ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「誰もいない国」の作品情報・感想・評価

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「誰もいない国」2016年製作の映画)

National Theatre Live: No Man's Land

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:150分

あらすじ

ある夏の午後、パブで飲んでいた年老いた作家ハーストとスプーナーは酒が進むにつれ会話が誇張され、事実と空想の境が分からなくなっていく。やがてパワーゲームと化した彼らのやり取りは、二人の若者の登場でより複雑になっていく――。ノーベル文学賞に輝いた劇作家ハロルド・ピンターの1975年初演作。過去の背景や現在の関係性、力関係の分からない男たちの会話劇で、“イギリスの宝”ともいうべき名優イアン・マッケラン…

ある夏の午後、パブで飲んでいた年老いた作家ハーストとスプーナーは酒が進むにつれ会話が誇張され、事実と空想の境が分からなくなっていく。やがてパワーゲームと化した彼らのやり取りは、二人の若者の登場でより複雑になっていく――。ノーベル文学賞に輝いた劇作家ハロルド・ピンターの1975年初演作。過去の背景や現在の関係性、力関係の分からない男たちの会話劇で、“イギリスの宝”ともいうべき名優イアン・マッケランとパトリック・スチュワートが競演。超豪華な二人の演技対決は必見だ。

「ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「誰もいない国」」に投稿された感想・評価

よしだ

よしだの感想・評価

3.4
彼は何者で、どうしてここへ来て、何故懇願するほどまでに頑なに部屋から出たがらないのか。
イングリッシュジョークが分からず心の底から笑えなかった。
舞台がおしゃれ。
marev

marevの感想・評価

3.5
映画館。

どうしようかと思ったがDVD出るあてもないので見に行った。

ストーリーはとりとめのない謎の会話みたいな感じでわかりにくい。
認知症だということだけはわかったけど。
おまけに日本語字幕が余計に難解にしてくれる。
でもまあマッケランとパトスチュの仲良しコンビを見に行ったので、満足。
パトスチュがコーヒーこぼしたりするライブ感はいいわw

終わった後のQAコーナーが楽しかった。
つみれ

つみれの感想・評価

3.0
800人収容の劇場で、ナイト爵の主演二人が週8回公演してるって、すごい文化だ。
わい

わいの感想・評価

-
2017年154本目
TOT

TOTの感想・評価

3.7
出て行こうと思えば出ていけるのに誰も出て行かない。
閉ざされた深い森みたいな空間で、虚実わからぬ会話を交わしながら、たまに奇妙な符号を見せる。
ピンター脚本おもろいねー!
男たちの秘められた背景を感じさせながら、不条理に空洞になっていく会話劇のヤダみをチャーミングに変えるイアン・マッケランとパトリック・スチュワートの素晴らしいケミストリーったら!
ベルボトムにヒールブーツ、皺々のスーツ、薄い運動靴、あとイアン・マッケラン曰く反核兵器運動のバッジなど、時代を感じさせる衣装良いな。
フォスターとブリッグスの口調、言葉の字幕に翻訳の苦労が偲ばれる。
本編後のキャスト座談会が楽しすぎるので恒例化してほしい。
ふらい

ふらいの感想・評価

3.0
間に休憩を挟んでの二部構成だった。
一部を観て、さあどうなるのだろ~と楽しみにしていたのに、途中で寝てしまった...。登場人物の立ち位置や関係が二転三転し、どう解釈したらいいのかな?と普段使わない頭を使いすぎたのか、気づいたら終わっていた...。なんか、すみません。他の方の感想が読みたいです。

終わった後の出演者へのインタビューが面白かったです。皆頭の回転が早い。当たり前ですが劇中と雰囲気が全然違いました。あとイアンマッケランのお召し物がおしゃれ。あのグラスが割れたのは演出じゃなかったのだな~。
パトリック・スチュアートと
イアン・マッケランの
ナショナルシアターライブ
とても楽しみにしていました!

しかし、誰もいない国は
難解でした。。
セリフが多いので字幕についていくの
が大変なうえ
翻訳も分かり難い…
もう一度観たいけど観るには高いし。

もちろん、わたしの知識が浅かったのもあります。

でも、
終了後のアフタートークが大満足でした。
イアンマッケランは
劇中薄汚れたスーツを着ているのですが
パッと私服に着替えてて
その私服がとてもおしゃれ!
出演しているみなさんの芝居愛を
とても感じるトークでした。

難解ですが、
役者の白熱ぷりは十分につたわりますよ!
本編もいいが、特典のアフタートークが面白すぎる。

にしても国として芸術への理解度が違うのを毎回まざまざと見せつけられるなー。
のん

のんの感想・評価

3.0

NTLものは3.0で統一してます。


ひとつの部屋に集う人々の、おぼろげにただよう感じが気持ち良かった。

名優二人の共演が観られるだけでもうれしいのに、今回芝居の後の「Q&A」のコーナーがあり、キャスト4人と演出家が登場。この芝居の自分の解釈と演者の解釈が同じでホッとしたり。
国内の演劇観るけどやはり舞台は格別。
この芝居の1975年の初演を観てる人たちが、今やその舞台に立って演じているという話など、とても楽しく聞けたことに演劇の本場の歴史を感じます。
>|