ROCK YOU! [ロック・ユー!]の作品情報・感想・評価

「ROCK YOU! [ロック・ユー!]」に投稿された感想・評価

emi

emiの感想・評価

3.5
身分制度が厳しい中世ヨーロッパで、剣と槍の試合で身を立てようとする青年のサクセスストーリーを、クラシック・ロックのナンバーに乗せて軽快に描いた快作。
久しぶりに見たけど、やっぱりワクワクするね。
ストーリーは単純、伏線回収のタイミングも抜群、仲間が増えていく演出に、最後まで貫き通す男気のカッコ良さ。
ま、ただのバカ男の映画と言えばそれまでなんだけど、演出と音楽で観てる人間のハート持ってく、ザッツエンターテイメント!

観るときはカップルでどうぞw
♪We〜will〜we〜will〜rock you!!
シンギン!
♪We〜will〜we〜will〜rock you!!
シンギッ!

ウォーーーーー!!
エンドレスで聴けるぜQueen!!

ヒース・レジャーのハリウッド初主演作という事で観たかったやつ!中世を舞台にしながらQueenのWe will rock youで幕を開けるとは知っていたけど、ここまでテンション上がる!?っていうぐらいヤバい!中世とRockの意外な親和性の高さに驚愕!

時は14世紀のヨーロッパ。幼い頃から奉公に出て従者として仕えていたエクター卿の死をきっかけに、平民のウィリアム(ヒース・レジャー)は、貴族にだけ許された競技、馬上槍試合へと出場する。身分を偽りながらも仲間と共に鍛錬を積み、馬上槍試合で勝ち進むウィリアム。

果たして彼は運命を変えられるのか!?

同じ従者仲間の太っちょと痩せっぽちに加え、ギャンブルに負けて身ぐるみ剥がされて裸んぼのチョーサー(ポール・ベタニー)。皆、いいキャラしてるわ。特にチョーサーは貴族である証明書偽造の技術を持ち、ウィリアムの試合前のいわゆる選手紹介の演説、オーディエンスの心を掴むプレゼン力が素晴らしい!

まるでドラクエの様に仲間が増えていく。鍛冶屋の女、そしてウィリアムが恋に落ちる貴族の娘ジョスリン(シャニン・ソサモン)。現代風の髪型やメイクがよく似合って美しい。

友情、努力、勝利が描かれる少年ジャンプ的展開。肩が凝る堅苦しい史劇ではなく、青春スポ根モノの中世版と言えるライトなミクスチャー具合が観ていて心地良い。

馬上槍試合は迫力満点だし、兜や甲冑のデザインもカッコいいし、父との再会シーンは不意に涙を誘うし。

エンドロールはこれまたQueenの伝説のチャンピオン。こりゃ最高だわ。

ヒース・レジャー。

鬼気迫るジョーカーの演技力も流石だったけど、素顔で見せる、ど直球な演技にはどこかカリスマ性を漂わせ、人を惹きつける魅力が確かにある。

エンドロール後のオマケの部分まで笑わせてくれる娯楽作。

何で、もういないんだよヒース・レジャー。
こんな良い作品を残して。
もっとあなたの演技を観たくなっちゃうじゃんよー!
K

Kの感想・評価

3.4
明朗快活なストーリーで、最後まで気持ち良く楽しめた。

本当にジョーカーの人か?と疑いたくなるくらい、ヒース・レジャーの笑顔が爽やかだった。
シンプルに面白い!
ジョーカー以外のヒースレジャー初めて見ました
もっと全体の音楽がロックなのかと思ったらそんなでもなく普通だなーという印象。
チョーサーが大活躍なのがよかった。
少年マンガのような爽やかなお話。
0子

0子の感想・評価

3.6
王道な少年漫画みたい
出てくるキャラクターがみんな良くてキャラ同士のやり取りでにやにやしちゃった。ワットの情に熱いポンコツ感がかわいい~
og

ogの感想・評価

4.0
ポール・ベタニー特集14作目。わかりやすくおもしろくて胸が熱くなった。史実無視してるらしいけど、それが気にならないならそれでいいんだと思う。
今なら絶対応援上映あるんだろうな。みんな不死鳥三羽の紋章の旗を作ってきて応援するし、エンディングはみんなで腕を振り上げて歌うんだろうな。
詩人のセリフが多すぎて半分くらい詩人のセリフだったんじゃないの。すばらしかった。尻が三回も出てくるし。
続編の計画があったとどこかで読んだ。返す返すもこの世界は惜しい人を亡くしてしまったんだね。
邦題、もうちょっとなんかあっただろうに。
Bom

Bomの感想・評価

3.3
イッケイケのノッリノリのヒース。終始楽しそうに演技をしているのが印象的。やっぱりヒースはみんなのヒーロー。

2018年初観作品201本目
若き日のヒース・レジャーがキラキラしててかっこいいなー!

なんで原題からROCK YOU!になっちゃったのかしら、、、?
中世の映像にQueenの曲が流れるオープニングは面白かった。

試合、仲間、恋、家族いろんな要素入ってて、ザ!な感じも観やすい。

ポール・ベタニーも素敵!
>|