キング・コングの作品情報・感想・評価

「キング・コング」に投稿された感想・評価

パン屋

パン屋の感想・評価

3.4
アクションは楽しめたけど、なんだかなーって感じにスッキリしなかった

てかなげーよ!
てるる

てるるの感想・評価

3.5
カナダで観た映画。

カナダで最初に観た「地獄の変異」は場末の映画館だったので安かったけど、これはシネコンで観たので12カナダドルくらいした。
海外は映画安いって聞いてたけど、そこそこ取りやがると思った覚えがある。

ピージャクと言えば、「ブレインデッド」「LOTR」シリーズと傑作を生み出してきたので、そんな彼がキングコングをリメイクしたらどうなるんだろ?!と観る前はワクワク!

……
………
長ぇよ!!

本題に入るまでどんだけかかるんだよ!
というか途中寝ちゃったよ!

ということで、今回映画館ぶりにネトフリで観ました(現在は配信終了)。

今回は最後まで起きてたけど、とにかく前フリも長い。
船旅に出る前も出た後も長いし退屈。

ただ、髑髏島に着いてからはめちゃくちゃ楽しい。
原住民のトランスっぷりがキモいし、船員達の殺し方がなかなかエグい。

未知なるモンスターや恐竜、怪虫達とのバトルもテンション上がる。
あのワームみたいなのに頭から喰われるのホラーや。
コングVSティラノ家族とのバトルも大迫力!
もうコングの手の中のナオミ・ワッツがいつ口から内蔵吐き出すのかハラハラ(内心ワクワクw)してましたよ。

まぁ虫に群がられてるのをマシンガン撃ちまくって人には当たらないとかツッコミどころもあるけど、この髑髏島パートはピージャク節が炸裂してて最高です。
ここだけなら4点以上。

でも髑髏島を出てからは…リメイクなので何となく話は分かるし、もう少し何とか盛り上げて欲しかったかな。

船でかなり重要な役どころになりそうだったジェイミー・ベルとかトーマス・クレッチマンが出番無し。
そもそもジャック・ブラックの役がジャック・ブラックでも良くない?て感じだし。

あと最近気付いたんですが、どうもエイドリアン・ブロディが苦手のようです。
なんか最後まで応援出来なかった。

ちなみに「ブレインデッド」のオープニングは髑髏島。
この頃からキングコングが大好きだったのが分かるけど、ちょっと気合い入れ過ぎだったかな。
気合い入れ過ぎな割にはオリジナルをリスペクトしすぎてラストは変わり映えしないし。

それに比べると「髑髏島の巨神」は純粋に能筋モンスター映画として楽しかったなぁ。
「ゴジラ キングオブモンスターズ」も楽しみすぎるけど、次の「ゴジラVSコング」がめっちゃ楽しみ。
サミュエルはメカ化して今度こそ「マザー○ァッカー」を最後まで言わせてあげて欲しい。
美しい。。。
中学生の時に観たかなー
切ないけど冒険でハラハラするしいろんなシーンが盛り込んであって観ていて楽しかった
長いけど!
wanda

wandaの感想・評価

3.5
オリジナルは観たことないけど、母から昔の映画については散々聞かされてたので(笑)、本作の結末も同じなのだろうなと思いながら観てた。

しかし三時間!誰もが突っ込みたくなる長さ。
二時間越えるのは観る前から身構えてしまうし、私は長尺は正直苦手(必要尺なのでしょうが…)
案の定、最初の一時間はだるいのなんの…(汗)

でも島についてコングや他の生き物達が出てきてからはめっちゃ興奮したし、15年近く前の作品だけどCG映像が綺麗だし迫力満点だし、あれ、これすごく面白くないですか?
ナオミ・ワッツは美しいだけでなく、薄幸そうな顔がまたいいですよね?(笑)
アンは初めはコングに怯えてたけど、次第に彼と心を通じ合わせるようになり、そして最後のビルのやつね…もう号泣しながら観てた。切ないし、やるせないし、なんなの。

と言うわけで、二時間に収まってたら私はこの映画はもっと好きなのかもしれない。いっそ最初の一時間は観なくてもいいのかしら…(オイ)

『キングコング:髑髏島の巨神 』は今にして思えば大胆に今風に変えたという事なのかな。
基本プロットはキングコングをしっかり抑えながらも、いちいち長くて濃い。出来るようになった技術を全投入して見せびらかしたい感じがする。
その甲斐あって、コング自体は素晴らしいが雑なとこは雑だし、出航までやエンパイアステートビル登ってからの余韻がもっと短くシャープに出来たのでは。
これを見ると、髑髏島に行って帰ってくるだけにした髑髏島の巨神は英断な上に、良くできてると痛感する。
ten47

ten47の感想・評価

3.2
さすがに3時間越えはクソ長い
ナオミ・ワッツの美人さとすごい俳優達がけっこう出演しているのを楽しむ感じ
でも、CG良い

このレビューはネタバレを含みます

CGの出来もいいし髑髏島での冒険とかはなかなか楽しいんだけど、とにかく長すぎる。序盤の島に向かうまでのシーン他、削れるところはたくさんあった気がする。ラストの飛行機とのシーンもかなり冗長に感じてしまった。
監督のオリジナルへのリスペクトが伝わる作品であるが、思い入れが強いせいか、いかんせん長過ぎる。この手の映画で3時間超というのは、いかにも長い。

ストーリーは数々のリメイク作のなかでももっともオリジナルに忠実。売れない女優と、行き詰まった映画監督が、一発逆転を狙い、東洋の秘境に乗り込んでくる、という基本プロットはいまだに魅力がある。1930年代という舞台設定も効いている。

ただ、オリジナルで描ききれていなかった部分を、思い入れたっぷりに膨らませているせいで、とにかく話が進まない。

乗船するまでも長いし、船に乗って「髑髏島」に辿り着き上陸するまでがまた長い。1時間経ってもコングは登場しない。

しかし個々のパートはオリジナルに欠けていた部分までよく描けているし、面白い。CGも古臭くない。単純に「失敗作」であると決めつけるのは惜しい。

終盤、1930年代のNYCをコングが破壊しまくるシーンはスペクタル感あるし、とくにラストのエンパイアステートビル屋上でのバトルは、過去のリメイク作の中で最高の出来ではないだろうか。
長すぎて前半パート1時間くらいほぼほぼいらない
虫描写と終盤のヘリvsコングは悪くなかった
3時間以上もやった割にカタルシスもなにもない
コング死んでそれで終わりってのがな
監督とか色々やらかしてるしお咎めみたいなのは欲しかった
オリジナル版が一番かな
モンスターバースはこの時期に比べたらよくできてるなと思った
memo

memoの感想・評価

4.0
2019 #83
観る度に泣く。人間って残酷。
ピータージャクソン監督ならではの迫力ある映画。
>|