地蔵とリビドーの作品情報・感想・評価

地蔵とリビドー2018年製作の映画)

上映日:2018年11月10日

製作国:

上映時間:62分

3.9

「地蔵とリビドー」に投稿された感想・評価

滋賀県甲賀市にある障がい者施設「やまなみ工房」で創作活動をする人の日常やその芸術性を語る人のインタビュー、山下完和施設長との和やかな関係を撮ったドキュメンタリー。今まで知らなかった世界と出会えた。
RikaInada

RikaInadaの感想・評価

3.8
どんな怖い映画かと思っていた私には、ただただカッコいい映画だった!
夢に出てくるかと思った。

生々しいアート、アートとは呼吸するもの。みてるほうは、はっと息を止めるもの。


「アートはくすり」

「前衛音楽」
「歯磨きや呼吸とおなじ」

やりたいからやる
それだけ

でも評価もされたい…邪念か?


エンディングの曲よかったです。
この映画でとりあげられている「やまなみ工房」は、
私が住んでいる町内にあって、中学生の頃は毎日その前を自転車通学していたようなところです。

さらにワタクシゴトですが、現在、発達・知的障がい児に接する仕事に就き、
学生時代には芸術を志していた私にとって、身近な関心事が多く詰まっている作品でした。

やまなみ工房については、こんなに近くにありながらその様子を知らなかったので、
通所者・支援者の方やその活動について、とても興味が湧きました。

ただ、この映画を通して気になったのは、あくまで彼ら(通所者)の“作品”を中心にして、
それを芸術として高めようとする意図のもとに製作されたのではないか、という点です。
彼らの創作物の見せ方であったり、
それらをアート作品として語るのが芸術に関する仕事人である、というところから伝わってきます。

つまり、工房の作家自身の言葉でも、
言葉を使って自己を表現することが難しい彼らの代弁にもなっていないように思えるのです。

ただし、見せ方として巧妙だと思うのは、最後のポートレート制作の場面。

彼らを芸術家として見せようとする意図的な行為があからさまな一方、

写真をとられる彼らの笑う姿や写真そのものが本当に魅力的で、
芸術作品として取り上げられることへの、とまではいかなくても、
社会的なつながりを持てることを心から喜んでいるように見えます。

映画の中で“性的衝動”を「リビドー」と訳していましたが、
アートとして見る(価値づける)者と、作りたいから作るという作者の気持ちが、
結局のところまとまっていないところが、なんとも複雑に感じます。
アーティスト映画

おもろいことしてる「やまなみ工房」の映画ってことで見に行ったら裏切られた。
障害者映画ではなくて完全に芸術家のドキュメンタリー。オープンニング3分からわかるカッコよさ。作品と人柄、両方の魅力をスタイリッシュに映していて、良い意味でハートフルさはない。
あとはなんといっても施設長のオモロかっこよさ。良い意味で福祉の人っぽくない。通所してる人とのやり取りが漫才。どっちかというと芸人か芸術家かなって感じ。こんな人が福祉の現場にたくさんいたら、もっと自由で創造性のある業界なのに…
障害のある人が生きづらいのは機会と環境がなさすぎるだけ。そしてそれは健常者にも生きやすさをもたらすと思う。

監督と施設長の舞台挨拶付きで聞けてよかった。施設長の電話がヤラセで、7、8回リテイクしたとか、監督の家族にも障害者がいてネガティブなイメージを感じてること、施設長のキャラがめっちゃ濃いこととか聞けた。
aa

aaの感想・評価

3.8
やまなみ工房さんの作家さんたちの制作風景、普段の生活を映像を通して感じられました。日本ではアウトサイダーアート、アートブリュットを障害者アートという認識で広まっていますが、障害者アートだから評価されているのではなく、作品から伝わる生命力のようなエネルギーを感じ、心を動かされるからだと思います。見に行ってよかった。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「創りたいから創る 」

それだけ。

劇中にチラッと出た向井秀徳さんは
その気持ちがあって
他にもモテたいとか
名誉とか他の気持ちがあるけど
この人達には何もない。

と的なことを言ってたけど
生活の中でバックグラウンドの考え無しに
動いてる何かってあるっけな?と
考えさせられた。

舞台が関西のせいか
年齢層が近いからか
ギャグとその返しは親近感がわき
思わずくすっと笑ってしまった。

あと劇中音楽が超素敵。
wada

wadaの感想・評価

-
面白かった。昔アールブリュットジャポネ展に行った時の強い衝撃が未だに残っていたのでこの映画も絶対観ようと思ってた。パンフ無いけどまさかの地蔵の本物が売ってた(しかも¥540)。思わず買ってしまった、部屋に飾る。
取り上げ方とか脚色とか超越したところに表現があって、その一瞬は監督の意図も関係ない。
こういう作品は初めて観た。

押し込められた生と死が、やまなみ工房の愛の中で爆発していた。
それをアートとして語るのは何となく自分は違う気がした。

でも一般社会の中で地位を持って生きていくには、こういう場が必要なのかなあ…

自分の中で感想をまとめるのが難しい作品だった。
>|