ディープ・インパクトの作品情報・感想・評価・動画配信

ディープ・インパクト1998年製作の映画)

Deep Impact

上映日:1998年06月20日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「ディープ・インパクト」に投稿された感想・評価

きゃ

きゃの感想・評価

3.5
昔観た時はなんともなかったのに家族との別れのシーンで泣いてしまった...
ツッコミどころ満載だし矛盾点しかないが(ホワイトハウスピンピンしてて草)

イライジャ・ウッドめちゃめちゃ懐かしい
指輪物語観たくなる
ふしん

ふしんの感想・評価

3.5
隕石衝突による大災害発生まであと僅か、そんな終末世界で残り時間を生きる人々の話。

「アルマゲドン」と設定は似ているのですが、「アルマゲドン」はヒーローの活躍の話で、「ディープ・インパクト」はなす術なしの一般人の話。

私は下々の人間なので、「ディープ・インパクト」の方が共感しやすかったです。※もちろん「アルマゲドン」もエンタメとして好きです。

観ていて思うのは、「自分が同じ状況なら何をして最後を迎えるか?」ということ。

主人公たちのように、大切な家族・人と一緒に最後を迎えたいのですが、終盤の街破壊シーンで写り込んでる"こんな状況下に座って新聞?を呑気に読んでるおじさん"のように普段通りの生活をしていたい気持ちもあります。でも仕事をして最後を迎える、はちょっと嫌ですね。趣味人間なので。自殺という最悪の選択肢も、私の心の弱さから考えるとありえますね。。。

と、どんどん膨らむ妄想を抱えながら、観て、楽しめました。

あと、職業柄、レトロなパソコン周りは観ていて地味に楽しかったです。
内容はアルマゲドンに似ているがこっちの方が好きな作品。昔金曜ロードショーで見て中々面白かった作品。イライジャ・ウッドが若い笑 当時見てVFXの凄さに驚いた。
この作品を見て当時もしこんな事が実際にあったらどうなるんだろうなと妄想した。
同年公開のアルマゲドンがド派手でカッコよくて親子愛・自己犠牲諸々これでもかってほどエンタメ性が強いため、結果ちょっと影に隠れちゃった感がある。
でも違うところに重きを置いているので比べられるもんじゃないと思う。優劣をつけるなら、単に好み。

複数の家族の分岐点や決断が描かれていて、その時あなたならどうしますかと常に問われている気分になる。
そういった意味では疲れる。笑
パニックになって行く世界を見ると、規模はまるで違うがちょっと防災意識が上がる。
ゴシップの裏では、とんでもない事態が起きている。ワイドショー全盛のこの時代の裏では何が起きているのだろうか。

彗星に名前をついたニュースを見て、近所の人が自宅に集まってくる際に、犬も連れて来てるけど、あれって何なんだろうか??犬はカワイイけどね。
naocco

naoccoの感想・評価

3.6
妙にSFを求めていたので、それっぽいやつをみた こういうのはわりと社会派映画になっちゃうんだなぁということを学んだ 映画自体は面白かったです SFを求める旅は続く
小さい時に映画館で見たときの津波の印象が強かったが、今見るとヒューマンストーリーも良い!
アルマゲドンに似たような作品だったイメージ。自分は、アルマゲドンの方が好きかな。
彗星地球に接近中、爆弾でぶっ飛ばそうぜ映画
"アルマゲドン"の2ヵ月前公開

期待せず観たら意外と心揺さぶられ、泣いてしまった😢
"アルマゲドン"と酷似してますが描いている物は違うと思う
エンタメ性、ド派手なアクション、盛大な音楽、テーマソングまで強い
"アルマゲドン"の方が受けが良いのは良くわかる

対してこちらはパニック映画とかアクション映画とかではない
人間ドラマに重きを置いている
分かりやすい主人公はいないと思う、皆が皆主人公
地球の最後にどう向き合うか緩やかに、そして繊細に描かれる
家族を優先させる人々の想い、ベタながら涙腺に来ますね😢

ただ暴動とかのパニック具合を丁寧に描写して欲しかった
リアルならもっと盛大に騒ぎ立てると思う、そこが残念

"アルマゲドン"云々をコメ欄に
めちゃめちゃでかいまじもんの大津波に飲まれる老夫婦のシーンがピーク。

本当、地球最後の日の1番の過ごし方◎
>|