俺にさわると危ないぜの作品情報・感想・評価

「俺にさわると危ないぜ」に投稿された感想・評価

佐藤

佐藤の感想・評価

-
小林旭演じる主人公・本堂大介が、女忍者軍団や不良外人グループなどの争いに巻き込まれながら活躍する
以上wikiより

何か言っているようでなにも言っていないあらすじだけど、そのまんまだった。

鈴木清順の助監督と言われれば確かにって感じ
007以降のB級スパイアクションの末端にあるような作品で、知り合ったスチュワーデスがさらわれ、その行方を追っているうちに、国際ギャング団やブラックタイツ団(くの一)と三つ巴で隠された金塊をめぐる攻防を繰り広げるお話。

鈴木清順の助監督を務めた長谷部安春のデビュー作。
独特な色彩感覚と遊び心をミックスしたような奇抜な演出に、その影響をうかがいしれる。
次作の「爆弾男といわれるあいつ」からは長谷部スタイルの都会的なハードアクション寄りになっていくので、このお茶目なコミカルさは貴重かもしれない。

原作は都筑道夫、岡本喜八「殺人狂時代」中平康「危いことなら銭になる」とともにルパン三世風のお洒落な世界が楽しめます。