怪竜大決戦の作品情報・感想・評価

「怪竜大決戦」に投稿された感想・評価

懐かしい!

見たけどほとんど覚えていない...!

どこかのケーブルテレビでやってくれないかな?
menoki

menokiの感想・評価

1.6
1960年代の子供にしか楽しめない作品。

あらすじ

家老によって城主である父を殺された雷丸は、飛騨の蟇道人に助け出され、忍術を教わる。
しかし蟇道人もかつての弟子・大蛇丸によって殺されてしまう。
大蛇丸は雷丸の父を殺した男でもあった。
雷丸は二人の仇を討つため、自雷也と名を変えて旅に出る。


物語が簡単で分かり易く、怪獣や忍者など公開当時の子供が喜びそうな要素がぎっしりと詰まっているので、公開当時に鑑賞した子供達はさぞかし楽しむ事が出来たのだろう。
だが、楽しむ事が出来るのはあくまで公開当時の子供であり、今の子供が観てもショボいVFXと糞演出には満足しないだろうし、かといって大人が観ても内容が幼稚過ぎる為つまらないと感じる人が多いと思う。
演技は全体的に下手だし、怪獣(口寄せ)同士の戦いもかなりショボい。
怪獣(口寄せ)同士が戦っているように全然見えないし、戦闘中に常に抱き合ったり愛撫をしたり、挙句の果てには後背位で突いているようにしか見えないので、正直怪獣(口寄せ)同士で愛し合っているのかと思った。

結構ツッコミ所は多いものの、ツッコむ気力が湧かないくらい退屈でつまらない作品であった。
とりあえず、本作は怪獣の登場が極端に少なく、更に登場した所でガマと蛇が交尾しているようにしか見えないような出来なので、怪獣映画を期待している人はスルーした方が懸命だと思う。
爬虫類同士の交尾をオカズにしている猛者くらいにしかお勧めする事が出来ない作品である。
師弟関係、親子関係、そして戦乱の世で暗躍する特殊技能者(忍者)たち。あまりにも似通っている。実はスターウォーズの元ネタのひとつではないかと疑っている。
元祖忍者活劇エンターテインメント作品。ワイヤーアクションつきチャンバラと手裏剣と、写真をはめたような特撮が素敵。松方弘樹が好演。松原智恵子かと思ったら、ヒロインは小川知子だった。美しい。

敵の大蛇丸は大友柳太朗さんだが、悪城主は天津敏さんで、この天津敏さんと、登場するガマの怪獣やらなんやらが、とても『仮面の忍者赤影』に似てるな~と思っていたら、やっぱりそういうことだった。(笑)

『ガメラ対バルゴン』にも似ているんだよな。ガメラは大映だけど、城とバルゴンの絵がとても似ている。

こんなチャチな特撮が、自分の好みで、ソフビと城の模型で、遊びたくなる(笑)
pon

ponの感想・評価

3.5
いやぁ〜久しぶりに時代劇を観ましたが、やっぱり良い。なんだかしっくりくる。これって単に自分が時代劇好きだからなのか!日本人だからなのか?
まぁそれは置いといて〜

伝奇的貴種流離譚として、松方弘樹の格好よさを前面に打ち出した作品。

こういう題材、こういう時代劇でぜひ新しい作品が観たい!と思う。海外に受けると思うんだよな〜。
大友柳太郎と松方弘樹が怪竜と蝦蟇のアテレコしてるってだけですさまじくレア!
なんか小さい頃に親に見せられたな〜
何気に好きだった記憶がある。
オロチ丸とイカズチ丸という名前がめちゃくちゃ好きで、自分の考えたキャラクターにその名前つけたりしてた笑
なかなか面白いし、いい出来栄え。小川知子かわいいし。大友柳太朗の、キン斗雲は笑っちゃう。
怪獣特撮映画として制作されていはいるが
主に時代劇忍術特撮映画といった方がよい作品

ナルトで最近知名度が高くなった
ジライヤ、大蛇丸、綱手、の3キャラが主要人物の物語
同様に
蝦蟇、蛇(龍)を扱うというネタも考えると
ナルトはこれが元ネタと思っていいのかもしれない

ジライヤというキャラクターはこれが原作なのかはパッと見調べでは言及されてないのでわからないけど
これより前にあったかもしれないし
これより後のジライヤがナルトの元ネタという可能性もある

ちなみに綱手が扱うのはナメクジじゃなくてクモ
ナルトでもクモを使ってもよかったやんとちょっと思った。
女性とクモを関連づける表現って多いしね「蜘蛛女」や「蜘蛛女のキス」やブラックウィドーや妖怪の女郎蜘蛛伝説など
女郎蜘蛛という品種と蜘蛛の巣で獲物を絡め取るイメージが悪女になぞらえやすいのだろうけど

ちなみにこの作品の綱手は悪女ではありません。一応


忍者活劇として、当時の特撮技術で特殊な忍術を表現していて
現代のものに比較したら当然粗さが目立つけど
当時の技術ではかなり様々な技術を駆使して制作しているであろうことが見てとれて
物語の中で不自然さもなく
むしろその粗ささえ飲み込んでしまえば楽しく観れた

ラストのタイトルにもある怪獣決戦は
城のミニチュアも含めて良くできていて
当時から大真面目に役者やスタッフが特撮作品を作っていたと思うと
日本人はやっぱり子ども向けとか多くの大人が侮っていた時代から
潜在的にこういう作品が好きであり得意だったんだなあと
オタクとしては感慨深い

話の筋は単純でありつつもキャラの魅力もあって面白く
今の技術でリメイクして欲しいという気持ちがある
反面、今の邦画界でリメイクするとか言われても不安感しか残らない
ちゃんと原作に対して敬意や愛情を持ちつつ作品として昇華できる一握りの作り手がやりますってなれば期待できるけど

安易にハデに、イケメンでも使って大味でドカンとやっとけばいいでしょみたいなことされたらすごいもったいない作品
だと思えるくらいには魅了された。

まぉそんな適当なリメイクをする制作が手にかけるような知名度はないと思うけど…笑

ちなみに主演は当時のイケメン若手だったであろう松方弘樹
若くて目力あるイケメンですわ
演技もなかなかいいと思う
「東映唯一の怪獣映画」という点では、貴重な一作となりますね。
イケメン松方弘樹と、お馴染み忍者映画の悪役コンビ、大友柳太朗&天津敏。
大蛇丸と綱手が父娘という設定。
しかし何よりも、小川知子がもうめっさ可愛い♪
>|