レギオンの圧倒感。
そして大都市破壊。
仙台をここまで蹂躙するなんて…

しかしガメラだけでなく、決死の闘いに挑む自衛隊、市民を守る自衛隊。
それあってのガメラの咆哮に火炎弾!
最後の元気玉よろしくのハイパーカメハメ波的な超絶ビーム!

熱い熱すぎる…

インディペンデンスデイと同時期に邦画でこんな大迫力な特撮。やるんだ!自信を持つんだジャパニーズ。
俺たちにはガメラがいるんだ!

ガメラ3でダークナイト風味を持ち込んだのもガメラだろうが!?

スーパーマンVSバットマンをやるなら、ゴジラVSガメラだってやってほしい…

ベイブ・ルースとカール・ハッベル、キュアブラックとキュアホワイトだ!

制作費がどうとかではないんだ!
心が熱くなるかどうかなんだ!
これも当時劇場で鑑賞。
前作の熱が冷めない中、平成ガメラシリーズの二作目ということで、当然楽しみにしてました。

まずレギオンがとんでもなく強い。
小型レギオンが序盤地下鉄を襲い、運転手を殺すシーンが当時トラウマでした。笑
その小型レギオンの数と強さに圧倒され、その上大型レギオンの無双っぷりに愕然とします。

こんなのにガメラ勝てるの?と思ってたら案の定中盤でキツい展開に。
仙台の壊滅シーンの凄さにも目が点になります。

それでも最終的には勝っちゃうんだからガメラ凄いわ。笑
ラストのガメラのエネルギーの伏線が、後に三作目に繋がるのもまた面白い。

この時はシリーズが終わってた事もありますが、ゴジラよりも断然ガメラが好きになってましたね。
みおた

みおたの感想・評価

3.2
地下鉄の襲撃はトラウマもん。

あと、大泉洋いた。笑
平成ガメラ三部作の第二弾。
宇宙より流星群とともに飛来したレギオンとの戦い。
宇宙からやってきて、辿り着いた惑星で繁殖し、また宇宙に種子を打ち上げて別の惑星に繁殖させるというレギオンの生態が凄く面白い。

ゴジラと違い、怪獣同士の戦いを人類が見守っているという構図ではなく、怪獣というより未知の巨大生物を1つの〝災害〟として捉えていてそれに対してどう対処するかという、まさにシン・ゴジラに通じる作風が凄く好きだ。

宮城県民としては中盤になかなか衝撃的な展開が待っている(笑)
我が名はレギオン。我々は、大勢であるがゆえに。

怪獣映画で一番好きなのは初代ゴジラ。これだけはゆずれない。
その次に好きなのが本作である。
もう、最高!。これ以上の言葉はいらない。

前作よりも特撮が大幅に進化している。凄い、凄すぎる!。
特撮技術は次作ガメラ3で更に進化する。
自分は、これ以上の特撮映画を知らない。特撮映画の最高傑作だ。

ガメラもより戦闘向きになり、今作から飛行形態が登場する。
そして、宇宙から襲来するレギオンの完璧すぎる造形。
たいていこういう複雑な造形の怪獣は出番が少ないが、このレギオンは違う。かなり魅力的に描かれている大好きな怪獣だ。
一家に一体、レギオンフィギュア。家にもあるよ。

この映画の見どころは、たくさんあって困ること。
人類とガメラが共闘してレギオンに挑む熱すぎる展開。
自衛隊が最高にカッコいい映画だ。襲来したレギオンの謎を解きつつ、地下鉄に潜むウジャウジャレギオンに自衛隊がどう挑むのか。
実際に未確認生命体が襲来したらどう対処するのか。そして、最悪の場合どの程度被害が出るのか。かなりリアルに作られてるのでドキドキする。
今回、ガメラはレギオンにかなり苦戦する。地球を守るため人類もガメラと共闘しなければ勝ち目がないと悟る。果たして、地球はどうなるのか。

地球の守護神ガメラ。人類なんか関係ない。
ただ、この地球を守るためだけに戦う。

生態系を脅かすことがあれば、いつでも人類はガメラの敵となる。
そうならないためには、どうすればいいのだろうか・・・。
小学生の時に映画館で見て、そこからどんどん道を踏み外した。それくらいにガツンときた。

思えば、ここから特撮が好きになった。
円谷プロのQ〜マン〜セブン、東宝ゴジラ、大映ガメラをがっつり食らった。小5の時に友だちと特撮を撮ったりした。

その後、中学生になって「水曜どうでしょう」を知った。
tvkでやってたリターンズのサイコロ6だ。
その頃には少しませて、特撮離れをしていた。
私の中でパンクロックやハードコアが一番かっこいいものになっていた、はずだった。

なのにどうでしょうの次回予告で「ギャオス逃げ去る」が流れた。イントロですぐに分かったし、ものすごく高揚した。

そして後に本作には洋さん、ミスター、onちゃんが出ていると知った。
大学生の時に図書館で見返した。面白さは一切褪せていなかった。

そんで結局今、脚本を書いている。
私が踏み外したと思っていた道は、ただの長い長い回り道だったのかもしれない。

映画と一切関係ないけど、そんなことを思った。
wedge

wedgeの感想・評価

2.8
前作から1年なのに、
映像レベルがぐっと上がっていて、
割と説明チックの謎解き感もあってか、
特撮モノにしては、
リアリティがあるのが特徴。

この一作もまた、
シンゴジラの礎になっていると思う。
山下

山下の感想・評価

4.2
レギオン強えーー!!
ガメラかっけぇーーー!!!
>|