クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ2004年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.6

監督

脚本

主題歌/挿入歌

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」に投稿された感想・評価

miki

mikiの感想・評価

-
ちっちゃい頃見て、馬に引きずられるおじさんがめちゃくちゃ怖いイメージ
見直したけどやっぱりかすかべ防衛隊良き
小学生の頃、友達とその母親と観に行った。
初めて映画のパンフレットを買ってもらって、それからしばらく読んでいた。
映画は、どこか怖いイメージが残っている。
ふうか

ふうかの感想・評価

4.4
クレヨンしんちゃんの映画の中で一番テンション上がる!!これも好き
春21号

春21号の感想・評価

4.1
しんちゃん映画の1つの区切り

あの原恵一からバトンタッチされた水島努監督の劇場版2作目
前作焼肉ロードが完全にコメディに振り切っていたのに対して本作は割と乾いたトーンでシリーズ中でもかなりの異色作になっています。
しんちゃん映画的な演出は最後の決戦シーンぐらいで後は別のアニメを観ているようでした。

舞台が映画の中なので必然的にそうなるのでしょう。
思いっきり西部劇の雰囲気に寄せていて、
なんせしんちゃんが権力に虐げられているのです。
正直ここまで寄せなくても…と思わなくは無いのですが本シリーズは映画愛に満ちているのも特徴の1つだったのでそういう意味ではこうなるのも順当なのかもしれません。

そして本作はあの映画館を去る最後のシーンでしんちゃん成長しちゃう問題を解決しました。
あの哀愁漂う切り口で今までのしんちゃんもきっとああいう風に日常に帰って言ったのだと示してくれました。
あのシーンによって本作はしんちゃん映画に1つの区切りをつけたのです。
しんちゃんが映画から帰ってくる。
象徴的なシーンだと思います。
本作の次があの3分ポッキリっていうのがもう…

過小評価されがちな本作ですが個人的にはすごく面白かったです。
是非
kujira1118

kujira1118の感想・評価

4.3
ファイヤー!のシーンをなぜか十数年前見たのに覚えてた 全てを語らない終わり方も好きな映画

しんちゃんが本気で惚れたヒロイン
情雨

情雨の感想・評価

4.0
しんちゃんたちって、なんでこんなにカッコ良いのか!真剣な時ってみんなカッコ良いよね。
あばよ

あばよの感想・評価

3.5
「サリンジャー」とか「インターセプター」とか言ってるのは笑いました……
オチはいやわかってたけど……切なすぎる……
masa

masaの感想・評価

3.5
椿ちゃんは

映画の中の人物説。
現代の人ではない説。
実はシロが椿ちゃん説。
春日部の記憶がなくなっているため帰れなかった説。

とかあるけど
シロに生まれ変わった説
かなと個人的に思う。

昔過ぎて現代に戻って来れなかったけど、シロに生まれ変わって戻ってきた。

自分の中ではこれが一番しっくりきた。
吉田

吉田の感想・評価

3.6
メインストーリーに入るまでの導入部分がしっかりしていて緩急もハッキリしているので子供も大人も楽しめるアニメ映画だった。
クラウス・キンスキーやユル・ブリンナーっぽい人たちが出てくる西部劇からの引用が鬱陶しくない程度に差し込まれていて面白かった。
終わり方が切ないですが今まで観たクレヨンしんちゃんの映画の中では一番好きかもしれないです。
クレしん映画の中で1番好きな映画
少し暴力描写が多く子どもの頃は怖いって感じてあまり見れなかったので再チャレンジ
大人になってから見るとしんちゃんの優しい心に涙腺崩壊
蹴られても、無視されても立ち向かう強さに泣いちゃうよ
記憶を失くすことって凄く怖いし、悲しいなって強く感じた
つばきちゃんとしんちゃんが踊ってるEDめっちゃ好き
>|