インデペンデンス・デイのネタバレレビュー・内容・結末

インデペンデンス・デイ1996年製作の映画)

Independence Day

上映日:1996年12月07日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「インデペンデンス・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

インデペンデンスはアメリカを代表する、いや、アメリカを体現したようなSF映画だ。

内容は爽快でオススメ。そして自分が思っている以上にアメリカでウケそうな映画。演説で熱くなる光景が目に浮かぶ…。

🙌誰が主人公とも言えない、いや、みんなが主人公な構成が好き。メインキャラクターだけでなく、残された家族も含めて想いがあるのだ。そしてみんなで力を合わせて戦う雰囲気が、ラストに向けて高まっていくのが良い。

😎そしてやはりウィルスミスは最高!彼が出ているだけで作品内容としても、視聴者としても元気、活気が湧いてくる。本当に素晴らしい役者だ。

他には、宇宙船のパニックに乗じて大騒ぎする人が、渋谷のハロウィンを連想させたのと、宇宙人の解剖シーンが印象的。

👽ひとつツッコミたいのは、優秀な交信技術がある割に、見ず知らずの宇宙船が入ってきても大丈夫なのは如何なものか…もう少し早く警戒するべきでは?宇宙人さん。

いやぁおもしろかった。続編?パチモン?がいっぱいあるみたいだが、一作も見たことがない。観賞するのはいつになるかな…?


あらすじ
🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸
7月2日、国防総長は月からの発信を捉える。
宇宙船の襲来かと、世界中は期待と不安で大騒ぎ。

そして予測は実現し、直径24kmもの巨大円盤が上空に現れた。ケーブルテレビ技師のデイビッドはそれらが織りなす交信発見し、襲撃のカウントダウンを予期する。

彼の予想は的中。自体を見かねた国軍が宇宙船に攻撃するもシールドが張ってあり歯が立たない。その中で、ウィルスミス演じるヒラー大尉は運良く小型宇宙船を1機撃墜する。その操縦席で見たものは、まさに"未知との遭遇"であった…。

捕獲した宇宙人をネバダ州秘密軍事施設エリア51へ持ち込むも、そいつが暴れ出す。そこでの彼らとの交渉でこの戦いに和平などない、望むのは死のみであると宣告される。

そして7月4日、やけになって酔っ払ったデイビッドは、父との何気ない会話から敵を倒す糸口を見つける。宇宙船の電波信号をジャミングするウイルスを送り込めば、シールドが解け、攻撃が通用するのだ。

世界中のパイロットたちが力を合わせ、宇宙船を撃墜する作戦が始まる…!
🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸🛸
エイリアンがいかにも〜〜な感じだし全体的にコメディ入ったりとB級感がすごい。笑 でもコンピューターウィルスで一発!とか色んな映画でのあるある〜〜!なシーンの走りだったんだなぁ!って思う箇所が結構あった!

自転車で街中走るジェフ、飛行機酔いするジェフかわいいよ〜〜泣 ウィルスミスと2人で最後葉巻吸いながら出てくるシーンかっこよすぎて鼻水出た 笑
アルマゲドンみたいなのに弱い…(笑)
どうしてお父さんは何もかも犠牲にできるほど勇敢なの、、😩😂
ウィルスミスも大統領もかっこよかったけど1番かっこよかったのは農薬のお父さん!
Huluで吹き替えで観た。
記憶でもはもっと面白いと思ってたが、今あらためて観ると全体的にドタバタした展開に思えてしまっていまいち没入感がなかった。
主人公のデイビッド親子が相手に話を聞かせる努力を怠ってる感じがしてもどかしい。もっとスムーズなやりとりが出来るのではないか。
まあ、主人公の職業的な立場から考えるとそれは難しいのか。
ヒラーとのコンビももっと早く誕生するのかと思ってたが結構終盤のなりゆきで「こんなんだったかなー」と記憶と違う。苦笑。

映像的な部分は96年ということを考えれば結構いい感じか。宇宙人のデザインも絶妙に気持ち悪くてよい。
あとところどころに入るジョークは結構おもしろい。特に「ユダヤ人じゃない」に対して「誰にでも欠点はある」って返しは思わず笑ってしまった。
大統領が現場で戦って強い映画は好き

安倍首相が実は強いサムライ(またはニンジャ)みたいな映画みてみたい

これでウィルスミスはまった
世界各地に巨大宇宙船が飛来&攻撃→大正義アメリカ人が宇宙人に反撃→7/4に再び独立を成し遂げるSF🇺🇸
街を豪快に破壊する派手派手しさや英雄の男女比を均等にしようと一切考えてないとこ、地球人よりも科学力の高いらしい宇宙人も爆撃機は有人(有宇宙人)なとこ等々 至る所に90年代みを感じる。ただ、いま見ると現職大統領が呑んだくれベトナム帰還兵のカミカゼを称えちゃあかんのでは?と思わないでもないんだけど…小さい頃アルマゲドンのカミカゼ見て感動した記憶あるし当時の倫理観ってそんなもんだったのかなあ。
ストリップダンサー役のヴィヴィカ・フォックスさんスタイルめさ良い クローザーのレーダー警部がファーストレディ役で出てる
これぞハリウッド映画という安定のクオリティ。
前半で人類に勝ち目なしという絶望的な雰囲気を漂わせて、勝利への糸口を見つけ、最後は正義(アメリカ・人類)が勝つという。悪くいえば御都合主義。
映像は90年代の映画とは思えないくらいのクオリティで今見ても全然古さを感じない。
CG感すごいしスケールでかすぎてびびった😳
最後任務を成し遂げた二人が並んで歩いてくるシーンがかっこよくて全て丸く収まった感あったけど、
全体として犠牲者の数凄まじいと思う。
何回観ただろうか…

アルマゲドンとは違った感じで心を動かされました。

名言
お前は自慢の息子だ!!
by博士の父さん

大統領…子供に愛している!!と伝えてください。。。
by酔っぱらい父ちゃん

こんな風な言葉にツーンときてしまいました。。。
>|