沈黙の脱獄の作品情報・感想・評価

「沈黙の脱獄」に投稿された感想・評価

セガールワールドの作品。
脱獄作品は、ハズレなしと思ってましたが・・。
元々脱獄がテーマではなく、復讐劇で。
なぜか嫁が超能力者で、その嫁の予知夢を信じて行動。最後は、大爆発のルーティーン。

鉄板のパターンの「沈黙」シリーズなんですが、結構良く喋ってますけど(笑)
地上波録画して、久々にスティーブン・セガールを鑑賞^ ^
沈黙シリーズ…といっても他との関連性は無く、本作もB級感が満載!
本当は、キレキレのナイフ捌きとか合気道とか、身近なもので爆弾作っちゃうとかが観たいのに、丸腰相手に銃で殺しまくるって…(゚o゚;;
この頃は体のキレも悪くなってるのかな。まぁ深く考えちゃダメな映画です!

PS.
本当に強い俳優は誰だと聞かれたら、迷わずS・セガールと答えます。20数年前、友達の川島君から「スティーブン・セガールは昔、本物の特殊部隊かCIA工作員だった!大阪、十三に10年以上住んでたのはその任務の為…」と訳知り顔で熱弁された事を思い出す…。2018年現在Sセガールはロシア国籍らしく、川島君に言わせれば「ほら言った通りだろ」となるに違いない^^;
真偽の程はともかく、あの頃(沈黙の戦艦〜暴走特急)の彼=ケイシー・ライバックまさしく最強だった!
SN

SNの感想・評価

2.4
吹き替えながら見に最適な量産型セガールムービー


悪いやつにはめられたセガールが悪いやつをとっちめるいつものセガール。和訳の絶妙な外しギャグも面白い。そっけなく飛び出すB級アクションな台詞も楽しい。
どんでん返しも話の裏もない、ある意味で安心して観られる。
【吹替/録画視聴】
「リン・リンにリンリンしろ。」

あとはいつものセガール。

それと、幼いクロエ・モレッツがちょい役で出てたよ。
kon

konの感想・評価

3.0
いつもの無敵なセガールアクション
脱獄感はなかった
クロエが出てた

気軽に見れる映画
あらた

あらたの感想・評価

2.5
彼女が予知夢を見る能力者だったり敵のボスが黒魔術を信奉してたりする謎設定が何の意味もないのが笑える。
子供時代のクロエがかわいい。

爆発に振り向かないシーンあり
小さいクロエモレッツも可愛くて...スティーブン・セガールもつよすきて...沈黙シリーズは圧倒しすぎてハラハラよりもワクワクの方がするよね
琉太

琉太の感想・評価

1.8
午後ロー
毎度のセガール作品
少しは身体絞って自分でアクションしたらと思ってしまう
あの体型では全く説得力が無い
プロレスラー体型から相撲取り体型になってきている
最後クロエに少しほのぼのさせられた
プリズンブレイクが1シーズンかけたものを、僅か2分で.........
騙されて強盗のドライバーをやらされて投獄された男が脱獄して復讐するお話
>|