インデペンデンス・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

インデペンデンス・デイ1996年製作の映画)

Independence Day

上映日:1996年12月07日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「インデペンデンス・デイ」に投稿された感想・評価

吹き替えだと
「今日がアメリカの独立記念日だ!」っていうセリフになっててクソダサいから字幕のほうがいいかも
[インデペンデンス・デイ]は、ローランド・エメリッヒ監督によるパニック映画である。今作がきっかけでエメリッヒは、(ハリウッドの破壊王)と呼ばれる事が多くなった。パニック映画の傑作としても支持されている。映画の脚本には一部不可解な場面は存在するが娯楽作品として十分楽しめる作りになっている。大統領の感動的な演説シーンは、映画史に残る名シーンとなったといえるでしょう。
いや、面白かったよ!ワクワクしたし、宇宙人キモいし、UFOデカくて綺麗だし。山ちゃん大活躍だし。ただ誰かが言ってた、アメリカの独立記念日じゃなくて地球規模の独立記念日にしてナルトの5里連合軍みたいにして欲しいっていうのは僕も思った。ナルトも結局木ノ葉の話になっちゃってたけどね
みほこ

みほこの感想・評価

5.0
大好きなSF映画ひとつ。地球外生命体の訪問からの侵略、そして反撃という展開は中弛みもなく見やすい。また、人物の心情や人間関係も深く描かれていて何度もみたくなる面白さがある。
nao

naoの感想・評価

1.0
もらったチケットがあったから観に行った。人生初の映画デートで。
宇宙人ものは、まったく好みではないことを自覚した。ある意味、思い出となった映画。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

3.5
ウィルスミスが不時着した宇宙船でタコを殴るシーンで笑ってしまった。あと、退役軍人のアル中のおっさんと大統領が並んで戦うという設定は秀逸。『ミッドウェイ』を反日映画として批判するのも良いが、その前に、これを見て監督の「作家性」を考えるのも良いと思う。
面白かった。これまでの常識を覆すデカさ!想像を遥かに越え感動。ストーリーもこれぞハリウッドという感じ。ヒーローあり、友情あり、異星人あり、愛あり、戦いあり、別れあり、ボスあり、そしてハッピーエンド。全部つまってる!
けむり

けむりの感想・評価

2.5
みました。
難しいこと抜きにポップコーンとコーラでガッツポーズする映画。お利口野郎の来るところじゃねえ。
荒唐無稽でありながら、絵作りはクラシカルで分かりやすい。
マイケル・ベイと同系列で語られがちだが、両者の映画の捉え方は完全に別物だと思う。ベイはもうちょい感覚的(どっちも好きです)
オコエ

オコエの感想・評価

4.0
面白い。アルマゲドンが好きなのになぜもっと早く観なかったんだろう、、

ダメ親父が世界救うためにハッスルしたり、
乗り物酔いひどい研究者が宇宙に行ったり、
大統領なのに、空中戦に参戦したり、、、
やっぱ家族のために戦う男たちはカッコいいですね。

サングラスかけて葉巻を吸ってる姿かっこよすぎるやん。。憧れますけど絶対似合わないし、むせるんやろなと思います。

設定にツッコミどころがたくさんあるんでしょうけど気にする方が野暮ですよね。
>|