リトルショップ・オブ・ホラーズの作品情報・感想・評価・動画配信

「リトルショップ・オブ・ホラーズ」に投稿された感想・評価

源映研

源映研の感想・評価

4.0
B級モンスター映画の中でたぶん一番センスある傑作。古き良き時代のエッセンスたっぷり。この悪ノリを楽しめる人には超オススメ。
datton

dattonの感想・評価

3.1
全体的にコメディだったのに、ラストは自業自得みたいになってしまったところだけが残念。最後まですっとぼけた感じにしてほしかった。
kupa

kupaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

古いミュージカル映画はおそらく初めて見ました。

悔しいほどに狙い通りだと思いますが、歯医者のキャラクターがめちゃくちゃ良い。ビルマーレイとのやり取りはなおさらです。
あと、デカくなったオードリーⅡを動かしてる人の技術が凄い。

最後まで幸せな主人公とヒロインですが、2人の人間を花に食わせたという罪悪感がまるでなくて笑えます。
いぬ

いぬの感想・評価

-
サディスト歯医者の治療(?)に興奮するビル・マーレイ演じるゲストキャラがいきいきとしていた

このレビューはネタバレを含みます

「This is between me and the vegetable!」

予想していたよりも楽曲がキャッチーで、終始楽しく鑑賞できた。アラン・メンケン作曲と知り、納得。とりわけ、スティーヴ・マーティンのナンバーがツボで、ライダースから白衣へのくだりは最高。確かに歯医者さんは天職かもしれない。その後のビル・マーレイとの戦いも面白かった。ハロウィンのヘンテコナイトにはぴったりだった。

メモ:

『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1960)』ホラー映画

『"(1982)』オフ・ブロードウェイ

『"(1986)』本作、ミュージカル映画
リトルオブホラーズ

ミュージカル版でした。

あはは。ミュージカルは大嫌いですが、これはなかなか、粋なブラックミュージックが沢山あって楽しかったです。

小さな花屋を舞台に、宇宙からきた、人食い植物が、人類滅亡を企てるお話。

ストーリーはワンパターンですが、植物のデザインが不気味で笑えました。
花屋で働く冴えない主人公と、
宇宙から飛来した謎の植物によるホラーミュージカル。

面白い歌唱シーンがよく挟まれるコミカルな雰囲気なので、ホラーが苦手な人でも楽しめると思います。本格的な怖いシーンも少しあるけど。
とにかく見てほしいのは今作のメインとなっている植物モンスターのオードリーⅡ。
ノリノリで歌うシーンは初めて見た時びっくりした…
CGではなく、実際にモデルを作ってパペット風に動かしているので、
CGとは全く違う迫力があります。
というか普通に怖い。

キャラクターも一人一人超個性的で、歯医者のインパクトが凄すぎました。

難しく考えず、笑いながら観れる楽しい作品です🪴
浜一

浜一の感想・評価

4.0
DVDで再見。
もっと評価されてしかるべきホラーコメディミュージカル。タイトルにホラーと付くからと言って怖れるに足らず。ホラー度数20%。コメディミュージカル80%だ。
何と言っても、あのアラン・メンケンとハワード・アシュマンの初期作品という事。この作品をきっかけにして、2人は「リトルマーメイド」、「美女と野獣」、「アラジン」を手掛けることになるのだ。
この作品でも冒頭の「スキッドロウ」、主人公カップルのラブソング「サドゥンリーシーモア」は一度聴いたら忘れられない名曲!
出演者は80年代を彩るコメディ俳優が勢揃い。主演のリック・モラニス、脇を飾るスティーブ・マーティン、ビル・マーレイ、ジョン・キャンディ。最近はリック・モラニスどうしているんだろうか?「ゴーストバスターズ」や「ストリート・オブ・ファイア」で見せていたバイプレイヤーっぷり。最近見てないなぁ。
またデッカイ、クリーチャーをCGでなくマペット操演している事も若い人には注目してほしい。昔はオードリーⅡだけじゃなく、あのジャバ・ザ・ハットもCGじゃなくマペットだったのよ。ルーカスが書き換えちゃったけどね。
chas

chasの感想・評価

-
ザ・B級感!オープニングからすごく心惹かれる!ミュージカル調で繰り広げられる展開がすごいキュートすぎる🥺💓この植物が、もはやキモカワイイの象徴でありインパクト大。オードリーⅡというネーミングセンスも笑える😂めちゃくちゃ好み映画すぎ❤︎
✏︎2021.10.5
anzu

anzuの感想・評価

3.8
小さい頃に出逢っていたら、もっと怖くて、もっとワクワクして、ずっと心に残るような作品になっていたはず。

冒頭から歌唱力満点の音楽で始まり、期待以上のミュージカル!主人公やヒロインも冴えなくて、話の展開も幼稚。でも、このB級感がたまらない。笑

そして、メインの怪物植物?がなかなかのインパクトを与えてくる。
最近のホラーに出てくる未確認生物やエイリアン等は、如何にもCGで綺麗すぎると感じてしまうのですが…オードリーⅡ(怪物植物)は、リアルに作られたような、湿っぽさといい、動きといい、気持ち悪さが絶妙笑

個人的にティム・バートンとかも最近の作品より少し古風な"ビートル・ジュース"のような世界が好きだったりするので、嬉しくなっちゃいました。

1番好きだったのは、歯医者のシーン。悪党を極めていて、もはや痛快!
ここでちょっと登場するビル・マーレイが良い味出していました笑
>|

あなたにおすすめの記事