CRASS:ゼア・イズ・ノー・オーソリティ・バット・ユアセルフの作品情報・感想・評価

CRASS:ゼア・イズ・ノー・オーソリティ・バット・ユアセルフ2006年製作の映画)

Crass: There is No Authority but Yourself

上映日:2014年05月03日

製作国:

上映時間:64分

3.5

「CRASS:ゼア・イズ・ノー・オーソリティ・バット・ユアセルフ」に投稿された感想・評価

当時彼らが訴えていた事は
今も普遍的な物で古臭さは感じない
パンクスは卒業したけど、よくCRASSを始め色んなバンドの布パッチなどを目にするが、劇中の話にもあった通りそのほとんどがブートで彼らには一銭も入らないそうだ。
本当に彼らを支持するなら、意に反する行為だから買うのは止めよう。
話は脱線しましたが、CRASSを知らなくても社会に対して疑問や不満がある人にも是非。
black flagの小話なんかも出てきたり
今の彼らのコミュニティの映像
もう少しライブ記録があれば
chisa

chisaの感想・評価

3.5
1977年から1984年まで活動した真のパンクバンド CRASS

現在の彼らの生活の様子や
当時の話、今もブレない信念

ドラムのペニーリンボーが言っていることは古さを感じなかった
主張としてのパンクにある矛盾や欺瞞を最大限排除せんとした人達の映画
soemas

soemasの感想・評価

3.4
歴史モノとして価値があるが、編集に少し物足りなさがある。
UKハードコアバンドクラスの映画
彼らのアディチュードのハードコアさにも心動かされたが、それ以上に(主にドラムの人によって)かなり知的に戦略化されたムーブメントだったんだと知り、興味深かった
CRASS、信念がハードコアすぎる。
メンバーに上流階級のヒッピーがいたり
思ってたより活動がアートに寄ってて
今みても古ぼけた感じはなかった
メッセージも今の俺たちの不満とリンクしてて、世界はこの頃(1980年前後)からあんまり好転してないんやとおもった。
huluで興味深く見せていただきました。
Hiroco

Hirocoの感想・評価

3.0
もう一回みたいけど、もう見てはいけないような。そんな力のある一本。ちょっとナナメから見るくらいがちょうどいい。
気になってたダイヤルハウスの中にわくわくした。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
短いけど歌詞字幕見ながら曲聞くの昂ぶったし、2人の違いみたいなのが分かるのがよかった