ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツの作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : The World's Strongest

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」に投稿された感想・評価

Leon

Leonの感想・評価

3.7
悟飯のダンスシーンはZ初期映画のお約束となってきた。敵のデザインに魅力はないものの、亀仙流3人のかめはめ波や4べぇ界王拳、ベジータ戦の再現は胸が熱くなるものがある。
Yutaro

Yutaroの感想・評価

3.0
悟飯のピッコロに対する想いがめちゃくちゃいいね、もう師弟を超えて家族!
悟空の界王拳も良し!
内容は普通
ht

htの感想・評価

3.8
悟飯とピッコロの師弟関係は出来てて
ピッコロが何者かにやられる場面から始まる。

劇中に流れる、悟飯の歌がなんとも可愛らしい!前作もそうだけどアニメで見られないから新鮮です。

悟飯は確実に下級戦士でない!立派なサイヤ人の血を引いてる。
それに、界王拳4倍をまた見れるなんて!
元気玉ってどんな敵でも倒せちゃうんだね😁
全体的に地味だし敵キャラの人気も低い映画だが、殺陣は一番出来が良いと思う。
悟空vsキシーメ&エビフリャー戦なんか見応えある戦いだが、肝心のDrウィローが没個性的巨大ボスだったのが痛い。
中田浩二によるCVはやたら格好良かったが…
敵がロボット博士ということで、全体的に音楽が物静かでやたら雰囲気が不気味。少し後の人造人間編を思わせるかも。
尺稼ぎでもないのにやたら無音で背景だけ映るカットが多く独特の空気がある。

まだZ初期の映画ということもあり、アニメスタッフの試行錯誤が見えるのが面白い。地上戦がメインだったり、如意棒と界王拳で戦う悟空の戦闘スタイルは今見ると逆に新鮮で楽しい。

無印ドラゴンボールアニメとサイヤ人編の空気が混じった不思議な作品。悟飯とピッコロさん好きには出番が多いので嬉しい。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.5
何故か最後のDr.ウィローを追って空高く飛んでいくシーンが好きだった
第5作

50年の封印から解かれたDr.ウィローが、この世で一番強いヤツ(悟空)の体を欲しがる映画
Dr.ウィロー、Dr.コーチン、キシーメ、エビフリャー、ミソカッツンと敵サイドのネーミングが素敵
かすん

かすんの感想・評価

3.1
劇場版ドラゴンボール5作目。

シンプルな話の構成は前作と変わらずだが、まとまっていて面白かった。
亀仙人やブルマも端役ながらそれらしい役割を果たしていた。
敵役も使い捨ての見た目ながらちょっとした個性のあった敵幹部3人とコテコテの悪の老人科学者ドクターコーチンと謎に威厳があったドクターウィローの取り合わせ。
ウィローがコーチンみたいな役割もするかと思っていたら終始ラスボスとして風格あるセリフ回しなのが予想外で面白かった。コーチンの意外な武器ととってつけたような煽りセリフも笑える。

ネタ的にも悟飯のピッコロ愛を歌うキャラソンにてピッコロの苦しむ顔アップでの締めに笑った。
Choco

Chocoの感想・評価

2.8
おーのーわろた。
悟飯ちゃんがピッコロさん大好きでかわいい🥺💗
とし

としの感想・評価

3.2
劇場版ドラゴンボール5作目にして、初めて上映時間が1時間程度にまで達した。

自分の優れた頭脳が優れた肉体に乗り移れば「この世で一番強いヤツ」になれるのでは?!とDr.ウィローが目論む話。

ドラゴンボールの登場人物は本当に食べ物の名前が好きね(笑)

前作までと比べ、これといった目新しさはない。

22-112
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品