エディ&マーティンの逃走人生の作品情報・感想・評価・動画配信

「エディ&マーティンの逃走人生」に投稿された感想・評価

琥珀

琥珀の感想・評価

3.0
ん〜イマイチ。
冤罪悲し過ぎ!
でも最後の最後で出られて良かったです。
Yui

Yuiの感想・評価

-
Ma questo non è l’orologio del mio padre
てるる

てるるの感想・評価

3.3
タイトルからして「オー!ブラザー!」みたに刑務所から逃げる話かと思ってたけど、逃げない!
思ったより逃げないよこの人たち!

エディ・マーフィとマーティン・ローレンスだからめっちゃコメディなのかと思いきや意外とシリアス。
逆に言えば重くなりすぎないので見やすいかも。

エディ・マーフィーが殺人鬼のフリするとこあたりはさすがだけど。

それでも前半は刑務所で自分なりの立ち位置を見つけていく感じが面白い。
後半が結構グダグダ。

あとエディが脱走しても撃たれないのに、他の人が脱走すると即射殺なのはちょい可哀想。

因果応報なシーンがあったのはスッキリ!
犬

犬の感想・評価

3.3
南部

しがない詐欺師が次なるターゲットに選んだのは、銀行に就職が決まった男
そんな2人は、成り行きから刑務所へと収監され……



少し笑える

刑務所の中
なかなか強烈でした

長年を描く
雰囲気良かった

時代も感じる

2人のキャラが濃いです
記録
最後まで希望を捨てない二人に感動。
重い背景なのに重々しくない。
悲惨でかわいそうな2人なんだけどエディマーフィーとマーティンローレンスのおかげでいいバディコメディになってて良かった
60年以上脱走を諦めない精神は凄いと思った
【無実の罪で囚人に!そんな二人が奇跡を起こす】
《2019年219本目》

殺人の濡れ衣を着せられた"レイ"と"クロード"。その2人の刑務所生活40年間を語る映画。

エディ・マーフィとマーティン・ローレンスの掛け合いがおもしろかった!友情あり笑いありでいい映画でした。
そして、刑務所の中で囚人と仲良くなるところはよかったです。

そして、とても考えさせられる作品。人生の40年間を無実の罪で刑務所に収容。だけども二人にとっては悪くない人生なのかもしれない。

必ず奇跡を起こすと願うのだから……( ;ᵕ; )
レク

レクの感想・評価

3.8
無実の罪で終身刑を言い渡され刑務所送りとなった2人の男の生涯を綴るコメディ。

重たいテーマの中で、エディ・マーフィとマーティン・ローレンスの2人の掛け合いが和やかな空気感を醸し出す。
刑務所で過ごす失われた歳月。
会話劇や物語の中に含意する黒人差別や冤罪の怖さとかけがえのない友情。
最後まで希望を捨てなかった2人の男の人生を楽しもうとする意志を見た。
ネトフリで掘り出し物の痛快コメディを発見!エディ・マーフィとマーティン・ローレンスという激アツなコンビ!!

スリで生計を立てているレイとチンピラのクロードは、密造酒の購入を画策し成功するも、全く関係のない殺人事件に巻き込まれ犯人として濡れ衣を着せられ、投獄されてしまう。終身刑を言い渡されたまま、長い年月が経ち...。

1932年のハーレムから始まり、現代(映画製作当時の1998年)まで描いているので、コメディ映画としては規格外のスケールの一大叙事詩。何十年間も牢獄で過ごさなければならなくなった2人の黒人男性の波乱に満ちた生涯を極めて明るく描いていて、とても観やすかったです。あまり同じ括りにはできないけれど、それこそ『ショーシャンクの空に』がお好きな人はかなりライトな監獄ものとして楽しめるかなと。
とはいえ、ただでさえ激動の時代なのに、公民権運動前夜に白人看守たちと向き合わねばわならなかった黒人たちの苦悩もしっかり描かれていて、ドラマ性もありました。エディのシリアスな演技は『ドリーム・ガールズ』でしか観たことがなかったので、本作も新鮮でした!(もちろん賞が全てではないのは分かりつつも、個人的にあの年に彼がオスカー助演男優賞を獲れなかったのがショックすぎて未だに引きずっていたり...笑)2人の老けメイクはちょっと無理矢理感ありましたが!(笑)
今は亡きバーニー・マックも元気な頃でちょっと切なかったです。良い俳優さんを亡くしてしまったなぁ...。

目の前に希望があるから人は頑張れるものであって、その希望に到達できる直前に形成逆転してまたそれが先延ばしに...の繰り返しのレイとクロードの人生。普通は確実に誰もが鬱状態になるはずだけど、それでも明るく日々を生き抜く2人の姿には誰しも鼓舞されるはず。
すごく過小評価されている作品のように感じます!もっと色んな方に観て欲しい!!
無実の罪で終身刑とされた二人が90歳になっても希望を見失わずに強い心を持ち続けた話。
おじいちゃんの話かと思ってましたが、投獄された若い時代から90歳までの長い年月を見せられることによって二人に感情移入しました。
ジャンルはコメディですが、中々深いテーマでした。
>|