ビューティフル・ルーザーズの作品情報・感想・評価

「ビューティフル・ルーザーズ」に投稿された感想・評価

口口

口口の感想・評価

-
「リア充は芸術なんかに興味持たん」
みたいな発言面白かった。
何でもそう。
biboo

bibooの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

NYのアレッジドギャラリーに集ったアーティストたちが、大衆に知られて売れるまでをインタビューと当時の映像で振り返っていくドキュメンタリー。

もとはストリートで遊びでやってた人たちが、たった10年ほどで映画監督になったり有名ブランドとコラボしたり世界的にメキメキとデカくなっていく様が短時間にギュッと詰め込まれていて、尺だけではなくて物理的にもスピーディーで圧倒される。
友人や知り合いで構成されてた集団とはいえ、発起人のアーロン・ローズの周辺がものすごい粒ぞろいだったのがわかる。彼らが世界的に売れるきっかけになった回顧展のシーンで2000年くらいの日本が出てくるけど、劇中で「日本は過激でリアル」と言われていたように、90年代あけたばかりでまだまだ尖った文化があちこちでごちゃ混ぜになってた時代。日本しかり気鋭のアーティストを大々的にフックアップするエネルギーや柔軟さがあった時代が映っていた。
今のSNS主流カルチャーではもう起こり得ない(種類が違うと言うべきか)エネルギーだし、日本の場合SNSだけが衰退の理由ではないと思うけど、今のように流行りが分散してふわ〜っとなることなく広く深くお客さんにちゃんと結びつけられた時代だったんだろうな思った。こういうエネルギッシュな昔の映像を見ると羨ましく、妙に寂しく悲しくもなる。

最初は自分のためだけの制作で、自己セラピーに近い書き方をしていたアーティストたちが、だんだん色んな仕事を受けるようになるにつれ、意識が外に向いていく様とか、「誰かが刺激を受けてくれたり喜んでくれたら嬉しい」というような俯瞰した目線になっていく様子も描かれてたのが面白かった。だからといって、若い頃のような無茶はしなくなったとはいえ決して自分を奢ったり威張ったりせず、「自分はホコリのような存在だ」と言っていたのが印象的だった。アーティストたちがお互いを良い距離感でリスペクトし合っていて、あの頃も今もテンションは同じままなのが伝わってくる。

そこにいけば気鋭のアーティストに出会える発信基地のような場所があったことが心底羨ましいし、今は移り変わるスピードが速い分、根が広がる前に次のブームがやってくるような時代だから良くも悪くもコンテンツが多すぎて体力が減っていってる実感もある。
k182

k182の感想・評価

5.0
グラフィティ、スケボー、パンク、サブカルチャー、ファッションのクロスオーバー。
どれも繋がっているんだなと再確認。
ビューティフルでルーザーズなドキュメンタリー作品。最高!!!
enter

enterの感想・評価

3.3
あー、昔マチで見たあのobey ってやつこれだったのか!
マイクミルズだから見たけどまあコレは別にいいや、って内容。
531

531の感想・評価

-
''無難で退屈な人生を送るより傷ついても冒険すべきだ''

オケ了解でーす
dude

dudeの感想・評価

-
創作意欲がなまけてるときにときどき観ては伝説の先人達の証言に頭をほぐされつつケツを叩いてもらう。そんな映画です。観たあと体は勝手に動き出すでしょう。
りゅうじから10年くらい借りパクしたまんまだったこのDVDは又貸しされていま堤の家にあります。
ビーズアクセとかヘアピンとか、今の女の子のファッションの参照元はここだったか
Nah

Nahの感想・評価

4.0
10代の時に見てふっつーに影響された!高校生とか見て!こういうの普通にどんどん見て👍
Minted

Mintedの感想・評価

3.5
90年代ニューヨークのアンダーグラウンドカルチャーを、たくさんのアート作品や写真・映像と共に、アーティスト達が当時を振り返りながら語るドキュメンタリー。

スケーターのマーク・ゴンザレス目当てで観たけどほんの少しだったな。他にハーモニー・コリン、マイク・ミルズ、エド・テンプルトン、シェパード・フェアリーなどが出演。

彼らにとってアートとスケートボードと音楽は密接な関係にあったこととか、それぞれがアートへの想いを語る言葉はどれも興味深かった。

〝表面的なものを見るだけでは知的な見方とは言えない〟
のんchan

のんchanの感想・評価

4.3
マイク・ミルズ監督作品がとても好き💕
でもマイク・ミルズ自身がグラフィックデザイナーで、90年代のアメリカのポップアートを創り出した人の中の1人だったとは...
え〜っ⁉️今更ながら恥ずかしくて言えない🤭

このドキュメンタリーで、動くマイク、優しい話し方をするマイク、とってもシャイな素敵なマイクを知れて大満足💗


アンディ・ウォーホール以降、商業化され、大衆化されたTシャツや小物のアート、街の看板や倉庫の壁に描かれた落書きアート...

それらを創り出したのは、ちょっと社会からはみ出した人、やる事を見出せず退屈を持て余していた若者たちだった。そんな仲間がNYの一角に手作りの小さなギャラリーをオープンした。

スケートボード🛹にペイントしたり、壁に自由に描きまくる。同じ気持ちを共有する仲間たちと、競い合うのではなく、個性を大切に刺激し合った。食べるのも寝るのも惜しんで描き出した型にはまらないアートが世界から注目されるようになって行った。

愛が溢れる優しい芸術家集団は、マイク・ミルズ、ハーモニー・コリン、トーマス・キャンベル、シェパード・フェイリー、マーク・ゴンザレス、ジョー・ジャクソン、バリー・マッギー、マーガレット・キルガレンら。

多くの才能ある人たちの魅力に迫ったドキュメンタリー。
これからを生きる子供たちにぜひ見せたい‼️
目の保養をし、心がとっても軽くなった✨💗✨
>|

あなたにおすすめの記事