あこがれの作品情報・感想・評価

あこがれ1958年製作の映画)

LES MISTONS

製作国:

上映時間:26分

ジャンル:

3.6

「あこがれ」に投稿された感想・評価

KAYUPAN

KAYUPANの感想・評価

-
エロ悪ガキ集団のイタズラが、回想的な淡々とした語りと共に映される。クソガキ過ぎて笑った。
子供は悪意を意識する前に
自分の中の欲望を学び、嫉妬を、憎しみ、自分の残酷さを知る。
は

はの感想・評価

3.7
ベルナデット役の女性がひたすらに美しい
少年達が夢中になったベルナデットの自転車を漕ぐ姿に僕も夢中になっちゃう
こんなお姉さん居たら少年達が追いかけ回しちゃう気持ちも分かりますよね
盛りのついたガキどもがお姉さんをストーカーする発情変態短編。
mariモ

mariモの感想・評価

3.7
爽やかに見えて底の方に暗い何かがあるような。追っかける子供集団の残酷さ。裸足
norimin

noriminの感想・評価

3.7
美しい変態短編映画。アホみたいだけど気品を感じた。後半に少々の寂しみがある。
moi

moiの感想・評価

3.0
久しぶりに映画見た
トリュフォー

子供の頃は理解できなかった大人の事情とオトナの情事(笑)

そりゃ小学生の恋と若者の恋と大人の恋は違うよな
それぞれいい。邪魔しちゃあだめよ(笑)
moe

moeの感想・評価

4.1
原題は「いたずら小僧ども」らしい、まさにその通り。性に興味を持ち始めた年頃の少年達がミューズ的存在のベルナデットとその恋人に悪戯しまくる。
木漏れ日の中ベルナデッドが自転車をこいでいくシーンには見惚れてしまった。
モノクロだけど瑞々しい作品。
恋のエチュードにもあった、ジャンプカットともいえないなんかへんな編集(わたしはぱぱぱカットと呼んでる)、めっちゃ嫌い
台詞はやっぱりいい、詩的
こーや

こーやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

サドルにスカートをかぶせるフランス女の軽やかさ。
清らかさをどこかに残しつつ、恋に流される彼女に、まさしく少年の我々は「あこがれ」ていたのだ。
>|