新桃太郎2の作品情報・感想・評価

新桃太郎21988年製作の映画)

桃太郎大顕神威

製作国:

上映時間:90分

3.6

「新桃太郎2」に投稿された感想・評価

ノッチ

ノッチの感想・評価

4.0
鬼ケ城の鬼を退治し、お婆さんと平和な日々を過ごす桃太郎であったが、鬼ケ城の親分を復活させる為に集まった妖怪達にやられて、桃太郎は深い傷を負ってしまう。

果たして桃太郎は妖怪達の退治を決意するが…。

スーパーマン並みの超能力を持つ桃太郎と鬼ケ城の妖怪達の戦いを描く、シリーズ第二弾のアクション映画。

タイトルの通り『新桃太郎1』の続編。

原作桃太郎のあらすじである鬼退治は前作で終了してしまっているので、物語は完全オリジナル。

もはや、桃太郎とは違う気もするが、ファンタジーアクションの快作。

前作以上にアイディアの増したアクションシーンの数々は素晴しいの一言。

なんだか前作に比べて、桃太郎に色気が出てきたような・・・

1のときにいたおじいさんは、老衰かなんかですでに亡くなっていたのがびっくり。

ケンカしながらも、なんだかんだで仲が良かった夫婦だったので、おばあさんが寂しがってるのがちょっとしんみりした。

あと、前作にはないダークな展開があったりして、そのシーンではガチ泣きしそうになった。

クライマックスの20分くらいのアクションシーンは見ごたえ十分。

香港アクション好きは見ておいて損はないかと。
sa5077ga

sa5077ga の感想・評価

3.8
はい。パート2もあります。
1とは違いちょーオリジナル(O_O)
これも中々ぶっ飛んでます。
ちゃんとお気に入りの猿丸、雉子丸、犬丸が中盤から登場でホッとしました(;゜0゜)
中々楽しめました。
桃太郎から逸脱し、オリジナルストーリーへ。
ばぁさん殺されたりして内容もハーコーになってきます。
p

pの感想・評価

5.0
今回の話は、桃太郎のせいで、残り1つとなってしまった悪霊の一族が、桃太郎を葬り去るために悪戦苦闘する話。大魔王は若返るために、若返りの血の風呂に浸かって、その時が来るまで英気を養っている。魔王を若返らせるための血は、村の子どもを攫って集めており、桃太郎のもとに、助けを求めて村の人々が押し寄せる。桃太郎は、大魔王を倒すため、犬丸、猿丸、雉丸、ショウ(前作のスイカ太郎的ポジションの男)と共に、悪魔城へ向かう。

最初から最後まで面白いです。おじいさんは既に亡くなっており、おあばあさんと桃太郎が二人で暮らしているところから、話は始まるが、途中で魔物の襲撃に遭い、おばあさんが殺されてしまう。ここのシーンが結構衝撃的で、当時見ていたとき、子どもながらにすごくショックを受けて、このシーンの後からビデオ再生するということをやっていた。桃太郎も号泣し、ボコボコにやられるすごく悲しいシーンです。
しかし、ここで諦めず、悲しみを胸に秘め、みんなのために魔王を退治に行くところが、かっこいい。旅の途中で、人参王という不老不死の薬にもなる人参の精霊と出会う。人参王の怪我を治してやった桃太郎は、人参王からも慕われるようになる。

なんやかんやあって、最後悪霊の城にたどりついてからのアクションはもうほんとに最高です。これは1をしのいでいると思います。犬丸、猿丸、雉丸、ショウ、の家来たちの見せ場もそれぞれあって面白いです。あと、桃太郎のアクションも1にも増してすごくて、応援したくなります。魔王がついに若返って、かなり苦戦するんですが、そこで、桃太郎はさらなる飛躍を遂げます。これは是非見てもらいたいです。

最後は、安定のジャンプして空中で一時停止、からのエンディングで安心の終わり方。桃太郎役のリン・シャオロウは相変わらずかわいいです。大好きです。

詳しいストーリーはブログに書いていますので、興味を持ってくださった方はどうぞ
http://www.pqnology.com/2015/04/blog-post_35.html
Diamante

Diamanteの感想・評価

2.0
1と一緒でコメディ映画ではあるがお婆さんのシーンは子供の自分にはショックでした。