フォトグラファーズ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク2013年製作の映画)

Everybody Street

上映日:2016年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.7

あらすじ

「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

Ogu

Oguの感想・評価

-
昼に銀座を歩いていたらニューヨークの街を、できればドキュメンタリーで見たくなって前情報もなくタイトルだけであたりをつけてイメージフォーラムに行ってきた。
映画にはジョエル・マイロウィッツ、エリオット・アーウィットをはじめ15人の街を、ニューヨークを愛するフォトグラファーが次々と登場する。
彼らの撮影の対象となるのはギャング、グラフィティ、警官、消防士、子ども、移民と様々。そしてそれぞれの写真のことを語るわけなのだけれど、見事に誰も同じことは言わない。
フィルムかデジタルかひとつ取っても考え方はバラバラ。15人いれば当然、15通りの視点と方法がある。それでいて、目指すところだけは違わない。いい写真を撮ること。素晴らしい。
リッキー・パウエルは相変わらずカッコ良いしチラッと映るラッセル・シモンズの自宅も見られた。カメラを向けられたRUN-D.M.C.は子どもみたいにはしゃいでいた。レコードでよく目にしていたブレイカー達の写真はマーサ・クーパーが撮ったものだった。
痺れるようなパンチラインがいくつもあった。ひとつだけ、ブルース・デヴィッドソンの言葉を暗がりの中でメモした。
「答えは街にある。だから出かけるんだ」

あ、そうだ!この映画見たかったんだ!と
見たら、去年見てた。2度目の鑑賞。
撮りたい街は、やっぱりニューヨーク
東京もいいけど、やっぱりニューヨークの
裏通りのカオス。
この映画を見るたびに、またいきたいなと思う。
ストリートフォトグラファーかっこいい。
突然カメラを向けられて露骨に嫌がる通行人や不審がる通行人、そういう人達に対して無言で去っていくフォトグラファーのキチガイさも隠さず映画の中に収めていて良かった。
Yui

Yuiの感想・評価

4.0
かっこよすぎる
言葉のエネルギーもそうだし、堂々とした姿勢、自分が撮りたいものに貪欲な感じ
「羨ましいな」が率直な感想です

create your luck. いい言葉だ
N

Nの感想・評価

3.6
ストリートフォトを軸にニューヨークで活躍する写真家の写真とは何かを考える。パブリックとプライベートの境界線を意識せざる得ない現代になってきたのはニューヨークでも同じ感じがした。ストリート写真がちょっと撮りたくなってくる。
miho

mihoの感想・評価

3.8
ニューヨークを舞台に、様々な写真家が作品とともに紹介されるドキュメンタリー映画。
それぞれに哲学があって、それは相反するものもあるんだけど、それはそれで興味深くて。写真一つ一つをゆっくり観ていたいような感覚にもとらわれる。
「いい写真には必ず対話がある」
(内戦経験者の写真家)「当事者じゃなくて目撃者でいるための手段だった」

心に響くコメントも多かった。
写真好きは是非。
RIN

RINの感想・評価

-
一瞬も目が離せないシーンの数々に
いちいち意味深な一枚一枚の写真

ただただ感じとれるだけ目一杯感性を刺激してくれる

個人的には「ビートニク」を連想

まばたきする間を計っては集中して
瞼のシャッターをきるかのように
タイミングを計りつつ観てたので
こちら側としてもとても緊張感があった

なにより出てくる写真家の皆さんそれぞれ独自の一本筋が通っていて
通りに出ては
寄り道のような一本道を歩んでいる姿と勢いがとてもかっこよかった

色々奮い立たせてくれる良い作品!

間に流れる音楽もかっこよくラストのジャズがまたたまらない

でん、で呑んでいたら急遽イメージフォーラムへお誘いがあり着席したのも束の間
ものの数分で爆睡し
エンドロールで目が覚める失態〜
あの日は流れと勢いがあって良かった…

なんか流れと勢いがあるなって少しワクワクする日は

導きなんだな〜

そんな日を経てからようやく落ち着いて鑑賞
前にも後にも効いてくるスパイスとハーブ

S&B て、スパイス&ハーブの略らしいんだけど、

カシラとオシリて!

P&G て、プロテクト&ギャンブルの略らしいんだけど、

意外とゴリゴリて!
写真はずっと残るモノ
だからこそ、大事なのは撮りたいと思った時にシャッターを切ること。とても簡単なこと。けど、それができないのはモラルって壁があるからだったり。。

よーするに、KISS ME STUPIDってことかな。

創作意欲グイングインのいい映画でした
フォトグラフに対してイルでクレイジーで、なによりタレンテッドな人たち。それぞれのそれに対するベクトルは同じではないけど、それぞれなりの想い熱意が強すぎるぐらい感じられた。
フィルムじゃないきゃ、フォトグラフじゃないって、感覚。
ニューヨークでなかったら、ここまでおもしろい作品になってないと思うのは、贔屓目。
ルイ

ルイの感想・評価

4.5
ストリート・フォトグラファー

"世の中を変えなくても人に気づかせることはできる"

"1000分の1秒の具象、輝きに気づけば捉えることができる。理解しない人もいるが輝きはいつもそこにある"

"戦争中、混乱と狂気の中で正気を保つための手段だった。レンズをのぞけば当事者ではなく観察者になれる"

"美女と野獣だが、時に野獣も美しい"

"何が道具よ。大事なのは映しだす写真"

"僕は人生の記録係なんだ"
>|