シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

ゴジラは架空の脅威、虚構だが、核をエネルギーにしていることや破壊された都市風景を見ると、
この国がこれまでに経験した痛みと、これから訪れるかもしれない現実の脅威を想起させる。

それに対する現実は、緻密だが手続きだらけの政界のリアルを描いている。
とは思うのだが、
早台詞・長台詞・テロップだらけの画面は情報量を詰め込むためとは言え飽和状態、オタク的。
そこにエヴァ節も相まってくるとリアルは一転、虚構に近づく。

決め手は石原さとみ。アスカ・ラングレーのポジションを作りたかったというよりは、最早わざと空振りの役を作って、現実側も虚構であることを確かにさせたかったのではと思ってしまう。

最後の尻尾は色々イメージできて面白い。

公開前後でゴジラの前にエヴァを作れという風潮が、ゴジラを・ゴジラも作れみたいになってた気がするけど、僕は相変わらず早くエヴァを作って欲しいです。
よぬ

よぬの感想・評価

4.0
東京湾に突如現れた巨大生物に日本政府はどう立ち向かうのか。ゴジラがメインというより、人々がどうゴジラと戦うのかに重きを置いた作品になっています。豪華キャスト勢揃い!みんな早口で大変そうだな〜〜と思いました(笑)でも、だからこそ緊張感がより感じられたんでしょうね。日本の底力的な部分がグッと来ました!
toko

tokoの感想・評価

3.8
第二形態、第三形態のゴジラの両手が小さすぎる Tレックスは腕が短いから、大きな頭を支えるときは長い尻尾を使ってバランスをとって歩行していると習った授業を思い出した 第二形態のモデルはサメのラブカだったか、、気持ち悪いな、、
第20回文化庁メディア芸術祭
ミク

ミクの感想・評価

3.7
日本、緊急事態、行動
soy

soyの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

無人在来線爆弾というパワーワード。
F

Fの感想・評価

4.0
こんなに見応えのある会議シーンは初めてみた
そしてほんとに豪華キャスト👀
エンドロールみて驚いた人がたくさん

内閣の情報の伝達だったり指示だったりの描写がとても煩わしくてリアリティがあってよかった
いちいちメモに留め、電話で伝え、判断を訊ね…でもその型にはまった伝達形式が攻撃シーンではとても確証ある連結となっていて。

ラストのシーン、それが何を意味するのかはわからなかったけれど深い怒りや悲しみを感じた


“私は好きにした、君らも好きにしろ”
「無人在来線爆弾」に笑った。最初の怪獣、ゴジラの第1形態(?)の顔が気持ち悪かった、、、。 ストーリーは微妙。
>|