永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • フランス映画
  • 永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!の映画情報・感想・評価

永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!2011年製作の映画)

Vivienne Westwood: Do It Yourself!

製作国:

上映時間:60分

3.4

「永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!」に投稿された感想・評価

アー君

アー君の感想・評価

2.4
マルコム・マクラーレンとは別の仕掛け人として、SEX PISTOLSの流れで知ったけど、パワフルで元気なおばあちゃんだな。
ANAMI

ANAMIの感想・評価

3.1
これパパがお土産って言って何故かくれて、観た記憶がある
本当にヴィヴィアンの生き方だけは憧れる
yuri

yuriの感想・評価

3.0
Vivien好きじゃなかったら流石に見なかった。ドキュメンタリーに近いので特に賛否はなし。
you

youの感想・評価

2.4
単なるデザイナーじゃない
この人の挑戦や生き方がもうファッション
mam

mamの感想・評価

2.0
ずっと前にみたアップリンクのビデオのがうんと良かった。
最後のダンナが何となくイヤ
ヴィヴィアンみたいなばあさんになりたい~
とか言うとヴィヴィアンガチ勢の女に嫌われそうだけど本当になりたいです
小物もいいけど服を着たい
ドキュメンタリーとしては超ビミョーな気がする
ヴィヴィアン・ウエストウッドの仕事ぶりを見、人生観や仕事への姿勢が知れる。
もちろん舞台裏も。
意外にもママチャリ乗りなのが可愛い。
夫婦で同じ職場、すり合わせもピリピリ、信頼があってこそかもしれないけど、難しそうな夫婦間系だと思った。
パンクな生き方はかっこいい。
阿飛

阿飛の感想・評価

3.6
ヴィヴィアンは一言で「反骨」の人
彼女のその姿勢が垣間見られる作品です。

面白いのは彼女が服飾をアート、芸術の一つだと自認してはばからないことです。
服飾は芸術かというところは議論が結構あると思うのですが(METの服飾部門など)、彼女は疑いなく信じています。
こう言うところを掘り下げて欲しかった。短いので仕方ないのかなとも思うのですけれど。
テーマは”DIY(Do It Yourself)”

「本当に興味があることをする」
「人が気づいて、初めてアートが存在する」

ビビットな色彩の服とメイク、”芯の強い少女”の様なヴィヴィアン・ウエストウッドのコレクション。ハートマーク、キスマーク、クラウンマーク、チェック柄など、女性的なデザインが何とも印象的。根本には18世紀イギリスのコルセットやドレスといったクラシカルな要素があり、ブリティッシュパンクのアナキーでモッズなスパイスを織り交ぜている。皮肉が効いたメッセージTシャツなどからは彼女の社会に対する思想や精神、強い関心が窺える。ファッションは自らを美しく見せる為だけではなく、主張のツールとしても役割を果たす。

ピリピリとした職場。緊張感が画面越しに伝わってくる。夫はブランドのクリエイティブ・ディレクターということもあり、少々バチバチしていた。今後、どうなっていくのか勝手ながら心配してしまった。しかしながら、プロの現場を見る事が出来、良かった。

Do It Yourselfをモットーにしているヴィヴィアンは、その通り自分の手でチクチクとイメージを縫い合わせていく。自らの信念や好きなものに従順に生きている彼女はロックだった。ただ、正直な感想、このドキュメンタリーはあまり内容が無かったようにも感じた。

メモ)
・ニコチン色なんて初めて聞いた。
・ポール・スミスと同じで自転車をよく乗っている。私も買おうかな。笑
nakapon

nakaponの感想・評価

1.0
うーむ。最低点は1点なのね~。何者か知らんでみたのが敗因か?誰なの~
>|

似ている作品