劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセスの作品情報・感想・評価

劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス2002年製作の映画)

Hamtaro

製作国:

上映時間:55分

3.2

監督

脚本

「劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス」に投稿された感想・評価

シーンの移り変わりの速さが異常。仲間が捕まっているのにおーいと手を振るハム太郎の深刻感の無さと姫の節操の無さが速度に拍車をかける
大活劇
速さだけで映画を面白くさせてやろうというぐらい画面が速い
ハム太郎疾走シーンのカメラの回り込み凄すぎないか?

印象をそのまま画面に落とし込むということ。アニメの醍醐味が詰まっている。
ハーモニー演出がいちいちキマりまくっててサイコー。
t

tの感想・評価

4.0
ハム太郎が砂漠の街で囚われの姫を救出したり魔法を解いたりする古典的な物語だがここでも躁的・Tiktok的推進力で貫かれていて楽しすぎる。カメラ=万年筆、ハム太郎≒Tiktok。ハムスター界のカースト的にはヤギの方が下位なのか?オルゴールから流れる旋律や笛で奏でられるハム太郎テーマ曲が物語を前に進める(ミニハムずは違うか)。
ハムジャーハムジャーハムムジャー
ハム太郎大好き民だったな

プリンセスのお姉ちゃんが好きだった気がするような曖昧
酢

酢の感想・評価

3.5
追悼本で出﨑の二つ名が「映像の魔術師」になっていたのが当時は違和感だったのだけど、これを見てなるほど納得。前作のスピード感に加えて、メルヘン情緒溢れまくる諸々の描写にやられてしまう。満月の夜、牢獄で泣く羊の涙がオルゴールの中へ溜まっていくシーンが特にヤバかった。
素

素の感想・評価

3.3
可哀想なサバクーニャ、きっと恋愛経験をしないまま大人になってしまったのだろう
歪みきった価値観や独占欲が彼に自分勝手な行動をさせてしまった
ハムちゃんずの、個性的なようで一匹の間違いを一斉に責めるような感じはどこか気持ち悪くなる
展開自体は単純だけど破綻してはいなかった
mk

mkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

(記憶にある中で)映画館で1番最初に観た映画 @品川プリンス
ゴジラと同時上映だった記憶
シェーラ姫のパフェが無性に食べたくなりました。
ライブシーンと寿司屋のシーンがすごく好きで、幼い時に見た時の心の中のワクワクとかキラキラがほんの少し蘇った気がしました。
スコアつけるとかそういうことじゃない
思い出に浸って現実逃避することが目的
ユリ

ユリの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ハムハムハムージャ・ハムムージャ
メエメエが好きだったのを思い出した

王子の声櫻井孝宏だったんだね…

似ている作品