大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオスの作品情報・感想・評価

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」に投稿された感想・評価

富士山噴火の影響により出現した有翼怪獣ギャオスが、熱エネルギーを求めて飛来してきた大怪獣ガメラと衝突する。怪獣同士のドッグファイトを売りにしている、大映の特撮怪獣映画シリーズ第3弾。

前作で確立された紋切り型に「子供がガメラに助けられる→ガメラがピンチに陥る→博士のアイデアが悉く失敗する→子供のアイデアが成功する」のパターンが付加されている。子供向けのテーマ曲も付けられ、シリーズが軌道に乗ってきたことが伺い知れる。

ジェット機とギャオスが空中で旋回するとき、ロールせずに平行に曲がるのが残念だが、名古屋襲撃シーンの破壊描写と音波光線の切断描写が秀逸であり、純粋にエキサイトすることができる。

ライバル怪獣がガメラよりも格上に見えるようになっているため、ガメラが必死に食らいついていく過程に感動が呼び起こされる。そして知識をひけらかすだけの「雰囲気だけ博士」が最高に笑える。
これの絵本を持ってた。
ボロボロになるほど眺めてた覚えが…。
昭和ガメラシリーズで一番思い入れのある作品。
高速道路利権を背景に村人と工事関係者と子供がガメラの力を借りてギャオスに立ち向かうお話
シリーズ3作目

「自分達だって欲張りのくせにおじいちゃんをいじめると承知しないぞ」
本作は少年とガメラの交流を描いていますが、この少年がなんだか大人びてるんだよねぇ。
今回の敵、ギャオスもこの少年が名付けた名前。
また日本が凄い作戦で敵に立ち向かうんだけど、毎回よく考えるなぁと。
今回はガメラの活躍は少し控えめです!
3作目は「モスラ対ゴジラ」よろしく今度は名古屋が舞台。昭和ガメラの中ではおそらくこれが傑作だと思います。ギャオスによる名古屋襲撃と名古屋城破壊そして新幹線での捕食作業等、一点豪華主義のような特撮集中型の映画ですね。特にやはり大映だなと思うところは、引きの画面に力があるということです。往年の時代劇の名シーンを見るようなガメラとギャオスの名古屋港での戦いは見事としか言いようがありません。上田吉次郎が出てくるところも特筆すべき点で往年の脇役ファンとしては嬉しい限りです。ただ子供のこまっしゃくれた態度がなんとも言えず気分が悪い。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.2
子供の部分全部カットしたい。

子役が可愛くなかったり、下手だったりすると一気にクオリティ下がるのが嫌だ。

前作みたいに大人と怪獣という対決にした方が、よりモンスター感が増すし面白くなる。

2作目からアドベンチャーを抜いて、下手な子供場面を増やして劣化させてしました。
でも怪獣は強くしました的な。

ギャオスの顔のアップの造形がちょっと…
前作の方が造形頑張ってたような。

にしてもいきなり子供の味方になってて驚いた。

あ、最後の怪獣同士の対決はプロレス的で非常に良かったです!

初期3部作で一番は2作目、
二番は3作目、面白くないのがデビュー作という珍しい結果でした。
幼少期思い出の映画。
ビデオテープ持ってたから何度も何度も繰り返し観たよ。

光る洞窟はギャオスの巣穴。
レーザービームすごくよく切れるんだよ。自切そして再生。わくわくの設定。

ガメラも痛そー。
海中で治癒するってのがかわいい。
ギャオスの足が縮んだときのおっちゃんの反応が印象的で思い出深い。
Aya

Ayaの感想・評価

3.4
紫外線に弱くて普段洞窟で暮らす〝ギャァア〟と鳴く怪獣ギャオスと、噴火した富士山のエネルギーをもらいにやってくるガメラの戦い
ギャオスのフォルム特徴ありすぎだし、人間の踊り食い怖すぎる
くるくる回って噛み付くだけのガメラがだんだん可愛く見えてきて、しかもラスト軽快なリズムのガメラソングが聴けてほっこりした
Danny

Dannyの感想・評価

2.1
【あ、がめらだ!】
【ン"ア"アアァァァァァ!!!!】

すっっごい笑える。
ツッコミ所しかない。

OPのシュールな鳴き声と特撮。
ピンポイントにピュー!ピ、ピュー!
ガキ「がめらありがとさよならさよならー!」
それいーけツッコメやっつけろ。北極生まれのが・め・ら。


話の軌道線
ー道路開発と地元団体の抗争ー
は地味にしっかりしてんだよなぁ。
みおた

みおたの感想・評価

3.2
おそらく幼稚園生ぶり?くらいに鑑賞。何となく覚えてるシーンが多くて懐かしかった。当時はただガメラとギャオスがかっこいい映画だったけど、今になって見返すと大人達の汚い所とか、考える作戦の幼稚さとか凄い目に付いた。

1番良かったのはガメラの歌です。
>|