デイ・アフター・トゥモローの作品情報・感想・評価・動画配信

デイ・アフター・トゥモロー2004年製作の映画)

The day after tomorrow

上映日:2004年06月05日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「デイ・アフター・トゥモロー」に投稿された感想・評価

SM

SMの感想・評価

3.2
こういう映画って前半の方が面白いなぁとか思う。
後半になるに連れて段々思ってたのと違う…みたいな
ここ最近暑いし視覚だけでも涼しめる映画を……と思って鑑賞したら号泣してしまった。
仲間や家族を信頼すること、正しい知識と情報を得ること、この2つの重要性を改めて思い知らされた。
環境問題だけじゃなくて国際や人権問題にもしっかり踏み込んでて色々考えさせられる映画だったなあ。
エアコンの設定温度、2℃あげました。
(誰も最初は信じてなかったけど実害が出たらやばい❗️って焦ってる展開大好きなんだよな)
Ikoma

Ikomaの感想・評価

4.2
ローランドエメリッヒが好き
洋画を観始めた時に鑑賞した作品。地球の危機とか重大な任務を背負っている映画が好きなのかもしれない
mush

mushの感想・評価

3.5
ディザスター系のお手本みたいなね
ジェイクが若い

再開してからの終わりが急に感はちょっとあったけど
地球温暖化により訪れる氷河期を描いた気候パニックもの。気象学者の父と高校生の息子を中心に話が進みます。
個人的には定期的に見たくなる好きな映画。

温暖化なのになぜ氷河期?の矛盾は興味を惹きつける良い題材だと思います。
温暖化による異常気象が海洋循環の変動に繋がり、巨大な寒冷低気圧による寒波→氷河期となるのだそう。

南極の崩壊、NYの津波、街が凍てついていく光景、竜巻…CG部分はなかなか迫力あり、ショッキングなシーンもあり。
たった数日間ですべて崩壊してしまう自然の脅威。少し前の竜巻や雹など近年相次ぐ異常気象とリンクしてしまって、地球はいずれこの映画のような世界に向かっていくのではとかなり怖くなります。。。

ツッコミどころはそれなりにありますが、(東京が香港みたいな街並みになっていたのには驚き)、一難去ってまた一難…次々ハラハラさせられるし、街が凍っていく様子はアナ雪を思い出してちょっとテンション上がります。
この映画でジェイクギレンホールを知りました!!今見ると若い〜。
ゆん

ゆんの感想・評価

3.7
映画館で一度観たけど、大人になって観ると感じ方が変わって面白い映画だった👽

宇宙人侵略より自然災害の方が
リアルで好き。こわいけど。
パニック映画ブームはひとまず終了👽
観てるだけで寒くなるパニック映画
地球温暖化が引き起こす恐ろしい行く末
いつかこんな事が実際に起こってもおかしくないんだよな
自然の破壊力は人間の想像を超える
危機的状況の時に自体を受け入れて考えて行動出来る人は勇敢だな

税法の本全部燃やそうのくだり面白い
ティム

ティムの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スケールが壮大&没入感が強くて
アクション映画のように楽しめました

舞台の中心が『図書館』なところがワクワクする

ただ "寒いのに扉開けっ放しな所" "そもそも父親があそこまでして息子に再会する意味はあったのか" 等は少し気になるかも。
でも、観てる間は不思議と気にならない笑

"もし将来地球がこうなったら..."と想像してドキドキさせられた作品

──────────
現実寄りで考える場合、二酸化炭素などの問題だけでここまでなるのか疑問。

そうなると陰謀論で言われる"気象操作"の説が気になってくるので、それ系の面白い映画が今後作られるのをひそかに期待してます笑
りぃ

りぃの感想・評価

4.2
この先の地球で起こり得るから怖いよねぇ…ボリュームのある内容で面白かったです!
Mm

Mmの感想・評価

3.0
地球温暖化により世界各地で竜巻や洪水、氷河期といった自然災害が起きる、人類の危機を描いた作品。京都議定書とか学校で習ったなあ。何十億の人々が化石燃料に依存した生活を送っている中で、CO2排出量を減少させることは果たして可能なのだろうか。できる限り早くなんとかしなければいけないのだろうけど。
あと結果論だけど、息子に会いにいかなければ友達を失わずに済んだのに。
>|

あなたにおすすめの記事