ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

jemica

jemicaの感想・評価

4.6
主人公アンディーの刑務所の中でも自分を見失わず、希望を捨てない姿が素晴らしく良かった。どんな環境に置かれても、どんなに苦しくとも自分の道を切り開いていくのは自分自身なんだなぁ。
ラストもすごくハッピーで心が温かくなり、自分も前向きに生きようと思わせてくれた。これは名作!!
花

花の感想・評価

4.8
これまでに何回も見たし、何度でも見たくなる映画。
屋上でみんなでお酒を飲んでるシーンが好き。
Aoi

Aoiの感想・評価

4.5
どんな環境だろうと自分の世界を失わない男の話と思ってみていたら、そこにすら収まらない器の持ち主でただただ驚いた。
wanda

wandaの感想・評価

3.8
冤罪で刑務所にいれられたら絶望しかないし、実際、主人公アンディが直面する壁のなかの現実は希望がないようにみえれるけれど。
次第に刑務所内で仲間ができ、中でも、アンディとレッドの長年に及ぶ交流がとても良いし、羨ましくもあり。映画はその描き方が上手すぎるので、私はこれ以上なにも書くことが出来ないや。
ra

raの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

無実で投獄されたアンディーが刑務所の中で生きていく中で。表紙でもあるあのシーンの絶大なインパクトは忘れられないだろう。音楽の力により、全員が僅かな「自由」の時間を過ごし空を見上げるように聞いているシーンも良かった。アンディーとレッドの会話、一つ一つに深い意味があり、観ている人たちにも何か伝えようとしているのではないかと捉えられる。"必死に生きるか" "必死に死ぬか"自分自身に問いただして生きていこう。
Anastasia

Anastasiaの感想・評価

5.0


ラストシーンを描かないという近年の映画のジレンマを生んだ作品なのかも。この映画のラストシーンの美しさを超えられないあまりに。byたろう

なるほど。あるかも。
琉太

琉太の感想・評価

4.5
prime
25年振りくらいかな2度目の観賞
ティム・ロビンスを余り好きでないため今回もそれほどノメリ込めなかった
刑務所で屋根塗る話は好き
モーガンフリーマンはどんな作品でも安定していて凄い
映画に出てくる刑務官って皆腐っているイメージ
刑務所に長年居ると塀の外の方が暮らし難いとは皮肉だな
清々しい作品だけど所長の自殺は今一つ
トラ

トラの感想・評価

3.9
観れてなかった名作
何があっても希望を捨てず
知恵と信頼はとても大事

このレビューはネタバレを含みます

希望を持ち続けた主人公が
19年越しに幸せつかんだけど、結局それで解決??その19年の苦しみはこれから取り戻せへんやろー
モーガンフリーマンたまらん
zozo

zozoの感想・評価

-

名作だけあって鑑賞後のカタルシスは想像を裏切らなかった。爽快。

ただ全体を通して、自分はこの映画に潔く感情移入はできなかった。

時に理不尽な苦痛を強いられることもある世界を私達は生きているけど、その時に怜悧な彼のように上手く物事に対処できる人なんて、そう多くはないでしょ。

希望を抱いていれば救われる、そんな綺麗事を言えるほど簡単な世界じゃないと自分は思っちゃうな。(まあ逆に希望を抱かなければ、何も行動しなければ、救われない事が多いってのもまた然りだろうけどね。)

だから彼のように武器となるもの(今作の場合では“深い教養”)を身につけておく事の必要性を改めて感じさせられた。


希望を持てば救われる!って言ってる人、
間違ってるでしょ。

アンディでも希望だけじゃ未来は開けなかった。

備えあれば憂いなし。
あなたはそれに見合った努力を積み重ねていますか?
>|