クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ2004年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

3.6

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」に投稿された感想・評価

法一

法一の感想・評価

2.8
 冒頭の映画館がいいですね、ちょっとツァイ・ミンリャン『楽日』を思い出した。映写されてる映像の不気味さもなかなか。

 クラウス・キンスキー(『夕陽のガンマン』)とか、『荒野の七人』ネタとか、他にもペキンパーだのイージーライダーだの、対象年齢が高すぎるネタばかりで、子供はこれ見て楽しいんかという疑問がわかなくもない。一方(いちおう)大人として一番不満なのは語りの不味さで、風間くんが何かエリートがどうのと言いだすくだりとかマジ要らねえと思うし、マイク水野と野原ひろしの説明台詞も良くない。

 なぜか人気らしいつばきというヒロインは個人的には全く魅力が感じられず。ラストの素っ気なさには驚いたが、あそこで何かあったとして「それ『戦国大合戦』じゃん」って話だしまあ別にいいのか。いいのか?
Natsuna

Natsunaの感想・評価

4.0
泣けてしまう。
いろんなものが詰まってて、大人でも楽しめる。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.5
ストーリーはちゃんとしていて大人が観ても〇。

ネバーエンディングストーリーテイスト。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
いろんなものが詰まった映画だった。
しんちゃんの語りとかみんなへの話し方とか、声にぐっと来た。
つばきちゃんといる時のしんちゃんがいつもとは何か違って可愛いかった。
ラストの戦うシーンがすごくわくわくして楽しかった!
最後はすごく切なくなったし泣いたけど、エンディングではほっこりした。
歌も良かったな〜。
寂れた映画館で人知れず流れる西部劇映画の世界に入り込み、映画の完結を目指す、映画好きとしては羨ましいストーリー。カスカベボーイズの友情としんのすけの恋模様が素晴らしい。グレた風間くんの台詞は笑える。それ、5歳児の悩みかよ。恋の行方は途中で思い出して、うぁぁぁと叫びたくなった。
Mikami

Mikamiの感想・評価

-
クレヨンしんちゃんのかざまくんとしんちゃんが一回友達じゃなくなってそのあとまた元に戻る系の回、好き。
くま

くまの感想・評価

3.0
・リアル鬼ごっこ楽しそうで何より
・ヒロインがくれしんらしからぬタッチ
・ギャグタッチにしてはいるけど、みさえの知事邸でのシーンとか結構トラウマもん
・ぶりぶりざえもんが書けなくなったのにはほんと焦った
・子供達のバイタリティが凄い
・まさかのヒーローもの
・ラストやっぱそっか〜
・でも名前とか服装とか気になる
ピエロ

ピエロの感想・評価

4.3
ストーリーの設定がしっかりしてて見応えあった。

舞台がもう閉館した映画館の映画の中の世界っていう設定なのもすごく良かった!
さらにだんだんカスカベにいた頃の記憶は薄れていくという

クレしん映画の中では余韻に浸れる作品なのかな~

やっぱりつばきちゃんが○○○だと知った時はなんとなく予想してはいたのに切なくなった。
からのエンドロールね…

EDテーマもよきだったです。
ジョバ

ジョバの感想・評価

3.3
久々にクレしん映画〜

思ってた以上にシリアスな内容でビックリ笑笑
もちろん、コメディも忘れてなく 笑えるんだけど 雰囲気 全体が 重いかな?

なかなかストーリーが進まなくうーむ、と思ったけど、野原一家 春日部防衛隊が活躍するところは、やっぱり面白い(=^ェ^=)

最後の最後にきになるポイントがあって気になった
結華

結華の感想・評価

3.6
風間くんを助けに来るところ、しんちゃんの切ない恋心、シロが迎えに来るところなどジーンと来てしまうシーンが多々ある。
みさえのあの唄は面白い(笑)
>|