怪竜大決戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「怪竜大決戦」に投稿された感想・評価

けん

けんの感想・評価

3.6
松方弘樹主演!特撮時代劇👊
兄貴が竜とドつきあい!

特撮時代劇というジャンルを初めて知りましたが、結構面白いと思いました😚
今作で兄貴は忍術を多用しながら戦っていました!体から首だけ取り外したり、雲に乗って移動したり!巨大化してモグラ?になったり!笑

今はもう特撮時代劇は作られてないんですかね?もっと見たくなるジャンルでした😚
澪標

澪標の感想・評価

3.4
10分に一回くらい、マジかーって言いたくなる楽しい娯楽映画です。こういう娯楽映画って、日本映画の魅力の一つじゃないかな。
ルチア

ルチアの感想・評価

4.2
東映チャンネルにて観賞

昔々にTVで観たかも知れないけど、内容は覚えてないので、ほぼ初見。
あまり期待してなかったけど、これが実に楽しい映画。
大蝦蟇が出て来るので、赤影を思い出しますが、こっちが元ネタなんですね。
その大蝦蟇と怪竜の闘いも迫力あって、スクリーンで観たいやつ。

若い松方さんもカッコいい。
様々なとんでもシーンが出て来ても、全部忍術と思えば納得しちゃうのも素晴らしい。
忍者に時代劇に怪獣。そりゃ面白い。
昭和特撮も冴えまくってて、最後まで飽きずに観られました。
yugo

yugoの感想・評価

3.0
仇討ちものの時代劇。子供の頃に見てると思うんだが、はっきりとした記憶はない。大魔神と同じ年の映画で、内容も似ている。
怪獣映画が活性してた時期に東映が投入した忍者アクション時代劇と怪獣物を併せた映画。
怪獣パートの尺少ないものの特撮は中々豪勢な出来で、大部分を担う時代劇パートも中々楽しめる。
kirio

kirioの感想・評価

3.7
思っていたより盛り沢山
メリハリのある忍法・怪獣映画だった

東映の十八番、チャバラ時代劇として「児雷也」を下地に当時の怪獣ブームをミックスした
スピーディーな忍法アクションもさながら、怪獣やミニチュアの造形も悪くない

白土三平の漫画を原作とした「ワタリ」のヒットを受け、追随する形で作られた本作
後のヒット特撮シリーズ「赤影」の原型にもなるものだった
案外日本特撮怪獣映画の中でも
面白いと言える数少ない作品に
入る映画かも

なんでもかんでも
実は忍術だったで
片付ける展開も面白い

説明無く地面に刀を突き刺すと
血が吹き出る所も好き!

兎に角怪竜のデザインがカッコいい
胴体と首の太さを同じにしているので
迫力あります
ただ下半身が見えちゃうと
ちょっと情けなくなるけど
ほぼ建物や海で隠しているから
ほぼカッコよくみえる

良いなぁ
幼い頃、夏休みにテレビで観た記憶があるような、ないような。
大人になって観ると、意外に面白い。
時代劇プラス怪獣…のちの赤影に続くのかな。
怪獣チャンバラとんでも時代劇

OPで🐉の怪獣(この子カワイイ)が🦅の怪獣と戦ってて…。
🦅の攻撃により、🐉の頭が割れて血しぶきブシャー!
頭から血がピューピュー吹き出し続けるので、またか!って思った…。
ただ、今作は、そこからラスト10分まで怪獣さんは一切登場しない…。泣

主人公は、松方弘樹さん!
爽やかなイケメン好青年なんで、おでれ~た!
ありゃ女の子はメロンメロンしちゃうな♪
松方さんは、いつも拳銃持ってオラオラしてるのしか観たことなかったんでビックリぽん!

そんな松方さんは雷丸(途中から自雷也って名乗ってたけど)って言う忍者の役。
親と師匠の仇である大蛇丸を倒すために旅に出る…。

今回は、忍者の映画なので、おったまげた忍法をご紹介!

忍法その① 大ジャンプ!
10mぐらいジャンプしてた松方さん。
敵は、筋斗雲みたいなのに乗って空を飛んでたし…。
空を飛ぶってことは、忍者の基本中の基本らしい…。

忍法その② 首が取れても大丈夫!
今作一番のビックリ仰天忍法である!
敵の大きなカマにより、首がスポーンと切断されてしまう松方さん!
だけど、忍法によって、生首だけで喋ることが出来るし、首なしの胴体だって動かすことが出来ちゃうのだ!
元に戻るときは、生首が宙をふわふわ浮いて、首無し胴体と合体!
すげー!忍者すげーーー!!!
※この不可思議な忍法については、劇中一切説明されません。
※なので、忍者なら出来て当然!と受け止めるしかない模様…。

忍法その③ 幽霊召喚
幽霊を召喚っていうよりかは、幻を見せる?の方が近いかな?
どうなってんの?とか、なんでそんなことが出来るの?とか思ったら負け…。

忍法その④ 怪獣変化の術
時代劇メインの作品なんで、怪獣がどうやって絡んでくるのか気になってたけど…。
まさか、忍法使って怪獣に変身するとは思わなんだ!!!
松方さんが変身する怪獣は、ガマガエル🐸の怪獣(キャワワ!)!
ジャケ写にも映ってるとーっても可愛い子ね!
目が大きくて、角が生えてて、何故か火を放つ!
対する大蛇丸は、冒頭に出てきた竜の怪獣(萌え!)!
この子もジャケ写に映ってる可愛い子!
この二大怪獣が激突するのが今作最大の見どころ!
なんだけど、ハリボテみたいで…。笑
あともう一体怪獣が登場するけど、それは見てのお楽しみ!
ってほどでもないけど…。笑

怪獣映画かと思ったら、とんでも時代劇だったでござる!


こちらも期間限定(2月6日まで)で、「東映特撮YouTube Official」で無料配信されてるので、お急ぎを!!!
家老結城と悪の忍者大蛇丸の謀反によって近江の国にある尾形城は乗っ取られてしまった。
しかし奇跡的に生き残った尾形城の若君雷丸は忍術と妖術を身に付けて家族の仇をうつために悪に立ち向かう‼︎‼︎‼︎

松方弘樹主演の幼い頃に両親を殺された若者が妖術などを使い悪人たちに立ち向かう特撮時代劇アクション映画‼︎‼︎
松方弘樹の剣さばきやワイヤーを使ってのアクションはなかなかカッコよくていかにもヒーロー時代劇といった感じで悪くなかった。
また登場時間自体はそこまで長くないが目玉である怪獣たちは火を吐いたりなどそれなりの活躍を見せてくれてなかなかよかった。
冒頭で張ってあった伏線がきれいに回収されたのはすっきりとしていた。
全体的には忍者映画や時代劇が好きな人なら無難に楽しめる作品である。
>|

あなたにおすすめの記事