フォトグラファーズ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク2013年製作の映画)

Everybody Street

上映日:2016年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.7

あらすじ

世界中から最先端のカルチャーが集まる街、ニューヨーク。様々なアクセントの言語が飛び交い、文化が混交する舞台で、新旧の写真家たちは何を見つめているのか?これは、真実と希望の詰まった一瞬を追い求めて、日夜街をさまよう15人の写真家たちの現在進行形のドキュメンタリー。世界の縮図の街への旅。さあ、ニューヨークへようこそ!

「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

なーこ

なーこの感想・評価

3.6
都会の一瞬。

この映画のポスターはセンスが良い。このぱっと目を惹く写真はもちろん作中にも出てくる。


映画も写真も同じ枠の中での表現。学ぶべきところは沢山ある。

様々な写真家が現代について、作品について語ってくれるのも有り難い。


今までアート系の写真からインスピレーションを得ることが多かった私。
ドキュメンタリー写真からのそれは「現代の躍動感を知る」ことでした。
Yuichi

Yuichiの感想・評価

3.0
全体を貫くテーマやストーリーがあるわけではない。

ただひたすらにニューヨークのストリートフォトグラファーを見せ続けるインタビュー集。

それぞれの考え方が一つに集まることなく、ニューヨークや写真に対する姿勢もそれぞれで、その多様性を眺めているのが楽しい。

写真がまさにストーリー以上のものを残す芸術だと強く感じた。
YYajima

YYajimaの感想・評価

3.5
Netflix。
2017年から2018年に何か繋がりを持たせたくて、、写真繋がりでこの映画!あと個人的にとても興味のある街がNY。早く行きたい!NYのストリートフォトグラファーのドキュメンタリー映画。写真は自分を永遠にしてくれる。って言葉が印象的だった。混沌としているNYの光も闇を垣間見れて、やはりNYが世界の中心だと感じる映画だった!カオス‼︎‼︎
Satomi

Satomiの感想・評価

3.5
酸いも甘いもの全てを受け止める都市に引き寄せられる様に人々が集まってきて、その一瞬一瞬を残したいと思う人がまたいて、その一瞬が積み重なって歴史になっていく。
都市がまるで何か意志を持った生き物のように短時間で成長していく過程を見るようで興味深かった。
NYに行ってみたくなる。
写真に対しての考え方も人それぞれで、それもまた柔軟性があって面白いとも思った。間口が広く敷居が低いエンターテイメントほど面白いものが新たに生まれる可能性があると個人的には思った。
ストリートカメラマンの写真好きやわ~
ストリートカメラマンの人が撮る写真って大体ノンフィクションやもんなぁ。あんな映画みたいな風景が普通にあって、普通にあるのを見逃してるかもしれへんのをカメラマンさんが写真撮ってていつ撮ったやつか知らんけど日本にいるこんな夜にあの写真を見れて。ええよなぁ。
モデルさんの写真も綺麗に化粧した写真もノンフィクションも見るん楽しいな。
abc

abcの感想・評価

-
インスタグラムに掃き捨てる程ある同じ様なポーズ、撮り方、服、人。退屈で記憶に強く残る写真など殆どない。likeを押してまたひとつ写真を”消費”する。そんな時代だからこそドキュメンタリー写真はツクリモノではなく、そのままを写し、ある種の美しささえある。映画中のそれを追求するフォトグラファー達の生き方は多種多様だが、一貫して変わらないことは彼らは人が好きで、例えどんな境遇に置かれている人であろうが尊重していたこと。
ピロ子

ピロ子の感想・評価

5.0
オムニバス写真集を映画にした、というと安直な感想だけど、興奮して見入ってたら終わった。
ニューヨークって凄い場所なんだな、と普通に思った。
「Everybody Street」という原題に納得した。
わーーーーって終わったので、落ち着いてまた鑑賞する。
rosas

rosasの感想・評価

2.2
相手と私の共同作業ってゆうのが印象的だった。
写真はフレームに納めるだけじゃなくて、その時その場その瞬間の全てを切り取るってことなんだね。
とる人によって、写真から見えてくる被写体との関係性が全然違くておもしろかった。
スナップ写真は撮らない。
ある歌人はエッセイにそう書いていた。言葉でとらえていなければ消えていた瞬間をつかまえて永遠にとどめておくのだ。

ストリートカメラマンは近所の売店へ行くにもカメラは欠かせない。いいショットがいつ撮れるかわからない。ストリートが興味の対象であり、仕事場なのだ。

本作は15人の写真家のインタビュー、作品、撮影現場の同行からなる映画である。
Elliot Erwittに興味を持った。作品からユーモアが漂ってくる。

デジタル・アナログへの嗜好、あるいは相手にことわってから写真をとるか、不意打ちで撮るかなど、流儀も様々である。
恐怖で手の震えが止まらなくても、ファインダーをのぞけばピタッと震えがとまると語る写真家もいる。

写真家たちは彼らのフットワーク同様にインタビューも多くが軽快だ。カメラを始めたきっかけも「友達が」とか、「恋人が」とか、とても気軽に聞こえて、自分もつい何か撮ってみたくなる。

写真家たちは軽い足取りで自由自在に動き回る。作品からは切り取られた瞬間の街の歌が聞こえてきそうだ。

「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」という邦題も素敵ですよね。
さと

さとの感想・評価

3.6
NYの写真家たちのドキュメンタリー。
それぞれの写真家が独自の視点でNYを撮る。
写真も沢山出てきて、同じNYでも撮る人が違って視点が変わるとこんなに違う世界になるってことに驚いた。

沢山出てくる写真たちは、静止の画像なのにそれぞれとても印象的で動画よりリアルで語りかけてくる感じがとても伝わってきた。
もっと色んなストリートの写真が見たくなった。
>|