大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオスの作品情報・感想・評価

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」に投稿された感想・評価

hiziriya

hiziriyaの感想・評価

3.5
・新幹線の屋根が切られて乗客がまる見えになる演出
・ギャオスの断末魔
・なぜか長野で観た記憶
平成でリメイクされてメインヴィランはるだけあって昭和ギャオスもなかなかかっこいい。

前作の反省からかすぐに怪獣がでてくるのもいい。
バルゴンも好きだけど、やっぱり作品として一番熱いのはこれかな。昭和の中では。
今見るとガメラやギャオスの稚拙さに悲しくなる。
やはり特撮は東宝に軍配が上がる。
昭和40年代の景色や服装などは興味が深い。
ストーリー展開が笑えるくらい調子良いのはご愛嬌。
hideharu

hideharuの感想・評価

3.0
2017.11.27 DVDを再見。

子供向け怪獣映画なのに高速道路の用地買収とかが背景にあって何だかヘビー。音楽もマーチのような明るい曲では無くて劇映画風だった。

そう言えば外人も今回は出てなくて主役は大人であったことを考えると定番路線は次作の「対バイラス編」からとなるようですね。

今回の怪獣はギャオスですがギャオスはガメラの宿敵的なイメージがありますがそのイメージが定着したのは平成ガメラの第1作目のせいかな?
直接描写はないもののギャオスが人間を掴んでムシャムシャ食べるシーンはやはり印象的で当時の子供達にとってはトラウマになったことでしょう。

舞台は中部地方の山間部のようですがギャオスがひとっ飛びで我が地元の名古屋まで来て悪さをしますが名古屋城以外は名古屋っぽさはないですね。
この怪獣は欲に溺れた人間へお天道様が仕向けた罰なのじゃ

昭和ガメラシリーズでも評判高い今作。平成ガメラ第1作でもメインの敵怪獣として描かれていることから人気の高さはよくわかります。
ガメラの永遠のライバルとも言えるかの三角頭の鳥獣の初登場作品。

やっぱ昭和ガメラの敵は芸達者。
平成でも残っていた、喉を振動させることによる衝撃波や昼間は活動できない弱点を補うような焔を消す黄色い煙など、バルゴンの時もそうでしたが、ガメラよりも芸当が多いのがみていて飽きませんね。

まだ完全ではないですが、子供のヒーロー、ガメラが確立した作品でもあり、子供を甲羅に乗せるあたり、非常によくわかり、途中の揉め事さえも忘れるほっこりした光景でした。
ANDY

ANDYの感想・評価

3.3

( 過去映画チェック中 )
( スコア評価だけです )
怪獣映画のひとつの頂点。
怪獣映画に求められる要素を全て盛り込んでます。

ガメラの甲羅の丸に対して、ギャオスの頭の三角。
善と悪の対比が分かりやすいです。

人間ドラマも本郷功次郎に上田吉二朗。
この作品にも、C3POとR2D2の様に、凸凹コンビがいます。

作品は、起承転結がきちっとあり、それぞれ見せ場が豪華です。

ギャオスの性格付けも確かで、人をバリバリ食べて、夜になると現れて空を飛び回る!
でも、治りかけの足に岩を落とし痛がったり、日光に弱いので必死に逃げようとしたり。

この作品も、小さい頃から何回観ても飽きない素晴らしい作品です。

ちなみに、今回久しぶりに見て発見したのですが、ギャオスを攻撃するのに戦闘機から発射したミサイルが、北朝鮮のシルクワームミサイルにそっくりで、びっくりしました(笑)
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
デジタルリマスター版で久しぶりに鑑賞したが、自分の中では何だかラドンの内容とごっちゃになっていたことに反省。
しかし、子供が活躍する展開に、これがガメラなんだよなぁと頷き、このギャオスの風貌や懐かしき特撮感にやはりニンマリ。
富士山が噴火してガメラが飛来し、火口に消える
各界の有識者が多数乗り込んだ大型ヘリが、そんな重要人物?が多数乗り込んでるにも関わらず!とくに警戒もせず護衛もなく、火口付近に調査に赴く(笑)
すると、待ってましたとばかりに、謎の怪光線によって爆発して墜落
あーあ(^◇^;)
そんな有識者を大勢失ったけど、その後の展開に大きな影響なし
何の有識者たちだったんだ?
噴火してるのに、避難もなく立ち入り禁止にもならない中、好奇心旺盛でガメラ好きの坊ちゃんが山に入り込み、突如現れたギャオスに食われる寸前、ガメラ登場
ギャオスは人を食うとゆー、お子様向け映画にはあり得ない凶悪キャラ、
しかも超音波光線はガメラを切り裂き、血がドクドクと流れ出す
エロには厳しく暴力には寛大だったね、当時の映倫は(笑)
ギャオスが光線を発する仕組みはきちんと説明されていたりして、意外なとこが本格的
ガメラが火を吐く仕組みは一向に説明されませんが
クライマックスの、血液に似た液体でギャオスを誘き寄せる作戦?だけど、どーせ壊れる大掛かりな回転装置を作るより、液体に毒でも混ぜときゃ良かったのにね
とは言え、徹底的にお子様向け化されていった以降の作品と比べたら、破綻は多くとも大人でも楽しめるレベル
又、本作があればこそ、平成ガメラが生まれた事を考えれば、重要な一作ですね
>|