インデペンデンス・デイのネタバレレビュー・内容・結末

インデペンデンス・デイ1996年製作の映画)

Independence Day

上映日:1996年12月07日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「インデペンデンス・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

展開としては読めるけど、
人類団結してエイリアン撃退する爽快感◎
大統領カッコ良い
王道展開とクサい掛け合いが良かった
ウィル・スミスは絶対に死ななそうな安心感がある
"チェックメイト"を"王手"と訳す戸田奈津子は本当に流石
タイトルに込められた意味カッコよすぎてワロタww後半に畳み掛ける愛情モリモリ激アツ展開は好き過ぎる!最後の捨身特攻は漢だ。まあそこ含めて良くも悪くもアメリカ映画特有の倫理観どうなってんねん映画でした。
「地球最後の日」的な視点で見るにしてはシリアスなシーンが無さすぎて、、「スターウォーズ」的な感じに見るにはなんか現実に引き戻されるシーンが多い、、中途半端にどっちの要素もあるせいか扱っている問題に対して軽過ぎるの映画に見えて没入感はあんまりなかった。
あとBGMが明るすぎてダメなシーン多いわ。そのテンションはスピーチ後とラストシーンだけでいい。その辺をどうしてもバトルシップと比べてしまって劣化版に見えてしまった。。味濃いめ油多め具多めの映画やね。
演説シーンだけしか知りませんでしたが、急に現れた飛行物体、カウントダウン、主要都市の崩壊と、テンポが早くスケールの大きな楽しい映画でした!敵の規模とか、ATフィールドとか、絶望感も良い感じ。

また、若き大統領、技術屋、軍人、アル中飛行機乗りと、様々な視点から物語が紡がれるのも良いですね!
バラバラだった視点が最後の戦いに収束していく様は楽しかったです。

ただ、個人的には気になる部分も。
まず、テーマについて。人類の団結がテーマの一つだと思うんですが、感動的ではあるものの、共通の敵が現れる事でしか団結できないってのはちょっと引っかかるところがあります(実際、そうなんだろうけど)。
また、王道映画であるがゆえに、主要キャラを「どうせ死なないだろうな」という目で見てしまう部分もあるかな。

しかし、何だかんだ演説のシーンは最高だったので、やっぱり良い映画だと思います。笑
みんなかっこよかった
これぞSF映画。

大統領の演説シーンとウィルスミスの葉巻シーン最高
めっっっちゃおもろー😎😎😎

まさか感動するとは、、、涙
エイリアンに仕返ししたやつ
宇宙にいけたウィルスミス
仲を取り戻したPC野郎


地球外生命体という敵によって地球規模で人類が団結できた
一つの戦いの中にも沢山のストーリーがあって、長い尺だけにしっかりした話で見応え大満足お腹いっぱい😋

やっぱウィルスミスが好きすぎてやばい結婚して欲しい
王道でストーリーの流れが簡単に読めてしまうけれど、1996年の映画だからまぁ仕方ないかな?コンピューターウイルスで敵を倒すという発想も当時は前衛的だったのだろうし。
キャラクターが無駄に多くて、特に酔っ払いのオヤジとか物語全然絡んで来ないのに、最後美味しいとこだけ持って行くという……序盤からそういう役回りのキャラだなとは予想つきましたが。

気持ちの良い位に王道をなぞっていくストーリーなので、多少悲劇があっても最後は全体的なハッピーエンドは迎えるんだろうな…と安心して見れる映画だと思う。
一つだけあまりにもご都合主義的だったのは、宇宙人が「死ね。共生などありえぬ。」と言っただけなのに、「この宇宙人達は数々の惑星を渡り歩き、資源を使い果たしている奴等」だと、大統領が言い切ったシーンですね!
共通の敵がいることで、みんなが協力する。
結束させるためには、共通の敵をつくる。
ウィルスミスが宇宙人と仲良くなる展開なのかと思ったけど違った
大統領の演説で私の士気も高まった
いろんな要素をギュッとまとめたいかにもアメリカンな作品。
危機に遭遇する何組かの家族に焦点を当てていてそれぞれの家族愛に感動した。
アクション、SF、恋愛要素、コメディと映画の楽しさが伝わる素敵な映画。
>|