We Margiela マルジェラと私たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「We Margiela マルジェラと私たち」に投稿された感想・評価

mizuki

mizukiの感想・評価

3.9
無理して女らしくメイクした顔に似合う服ではなく、その人が無理なくいれる自分に似合う服、みたいなものがコンセプトだと聞いて、そこにモヤモヤしてる人って割と多数派かなと思った。人はもっと中性的なはずだって。個人的には、女らしくするのも楽しいとは思うけど。本来中性的だという考えは一緒で、可愛い格好をするときやボーイズライクな格好をする時、いずれかの性別に偏る時、ほぼコスプレだと思っている。

有名なモデルは起用せず、その辺の人にモデルをお願いして、小屋でファッションショーって、とても粋だと思う。背が高くて、頭が小さくて、顔が整っていて、足が長い、「服をよく見せる体型を持つモデル」ということに重きを置いていないところ。世間で言う、「黄金比的な美形」ではない人の着こなしも見たい。
マルジェラは何も持ってないけど、
これを機にルックを見返そうってなる。
はじまりがアンダーグラウンドだったマルジェラが、こうして今大衆の憧れブランドになったことはきっと本望じゃないんだろうななどと思いながら。
ブランドとしての芸術性が失われてしまったと考える人も多そう。

関係ないけど写真家の方が犬抱えててよかった。
Harukon

Harukonの感想・評価

3.5
関係者達本人のインタビューが貴重だった。
映画としてよりは資料として参考にしました。
きのこ

きのこの感想・評価

4.2
友達がお勧めしてくれた映画。

「We Margiela」

「Maison Martin Margiela」は
多くの人が憧れるブランドだと思います。

ただ、その生みの親とも言える
稀代のファッションデザイナー
「Martin Margiela」は

表舞台に姿を現さなかった。

顔が写った写真も数枚しか無い。

それ故に
彼の素性は未だベールに包まれている。

当然、この映画にも
彼の姿は無い。

けれど
当時を共に歩んだ人々の言葉を聞けば
思想や活動は見えてくる。

果たしてMartin Margielaは、
どんな人物だったのか、、、

という感じの映画なんですけども

Martin Margielaを更に好きになりました。

特に、街を歩いていた女性をモデルとして起用したり

現実的な姿や生活に照準を合わせた
「人が服を創る」という思想が
すごく素敵でした。

あと、作中にも登場した
コルクネックレス

改めてめちゃくちゃ欲しくなりました。

服やアクセサリーが好きな方は
もし良かったら観てみて下さい。

Margielaに興味が出るはずです。
tohu

tohuの感想・評価

3.5
創立当時のスタッフたちの熱量がよく伝わる映画だった。
ブランドが大きくなるにつれ複雑になっていくのがとてもリアル。
作品について詳細を話さないのはマルタンがマスコミと距離を置いたことと神秘性と関係があるのかな。
ドラマティックで現実的で面白かった。
亮

亮の感想・評価

3.6
随分前に観た。
おもしろい。
ただ、作品にもう少しフォーカスして欲しかった。

マルジェラのことを
スタッフを通して深掘りできる

ファッションって
マルジェラって素敵すぎ
青

青の感想・評価

3.0
ドリスとかアレキサンダーマックイーンのドキュメンタリーのような衝撃とか感動はなかったけど、面白かった
特徴的な白いタグの由来や、足袋ブーツのこと、スタッフが白衣を着ている理由などを知れた
主役は服じゃなくて、人
てかそんなことどうでもいいけど、マルジェラの服かわいい
ちくわ

ちくわの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

マルジェラに関わったスタッフ達がただベラベラと当時に酔いしれて話をする映画。
マルジェラのデザインは大好きだし、憧れのブランドだけど、みなさん言ってる通り、このドキュメンタリーはどうなのかね?
まず、ほとんどマルジェラの服とか出てこない。

けど、ジェニーがデザイン以外のビジネスを頑張ってやりくりしてたんだなあ。
マルジェラが外に出ない分、まさにWe、が重要になるだろう。

マルジェラが何にインスパイアされ、それをどう作品に落とし込み、それをどんな表現でショーで見せ、何を思ってなぜサクッと引退したのか、それを知りたい人向けではない。

あータビブーツほしーww
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品