フォトグラファーズ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク2013年製作の映画)

Everybody Street

上映日:2016年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.7

あらすじ

世界中から最先端のカルチャーが集まる街、ニューヨーク。様々なアクセントの言語が飛び交い、文化が混交する舞台で、新旧の写真家たちは何を見つめているのか?これは、真実と希望の詰まった一瞬を追い求めて、日夜街をさまよう15人の写真家たちの現在進行形のドキュメンタリー。世界の縮図の街への旅。さあ、ニューヨークへようこそ!

「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

YellTao

YellTaoの感想・評価

4.0
世界の縮図NYと、15人の写真家たち。
本人の声で聞く作品解説やこだわり。なんて贅沢なんだーー!

出たーーと、叫ばずにいられない伝説の
エリオット・アーウィットに、ジル・フリードマンと、ブルース・ギルデン。
そして神となったレベッカ・レプコフ。

作品だけじゃなく本人も艶っぽい、巨匠ジョエル・マイエロウィッツに、
混乱した世界の観察者から目撃者になった、ブギー。

事故や事象のハプニングと、人種や文化のカルマ。そしてラブ&ユーモア。
NYの歴史が熱く、魅力的で震えるほど格好良いフォトグラフ。
『Everybody Street』一度は目指した道。また走り出したくなっちゃった。
yurina

yurinaの感想・評価

3.8
こうゆうの観ると毎回フォトグラファーになりたくなる。笑 被写体との向き合い方がもろに写真にでて面白いなぁとおもった。ビルカニンガム出るの期待したけど出なかった、、
とり

とりの感想・評価

4.0
原題EVERYBODY STREETーーーーその名の通り皆が生きる通りを撮影するストリートフォトグラファーたちにスポットを当てた本作は写真家と被写体の距離感・関係性を浮き彫りにしつつ、様々な世界への扉を叩いてくれる。庶民の味方(=見方)という大衆性。普段誰も気に留めないような色んな人々の生活、活動を切り取ってその瞬間を永遠に刻む。シャッターチャンスはいつでもどこでも転がっている、目を向ければ。ここには幾つものリアルがあって、その興味は千差万別。価値観や考え方もそれぞれのフォトグラファーに持っていて、それを聞くのが楽しい。いい写真には対話がある、それは計画して撮れるものじゃない。写真は時を止める唯一の手段で、人類学的。あらゆるカルチャーや仕事を時代を越えて体験できるよう、それら観察者で目撃者。次から次へと出てくる写真に魅力されっぱなし。自分もストリートフォトグラファーになりたいと思ってしまうほど興味は尽きない。この街になら取り込まれても悪くないかもと思えてくる、最高。そして途中にはフィルムかデジタルか、というような避けては通れない論争にも踏み込んでいく。またその商売柄、身を守ることも。笑い話じゃないから!

Can I have a dark room?「女性たちと10秒間の恋に落ちたこともある」
「輝きはいつもそこにある」

ペンタックス、ミノルタ、4×5大判
sa

saの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

知らない人に許可なく急にカメラのシャッター顔の前で切られたら普通に怖いし気持ち悪いと思うと思うけど。それは写真撮る上で当たり前みたいな考え持つ人もいる一方で撮る許可を取ることで相手への敬意を持っていい写真を撮る人もいる。
いろんな形があるんだなぁ。でもどの写真家もすごくステキな写真ばっかりだった。
NYってただ撮るだけでも絵になっちゃうんだな。地下鉄の中での写真すごい好きだった。
まつこ

まつこの感想・評価

2.8
NYの街はどこを切り取っても画になるなぁと思った。

写真をしている人の方が面白いのかな。有名な写真家がポツポツ出てくる。
Naoki

Naokiの感想・評価

4.0
フィルムからデジタルになり、誰もが綺麗な写真を撮れる時代になった。写真家の価値はなくなるのか?NYを舞台に活躍してきた有名写真家たちへの貴重なインタビューをもとに写真の未来を考える、
hagy

hagyの感想・評価

3.0
人が写真を撮る訳なんて知ったこっちゃないはずだけど、興味深かった
Marisa

Marisaの感想・評価

4.3
これ観て改めて自分はファッションフォトグラフィーよりストリートフォトグラフィーの方が好きなんだなって思った
とても気になる方が二人いたのでメモった。写真集探そう。いろんな写真家がいろんなこと言っていて面白かった。
映像が最高
街に出るのが楽しくなりそう。
カメラ片手に外に出たい。就活終わらしたい。
>|