ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツの作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : The World's Strongest

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」に投稿された感想・評価

kaz

kazの感想・評価

3.0
通勤鑑賞25作目。

昨日観た「じゃりン子チエ」が思いのほか、懐かしく、面白かったことから、なんか懐かしいアニメを観たいなぁと思い、アマゾンさんをさまよっていたら、閃いた。

「そうだ!ドラゴンボールがあるじゃないか!」

ということで、通勤鑑賞を利用し、劇場版ドラゴンボールも制覇することにした。

で、だ。

とりあえず、この年代のドラゴンボールは、もれなく劇場で鑑賞しているにもかかわらず、あまり覚えていなかった。

普通に楽しい。

界王拳3倍、4倍!からの元気玉!

懐かしい。

星は3つだが、懐かしさも相まって3.4くらいはある。


あと、Dr.ウィローの脳味噌、デカすぎない?
ドラゴンボールシリーズのなかではあまり面白くなかった印象。まだ、あまり強くなってないからかな?
何故か他のDBのスペシャルや劇場版よりも何度も観る機会があった作品。なんでだろう。

Dr.ウィローはマモーみたいな敵。声が中田さんなのでとても良い声。

書いていてすごくどうでもいい事を思ったが、いまだに「ういろう」と「羊羹」の違いが分からない。
みー

みーの感想・評価

5.0
大まかに言うとピッコロが操られる話。
悟飯とピッコロの信頼度というか関係性がとても良いなと思った。
965

965の感想・評価

3.3
ピッコロって地声低いのに戦うときだけブルースリーみたいな雄叫びあげるとこ好き。
Dr.ウィローが蘇り悟空親子やピッコロ達が戦うお話
5作目

「この星のみんなありがとう、飛んでけー」
YS

YSの感想・評価

3.0
1990/3/10
配給 東映

東映アニメ祭りの1本。

エビフライ、ミソカツ、きしめん。。
名古屋づくし。

武天老師がこの世で一番の武武道家だったのはとうの昔じゃ、、、

ちょっと切ないね。


再見
2019/2/5
amazon prime
さよ

さよの感想・評価

3.2
ツルマイなんとか山にミソカッツンにエビフリャー…
鳥山先生出身地だからか、突然の名古屋ネーミングラッシュに地元民、腹筋が持ちません。

ピッコロさん、だいだいだいだいだーいすっき〜♪な悟飯のかわいさ。ブチ切れた悟飯のカッコよさ。
AKIRAっぽい、球形に物を破壊する「気」の描写が斬新でサイコーでした。シュインシュインシュイン!も好きだけど!

ピッコロ大魔王編を思わせる動きをした時にあのBGMが流れてアツかったです。
Dr.ウイローのキャラデザ、ぐう好き。「The 鳥山明」って感じがする。

キシーメ、エビフリャー、ミソカッツン…改めて凄まじいネーミングセンスだ。
ざね

ざねの感想・評価

1.8
Dr.ウィロー、Dr.コーチン、キシーメ、エビフリャー、ミソッカッツンと名古屋名物モチーフの名前が連ねられてる時点でサイコー。


ブルマがDr.ウィローの脳味噌を見て「Oh.No」っていうリアクションに対して「しゃれたつもりだろうが、座布団はやれん」っていうDr.コーチンのツッコミが素晴らしい。これぞクールネス。これからは「座布団はやれん」を日常会話に交えていきたい。


Dr.ウィローの戦い始めるシーンは、ラスボス登場のワクワク感(ゴエモンでいうところのゴエモンインパクト、戦隊モノの巨大ロボの出動に近しい)があってアガる。ただ、あんなけメカDr.ウィローが強いんなら悟空の身体要らない気がする。

Dr.ウィローの最後に放った攻撃すげえデカいのにちっこい元気玉に打ち負けるってのが絵的になんか残念だった。


ピッコロと悟飯の関係性、クリリンのズッコケ具合にはこれぞドラゴンボールって感じがあったけど、終わりかたのみんな笑う感じがサザエさんぽくて、アンチサザエさんとしてはヘヴィだったぜ。
>|