2012の作品情報・感想・評価・動画配信

『2012』に投稿された感想・評価

maki

makiの感想・評価

3.5
姉が高校の先生にDVDをもらった時に鑑賞(当時小学生)
記憶が曖昧なのでもう一度見ようと思います
KEiGO

KEiGOの感想・評価

2.7
懐かしのマヤ歴!
先日ちょっとハイキングに出かけまして。自宅に帰ってきて「ぼーっと観れて自然を感じたいなー」と選んだ作品がこれでした笑
パンドラの箱の蓋を開けてみれば『デイ・アフター・トゥモロー』の圧勝ですが、それでも十分楽しめるクオリティ。

マヤ歴による地球滅亡説が叫ばれていた頃、ご多分に漏れず僕もしっかり中二病していたので陰謀論めちゃくちゃハマってましたw ロマンなんですよねー!あり得ないのに心のどこかで「でももしかしたら…」と思ってしまうところがくすぐられるんです。

このレビューは…短めでいいよね?笑笑
長い。

世界滅亡にしては海猿くらいのドラマ性があった。
世界滅亡じゃなくてもありそうなヒューマンドラマ。

長い。

ハリウッド版海猿。
よつ

よつの感想・評価

3.2
色んな乗り物を乗り継いでの脱出劇は迫力あったが、
「ディープインパクト」「アルマゲドン」などと比べると人間模様の描写が雑で、つまらなかった。
映画というより遊園地のアトラクションのような作品。

元妻の恋人ゴードンが有能かつ聖人すぎる。
正直特に活躍できていない主人公よりも生き残ってほしかった。

2022 128
Katsura68

Katsura68の感想・評価

3.3
WOWOWで視聴。地球全体が惑星直列に伴う地殻変動で北極南極が2000kmもずれるとかスケールがデカすぎて想像もつかない設定だが、そんな時に起こりそうな大災害をCGでこれでもかと観せてくれようとする映画はこれまで無かったかもなので、そういう意味での見応えは有り。ただしそのスケール感の割には主人公の周りの人間模様は凡庸であったり、凡人の割にはランボー並みの不死身さを発揮したりで感情移入はしづらいかな笑
INTOFREE

INTOFREEの感想・評価

3.3
内容はない、don’t think , feel

内容はないけど、映像が凄い!ほんまに、10年以上も前の映画!?ってくらい!
例えるなら、ジェットコースター映画です!
ymkun

ymkunの感想・評価

2.0
街やビルが壊れていく場面のCGが迫力があって良かった
それ以外は正直あんまりな感じ
おさる

おさるの感想・評価

2.0
当日2012年に地球が終わるかもと
話題になったの思い出しました。

CGですが、リアル過ぎるので
本当に地球でこれが起きたら、
こうなるんだろうなぁ。

怖えええぇ!と思う内容!笑

人類を生き残すために
巨大な船を中国が作ってたり、

その船に乗るためには
1人10億ユーロ必要だったり、

本当に現実世界でもありそうだなぁと
思いました。

それでも1番は人間愛!

現実世界でもそうなって欲しいと
思うばかり。
P

Pの感想・評価

-
今まで見た映画1スケールがおおきい

2回目!
→ロシア大男の「エンジンスタート」まじおもろい
EDDIE

EDDIEの感想・評価

3.6
あと30分短くまとめてくれてたら大傑作のディザスタームービー。4Kで観たので映像美はハンパない!地球滅亡の危機にすら、恍惚とした感覚を覚える。
ジョン・キューザックのカーティス家とキウェテル・イジョフォーのW主人公視点のため、余分な描写が多い。両者の視点に立てば決して無駄ではないんだけど、コンパクトにまとめてほしいという感情と錯綜する。


「そんなことある!?」な描写は荒唐無稽映画を撮り続けるエメリッヒならではで、もはや愛すら感じる。
まぁ結局のところ、この路線の映画は大好きなんです。

ウディ・ハレルソンの演じるキャラがあまりにも個性が強すぎて、主役たちも霞むのが難点。しかも彼の最期…もっと終盤までウザ絡みする彼が見てみたかったな。

〈キャスト〉
ジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)
ケイト・カーティス(アマンダ・ピート)
ノア・カーティス(リアム・ジェームズ)
リリー・カーティス(モーガン・リリー)
ゴードン・シルバーマン(トム・マッカーシー)
トーマス・ウィルソン大統領(ダニー・グローヴァー)
ローラ・ウィルソン(タンディ・ニュートン)
エイドリアン・ヘルムズリー博士(キウェテル・イジョフォー)
カール・アンハイザー(オリヴァー・プラット)
フレデリック・ウェスト教授(ジョン・ビリングスズリー)
マイケルズ船長(スティーヴン・マクハティ)
ユーリ・カルポフ(ズラッコ・ブリッチ)
タマラ(ベアトリス・ローゼン)
チャーリー・フロスト(ウディ・ハレルソン)

※2022年自宅鑑賞206本目
>|

あなたにおすすめの記事