シン・ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

けいこ

けいこの感想・評価

5.0
我が居住地区の破壊を確認🦖🔥
市川実日子ちゃん、クールビューティで惚れ惚れした。
エンタメ要素が強くてホントに優秀な映画だと思う。
庵野が作っただけに、最初のゴジラ見た時のやりやがったなって感じに始まり、中身のない映画かと思いきやメッセージはキチンと込められていて、しかも、停滞する場面がないから飽きない。
シンプルに面白い。

それと、出演陣が多過ぎ&豪華すぎてエンドロール見たらもう一回見たくなっちゃう。
ゆー

ゆーの感想・評価

4.8
人生で初めて映画館に2回見に行った映画。
テンポが良くて飽きないし見やすい。
BGMもよく、庵野監督なだけあってすっごくワクワクしました。
ハッキリと答えは出してくれないけど、社会問題を投げかけて考えさせてくれる映画。
nah

nahの感想・評価

3.0
片岡球子の富士の絵を見るために。
ゴジラ怖かったなー。
映画だってわかってるけどその存在に恐怖感を覚えさせるのはすごい。
子供の頃モスラの歌一生歌ってたら怒られた、ゴジラ第1形態見た時え!?敵怪獣もでんの!?ってなった
まな

まなの感想・評価

-
数年ぶりにお父さんと映画館で見た映画。

現代日本にありそうな政治的面からも、ゴジラきたらほんと怖いなって感じる感じ。
ゴジラという非日常が
日常を浸食していくさまが
リアルだった。
政治家も同じ人間だよなぁと。。。

高橋一生さんはやっぱり
お芝居が細かい!

このレビューはネタバレを含みます

『我が国の最大の力はこの現場にあり』

民間人側のドラマを一切排除し,政治面のみにフォーカスをあて,突発的大災害時に国を守る日本の姿を描いた本作。

前例が無いものには懐疑的で根拠のない楽観をもつ者。総理は意思決定のみで省及び役所は自分達の範囲内での行動。民主主義の根幹にある文書主義。判断一つさえ上に仰がなければならない体制。縦割り社会。そして各国のメンツを意識する日本。
顕になる数多の課題。スピーディな対応が求められ,息もつかぬまま物語が進むが対応の遅さが目立つあたり,多くの視聴者が既視感を得る。

しかし,その裏で日本を守る為に不眠不休で働く者もいる。仕事への忠誠という面で日本の働き方は問題視されるが,この貪欲さにこの国はまだ死んではいないのだと思えてならない。
そんな彼らだからこそ,少しずつ未確認生命体の正体に近づき,凝固剤投与という一縷の答えを出す。
それにも関わらず迫られる東京での核兵器使用。国を守る為には犠牲は止むを得ずとして,それを遂行しようとする各国。ゴジラ以上の悪を人間から感じ取る。

しかし,その中でも必死にもがき,自分の好きを通そうとする現場一同。彼らのバックボーンを感じさせず,国を守ることにのみ誠意を捧げる姿。リーダー自身が現場に赴き,全てを俯瞰し指示し,管理する日本人の働き方に誇りを感じた。

未知の大災害に対して日本がどう立ち向かうのか。3.11直後という日本に対して原発や核を要素とし,日本がどんな動きを取るのかを改めてリアリティを持って暗示する。そして,日本政府の体制の根幹を一新する他日本が変わる道が無いことへの示唆とそれでも現場は決して死んではいないということへの希望。

現に,庵野氏は制作サイドから人間ドラマを入れるよう要求され,さらには現場からも疎まれていたが,それらを全て排除しコスト面と効率性,そして彼が本当に伝えたいメッセージを彼の好きを通して実現した。上座に胡座をかくのではなく,現場視点で客観的に見ていたからこそこの映画は実現したといえる。
この映画で何を伝えたかったのか。全てはこの一言に尽きる。
「日本の未来を君たちに託します」

考えよう。
僕たちはどう生きるべきなのかを。
Nob

Nobの感想・評価

3.5
初期ゴジラのテイストを現在風に上手くリブートさせ、そこにエヴァのエッセンスを加えることで、往年のファンと新たなファン層を取り込むことに成功し、日本が誇る新たな怪獣パニック映画に深化させている。フルCGのゴジラの造形も迫力があり見応えがあった。

重要な根底的テーマとして、過去にこの国で発生した自然の驚異を怪獣に置き換え、その時得た教訓を、今後国や国民がどう活かすべきかを問題提起いているのがよく表れている。

ピカチュウだの、ドラえもんだの世界中で広く人気を博しているが、日本が誇る一番のキャラクターと言えば、私の中では“ゴジラ”だと断言できる。(決してガッズィーラではない)
BT

BTの感想・評価

5.0
人生で初めて劇場で拍手してしまった映画。
これほど心動かされたのは、日本人だからだとも思う。完全に作品世界に没入させられた。
怪獣映画に何を言ってるのかと思われるだろうが、リアリティが半端ない。とんでもない設定(ゴジラ)がまずあり、そこに丁寧に緻密にリアリティをのせていく。さらにその上にエンタメをのっけてくるからたまらない。
SFの面白さとはこれだよな、と思う。
これほどの作品が日本から生まれたことに心から感謝する。
庵野監督、あなたは日本の宝です。
>|