テキサスの五人の仲間の作品情報・感想・評価・動画配信

「テキサスの五人の仲間」に投稿された感想・評価

1896年、西部開拓時代のテキサス
ダッジ・シティのホテルで年に1度行われる近隣の名士達が集まり1年かけて稼いだお金を奪い合うポーカーゲームの大一番💰

そこへ旅の途中の妻と子供を連れたメレディス一家が訪れた
馬車の車輪の修理の為に一晩の宿を求めていた
メレディスは部類のギャンブル好きでポーカーが行われていると知ると見学したいと言い出した
妻のメリーは息子ジャッキーを監視役に付けるがメレディスはとうとう参加してしまう

そして農場を買う為に貯めてきた4000ドルを賭け始めるのだった
車輪の修理から戻ったメリーはメルディスが瞬く間にスッた事を知り驚愕
倒れて医者と退席したことを知る
代わりに取り返そうするメリーだがポーカーのルール自体を知らず賭ける金も無い
ポーカーの手を担保に銀行にお金を借りるという奇作に出るのだった。。





以下ネタバレ



有名などんでん返し作品
見事に騙されました🃏
銀行がバックに付くと降りないと仕方ないよなぁ。。😁🏦💴

このレビューはネタバレを含みます

[最後まで観ること]

 友達から借りた洋画の第二弾。

 メアリーのジョアン・ウッドワードが前に出て来た時は、まさかの展開に思ったし、その展開はさすがだった。彼女はなかなか良かったし。そして、それに繋がるラストも良く出来ているとは思ったが。

 いかんせん、そこまでに行くのがちょっと長過ぎて、何度も中断してしまった。

  「スティング」と比べると、あちらは最初から最後まで引きつけられるのに、格が違うのでは、と思ってしまう。

 でも、中断しながらでも、最後まで観てよかった(2021.5.17)
Mashirahe

Mashiraheの感想・評価

4.0
ひさびさに映画を見たんだけど、これはなかなかだったな
5人の仲間がテキサスで年に一度行われる大勝負に挑む西部劇なんだけど、なかなかキャスト達の演技が巧みで小粒気味な話をグイグイ引っ張ってくれる
アメリカの精神とかそういったものが好きな人には刺さる気がした
Vio

Vioの感想・評価

4.7
昔の映画はやっぱ凄いわ!
ヘンリー・フォンダの映画は基本、ハズレなしやと思うけど、皆うまい!
出だしからずっと引っ張られて、ラストも気持ち良く終わる。
名作やな。

このレビューはネタバレを含みます

ステイホーム映画鑑賞5回目。年末年始に録画した名作。題名を見てヘンリーホンダ主演の西部劇だと思って観てみると意外や意外。レビューを書くにあたりポスターを観て納得。

面白かった。古き良き映画。西部劇と言う思い込みのせいか、展開が全く読めず、まんまと騙された。

前日、浜辺美波のテレビドラマ『賭ケグルイ』を一気見した直後だったので、ジョアン・ウッドワードがポーカーで大逆転する展開に心が踊った。ラストのネタばらしが無かっても、その当時なら、ここまでで十分出来のいい映画に違いない。まさかのどんでん返しがあるとは……油断してた。

コンフィデンスマンJPやスティングのような有り得ない様な大掛かりではなく、なるほどと感心できるシンプルな仕掛けなのがとても良かった。
テキサス某所。宿屋に街の富豪たちが顔をそろえ、大金を賭けたポーカーが今年も行われる。妻メアリーと息子とともに宿屋に来ていたギャンブル好きの男メレディスもこれに参加するが、窮地に追い込まれ心臓発作を起こしてしまう。彼は一命をとりとめたものの、ゲームをこのまま続行しないと一文無しになると分かり、そこで妻メアリーがピンチヒッターを務めることになるのだが…。

まさかすぎるどんでん返し、これは全く予想できなかった!!どんでん返し系の映画がお好きな方にものすごくオススメです。さらにほとんどが密室で展開される会話劇なので、西部劇が得意じゃない方でも楽しめること請け合い。
引くに引けない状況を任された妻メアリーが、毅然として他の4人の大富豪(みんな男性)に立ち向かうという構図にすっごくシビれる…!初めてポーカーのルールを教えられ、試合中もほぼ女性蔑視としか捉えられない嫌味を言われながらも、持ち前の頭の回転の速さで切り抜けていくその姿には誰しも勇気をもらえるはず。メアリー役にはポール・ニューマンの奥様で、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームに初めて名を刻んだ名女優として知られるジョアン・ウッドワード。彼女が本当に美しいしチャーミング!!
それにしても自分のギャンブル欲に負けて家族を危険にさらしてしまうヘンリー・フォンダ扮する夫のメレディスのだらしなさにはイライラしたなぁ…(笑)。

ポーカー中の流れも手に汗握ったけれど、とにかくあの爽快なエンディングがたまらない。「え?!え?!えーーー?!」と思わず叫んじゃう、まさかまさかの展開に間違いなく満足できるはず!
KENTA91

KENTA91の感想・評価

4.0
まさに古典的ポーカー映画。偶然立ち寄った街のポーカーゲームに惹きつけられた男とそれを止めようとする妻と息子。結局良い感じに終わるのかと思いきや、最後に不意をつかれた結末。ポーカーゲームのたった一場面からしっかりストーリーが組み立てられていて面白かった。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.8
騙す方が悪いのか、騙される方が悪いのか…。

何処までも満たされない欲望を理性で抑える事が出来たなら、世の中は味気なくつまらないものかも知れない。

損をする者がいれば得をする者がいるのが世の常だが、損得勘定ばかりで生きては疲れるばかり。

テキサスから集まった5人の男達が年に一度のポーカー対決の為に、とある酒場の裏小部屋で1年間の集大成として腕を競う…、が。

大きな詐欺を仕掛ける『スティング』とまでは行かないが、サクッと観れスカッとする心地良さ。

騙す方が悪いのか、騙される方が悪いのか…、欲に溺れ冷静さを失う末路とは。

損得より尊徳を..★,
ポーカーがテーマのギャンブル西部劇。

テキサスを代表する金持ち達が一年に一度ホテルに集まりポーカー大会をする話。
西部劇だけど銃撃戦はなく白熱したポーカーが繰り広げられる。
ヒヤヒヤしながら観ていたけど、いやーお洒落なストーリーで面白かったです。
完全に油断していた笑

それにしても結婚式の途中や弁護の途中にも関わらずポーカーに向かうオープニングが笑えた。
キャラクターもそれぞれ個性的で面白かった。
ポーカーフェイスは苦手だ。
Minted

Mintedの感想・評価

4.0
ネタバレしたら台無しなので何も書けないですが……地元で富豪の5人の男が年1回おこなっている大金を賭けたポーカーゲームのお話。

ヘンリー・フォンダの演技がすごい。
ジョアン・ウッドワード素敵だった。

途中みんなで銀行に行くシーンはドラクエかよってニヤニヤ。

戦いの後、娘の結婚式を抜けてきた男性が義息子と会話するシーンの言葉にぐっときた。

〝経験を重ねて己を磨け〟

ここで終わっても綺麗な映画だったのに、その後のラスト10分が見もの。最後までおもしろかった。原題と全然違う邦題がまた良い◎
>|