サマードレスの作品情報・感想・評価

サマードレス1996年製作の映画)

UNE ROBE D'ETE

製作国:

上映時間:15分

ジャンル:

3.6

あらすじ

夏。セバスチャンはシェイラの曲を聴きながら踊り、ルチアは気に入った男の子たちとセックスをする。フレデリックはといえば、ただ横になって日焼けをしていたかっただけなのに…。

「サマードレス」に投稿された感想・評価

寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.8
LGBT映画は妙に説教くさかったり登場人物が苦悩していたり差別と闘っているものが多いが、俺はもっとあっけらかんとして各々が勝手に楽しんでいる様を見せつけてくれる方が良いと常々思っている。最近は「LGBTは善で非LGBTは悪」みたいな主張をする映画も出てきたらしいが、そんなことしてたらLGBTへの差別が過激化するんじゃないの。とまあそれはさて置き初期オゾン。海で逆ナンしてきたどう見ても25歳くらいの女が「私も18歳よ」と言ってゲイの少年の童貞を狩る話でとても心地良い。先述した"楽しそうなLGBT"を90年代で堂々とやってるところがやっぱ凄いなあと思う。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
Jung's archetype: the anima; the feminine aspect in men.
I love the fact that the two guys are muscular.

The dress as a symbol of sexuality in both ways.

I wonder why guy 2 didn't show any anger when guy 1 came back home after the affair. Surely he must be the one who stole guy1's clothes. Didn't he feel any jealousy.

Anyway, this film is spectacular.

Are the lyrics in the song Bang Bang meaningful in any way ?

短編てその監督のエッセンスが凝縮されてて好き
Ruben Ostlund のincident by the bankとか
まいん

まいんの感想・評価

3.7
ばんばーんばんばーんまたばんばーん

ドランの胸騒ぎの恋人が好きすぎるあまり3人の関係性を重ねてしまった
Leesaco

Leesacoの感想・評価

4.5
何この素晴らしく美しい作品!
夏の開放的な雰囲気と結構生々しいのに上品に仕上がる感じは本当に凄い。
ooospem

ooospemの感想・評価

4.2
フランソワ・オゾン監督。なにこれ凄く面白い…好き!短編ならではの疾走感と刹那がみずみずしくて良かった。湿度が低く、太陽がジリッとくる真夏感がガンガン伝わってくる。夏は嫌いだけど夏の映画はなかなか好きだ、いやフランスの夏が好きなんだ多分。オゾンさんらしい面長の小綺麗な俳優たちも好み。行為シーンの撮り方は直接的すぎると思うけどそれすら爽やか。あとぐされなし。超快適。
とまと

とまとの感想・評価

4.9
始まって気づくフランソワオゾン作品!!

最初の踊ってるとこが最高
私人が一人で踊ってるシーン好きなんだよ
でしかも定点で遠くから撮ってるやつ
しかもbang bang 選曲最高かよ

うん 最初の場面、満点。
90年代アメリカ映画並みのWB、定点、踊り、無関心、うん、いい。
15分の作品だったっけって感じ。

Les Amours Imaginaires 、似てるこれに。
zk

zkの感想・評価

-
フランソワオゾンの短編。
フィルムの質感が良い。凝縮されてるなぁと思った。
どこの海なんじゃろ。
Keny

Kenyの感想・評価

-
Bang Bang
性の解放
Bang Bang
性別の解放

白いプジョーバイクに赤のサドル
ターコイズブルーの花柄サマードレス

好きだね。ドランの原点の1つか?
Jasminne

Jasminneの感想・評価

3.0
モザイクが入っていないのはいいよね。モザイクが入った途端に作品が壊れる気がする。身体に不審なものがあるかのように見えるんだよ。
字幕は平沢直子さんという方のもの。短編映画でも字幕の担当者の名前が出てくるのはいいことだと思う。字幕の訳をした人の名前がちゃんと載ることは大事なこと。
chan

chanの感想・評価

3.3
どこをとってもフランス映画。

ものすごく聞き覚えのあるあの音楽は、胸騒ぎの恋人で聞いたものだったと分かってすっきり。
>|