宇宙戦争の作品情報・感想・評価

「宇宙戦争」に投稿された感想・評価

RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.5
ネッシーみたいな首ピョコUFOから降りてくる円グラフみたいな顔面した火星人。
もう、それだけで素敵じゃないか。
情熱。
トマト

トマトの感想・評価

4.0
火星の環境悪化で住み処を失った火星人たちが、地球をターゲットとして襲来してくる話。

流線型のUFOから伸びた触手のようなモノから光線を発射!ビーーーム!最強!
途中で、火星人の姿が|д゚)チラッッと見える。顔は、赤・青・緑の三原色だ。電子の目も吸盤のついた三本指も何だか可愛い。
シルビアが火星人に肩を掴まれて悲鳴を上げた時、フォレスター博士が棒切れでタコ殴りして呆気なく撃退。火星人自体は、めっちゃ弱いことが判明する辺りは笑えた(^ω^)v

OPとEDの親切な解説、UFOの動力や攻撃系統、化学的な分析結果を踏まえた対策と作戦などが、ストーリー展開に説得力を与えていて納得できる。
「神が創造した最小の創造物(細菌)が奇跡を起こした」なオチ。突然の幕切れも清々しくて良い♪
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
未知に対峙するアメリカ人の傲りや馬鹿さ加減をパルが見せる!(特に白旗) 最後には街が破壊、教会に逃げ込んでも、駄目なもんはダメだと映画は訴える。(勿論バクテリアは自然の産物と言うことで…) ミニチュアの精度もさることながら、Aノザキ・デザインの宇宙船が美しい!
minmi1103

minmi1103の感想・評価

3.8
昔、テレビで放送したのを見ました!
個人的にはスピルバーグssiのより好きかも!
ぺ

ぺの感想・評価

3.5
スピルバーグの方しか見たことがなかったけどこっちも面白い。
宇宙船のデザインがシャープでカッコいい。
KOU

KOUの感想・評価

3.2
そんな終わり方かーい、と思わずツッコミいれました。
SFのクラシックとして見ておく価値はあります。
Iman

Imanの感想・評価

4.3
人類が勝てない宇宙人、最後にバタバタと。何度も友達に説明した映画です。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.2
このエンディングはやっぱり好き。
地球で戦うのは人間だけではない。

対話を願って一人敵前に踊り出る牧師。

細菌を神の創造物とみなすのが、なんというか50年代のアメリカっぽい。

これ観て、スピルバーグの方の「宇宙戦争」も観てるんだな、って思い出した。
シルビア嬢役のアン・ロビンソンが巨乳!(笑)

さてまたまたやってきましたシリーズ"古典SF傑作選"。
今回は何年か前にスピルバーグ監督、トム・クルーズ主演でリメイクされた『宇宙戦争』のオリジナルです!
リメイクは劇場で観ましたが今作は初見です。

火星人が攻めてくる話し。
リメイク版は当時の技術で一大スペクタクルのサバイバル物になってましたが、今作も負けず劣らず大迫力でした!
僕は原作読んでないんでどちらがより原作に近いのかはわかりませんが、火星人の侵略が始まって逃げると言う大筋は同じでも、細かい設定はだいぶ違いました。
一般人が主役のリメイクに対し、こちらは科学者が主役なんで対抗手段を研究しようとします。
そして火星人の血液から知能は地球人より遥かに優れていても、身体的には劣っている事がわかります。
実はこれが重要なんです。
オチはリメイクも同じなんですが、この身体的特徴の解明がある事でオリジナル版のオチはリアリティのあるものになっているんです。
古い作品なのでガイガーカウンタが反応してるのに、あまり危機感が無いとか、火星人とのファーストコンタクトの時に、こちらに敵意が無いのを示すために白旗振るとか、確かに古臭い演出もありますが、軍隊の火星人への攻撃や、火星人が次々と街を消して行くところなど、今の作品にも負けない迫力でした!
僕はリメイク版にあまりハマらなかったんですが、今作はめっちゃ面白かったです!

古典SFのシリーズ始めたはいいけど、古い作品ってレンタル店にあまり置いてない!(笑)
あと何作か見たい作品あるんだけど、見つかるかしら?(笑)
初見はVHSで映像荒かったこの映画、久しぶりに観たが、今回はかなり鮮明なカラー映像だった。 

1953年の作品なので数十年前の映画であるが、とてもそんな昔の映画とは思えないほどのSF特撮が見事。
しかも、カラー映画。

この映画に出てくる宇宙船というか火星人の飛行物体の色が「エヴァ初号機の蛍光グリーン」だったとは…意外。

さすが、アメリカ映画ならではの往年の超大作映画と言えよう。
>|