ほぼ300 <スリーハンドレッド>の作品情報・感想・評価

「ほぼ300 <スリーハンドレッド>」に投稿された感想・評価

『300』のパロディ映画。
正直観なくても良い作品だと思う。

私的には、パロディ映画は、元の映画にある程度敬意を払って作るべきだとは思うのだが、本作は基本的には貶しまくり。
『300』もまぁ、色々意見ある映画だから仕方ないのはあるけど、この映画はそこを差し引いても酷い出来だと思う。

ネタも、向こうのテレビ番組とかある程度観てないと分かり難く、?が連発してしまうところもままある本作。
あまり評価は出来ない。

期待しても仕方ないんだが、もう少し笑えるネタ、絵面を用意してくれてたら評価も出来てたけど、それも怪しい。
全力でボケ倒して呉れてたら未だ評価は出来てたような気がするわ。うん。
敵側ボスの名前が「ボラッドみたいなやつ」ってだけで一部のファンだけに大ヒット。人数の水増し方法は本家とそう変わらないんじゃないかな。
琉太

琉太の感想・評価

3.6
タイトル通りのほぼ300
それ以外にアメリカの有名番組とか有名人のパロディもあり知っていればもっと楽しめたけど
パリスとかブリトニーは分かった
黒崎遥

黒崎遥の感想・評価

2.6
ほんっっっっっとうにクソ映画。しょーーーーもない。
マジで人生の無駄。時間の無駄すぎて自傷行為とも思える。
(全部褒め言葉です)
K

Kの感想・評価

3.1
大元の300知らなくても 笑える 楽しめる

1人てな見るより、ワイワイ見た方が楽しい映画かもww
ネタと言うか ツッコミどころ満載過ぎてwwwwwwwwwwww

いいの観ましたわ!
私は『300』が好きです。
好き過ぎて画集を買ったり、5回観に行ったり、公開最終日の夜に泣いたりしました。

そんな『300』の断片でも観ることが出来たらと、Netflixで鑑賞しました。
アメリカ人じゃないとよく分からない内輪ネタが沢山あって、日本人に生まれた事を呪いそうになりましたが、アサイラム映画よりもお金をかけているであろう制作陣の情熱は十分に感じとることが出来ました。

序盤こそ忠実にパロってたりしましたが、後半は飽きてきたのでしょう、グダグダでした。

そこかしこに漂うゲイパレードの香りと本家のおカッパ隊長よりも男前な隊長とそのご子息のイケメンぶりにスコア爆上げです。
それが無ければスコアは2.0です。

Netflixをご契約中の方、観たい映画を観尽くして途方に暮れている方、十数人対十数人のインチキなスパルタンとペルシャ連合軍とのしょぼいテルモピュライの戦いを観たい方にオススメです。
シックスパックはスプレーで描いてインチキ臭く強調してあって何気に好感度アップしてます。

最終絶叫計画に連なるゆるゆるな映画を、ゆるゆるな休日イブに楽しみたい方にはうってつけです。
面白くはないですけどね……。
とろろ

とろろの感想・評価

2.8
意外と(序盤は特に)300を丁寧にパロディしてて笑いました。映画諸々のパロディを隅から隅まで詰め込んでだんだんと何が何だか分からなくなってくるしょうもなさはもう笑うしかない。
和田

和田の感想・評価

3.5
めっちゃ笑った
エンディング終わってからも笑わせてくれる親切な作り
ほぼ300どころか、30もいませんでした。

いわゆるパロディ映画ですが、もちろんザック・スナイダーの『300』の設定(ストーリーではなくあくまで設定だけ)をベースにしながら様々な映画やCM、ゴシップネタのパロディだけで出来上がってる作品です。

監督はパロディ映画ばかり作っているジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビで、その辺のB級映画が高尚に感じれるぐらい、しょうもなさ無意味さの極みにあるような作品なのでアメリカの評論家からは散々な言われようみたいです。
wikiで一部抜粋されている中では「国辱」というストレートなやつから「西洋文明衰退の象徴」というジワジワくるのまで色々あって面白かったです。
しかし例えばこの作品などは日本では当然のようにビデオスルーですが、アメリカでは公開週の週末興行収入で1位になったりして一応ヒットとというか商業的になりたってるのが面白いですね。
アメリカでは、こんなバカでしょうもない作品もあってもいいと、また作っていいと、そういう映画に対する懐の広さを感じます。


くだらなさ過ぎて何度も吹き出すくらい笑えるのですが、はっきり言って中身も無ければ物語も無いので、普通に観ると徐々に眠気との格闘になってきます。

しかし、仲間内で飲んだりする時にBGM的に流す映画としては、これは最高の仕事をするんじゃないでしょうか。
マイクD

マイクDの感想・評価

2.5
タイトル通り『300』のパロディ映画です。主軸はそうなんですが、『スパイダーマン』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『ゴーストライダー』『ロッキー』など他の映画のパロディも入り混じり凄い世界観に。ブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンへの煽りはヒドイ。でもブリトニーの坊主ネタはちょっと笑ってしまいました。スパルタ戦士がペルシア軍に挑むシーンでスローになる場面は再現が凄かった。濡れタオルでシバくところは笑える。やっぱ痛いよね。ほんと馬鹿馬鹿しくて、アメリカ在住じゃないと理解出来ない部分も多いのですが、お時間がある時にどうぞ。
>|