ボーン・レガシーのネタバレレビュー・内容・結末

ボーン・レガシー2012年製作の映画)

THE BOURNE LEGACY

製作国:

上映時間:135分

3.3

「ボーン・レガシー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジェレミー・レナーだ、ワーイ!って見始めたらシリーズものだったので戸惑った。「ボーン」がシリーズ名だったの初めて知った。
集中して最後観てなかったせいだと思うけど、ストーリーも正直なんかよくわからなかった。
ボーンシリーズこれだけ観てなかったのでレンタルにて鑑賞。なんかめっちゃわかりづらい。急に過去の回想入りまくるせいでよくわからん。主人公は特殊な薬物の投与により人格と肉体を改造し、強靭な精神と驚異的な身体能力を持った暗殺者を造り出すアウトカム計画の最高傑作と言われるアーロンクロスであり、ジェイソンボーンは全く出ませんでした。この主人公は定期的な薬の摂取が必要で、その薬を飲まなくてもすむ血清を奪いにフィリピンのマニラに行ってそこでアクションが色々始まるけど、それまでがめちゃくちゃのんびりしてた。んでマニラでのアクションシーンも敵は同じCIAの特殊工作員で派手なアクションを期待してたけどそれも微妙で、最後はあっけなく死んだのでよくわからないまま終わりました。
だいぶスロースタートな映画です。
開始1時間ぐらい、なんか面白くない。
やっと後半面白そうになってきて、ラストは、あ、これで終わり?みたいな映画です。

ボーンシリーズに乗っかって売り込もうと思ったら失敗しちゃったみたいな作品です。

アクションはカッコいいです。
ボーンシリーズの系譜を受け継いでると思います。
ジェレミーレナーかっこいい😇
序盤の、雪山で無人機に襲われたりオオカミ囮にしたりとかは面白かった☺️
あと、家で襲われたヒロインを助けるシーン!ドア越しに撃って倒すのカッコよかった
でも、その後はちょっと退屈だったかも…🌚
ハリウッドのメソッドで出来上がってる感しかないが、まあ面白いには面白い。

ジェイソン・ボーンシリーズ4作目にしてスピンオフ作品。なので、ボーンは登場せず、同じような境遇にあるアーロン・クロスが主人公。

政府の悪い役人が使い捨てのスパイスを切り捨てていく中、主人公だけがなんとか切り抜けていくのだが、まあストーリーはあまり大事じゃない。

雪山、研究員の家、マニラの中でのアクションシーンはそれぞれ軽快でカッコいい。ただ、マニラでの追いかけっこは少し長すぎた感が拭えない。せっかく、マニラで大々的にロケをしたのだから長尺で使いたかったというように見えてしまった。

シリーズ次作との関連性はまったくないようだけど、ジェレミー・レナーやエドワード・ノートンらのキャラクターは惜しい気がするので、ボーンの登場する作品で見てみたい。

レイチェル・ワイズは前半あまりにもうるさかったからお腹いっぱいです。
物語が進むに連れ、展開にスピード感が出てくる。敵が主人公を追いかける、追い詰める演出は見応えあった。後半のアクションやカーチェイスだけでもチケット代を払う価値がある。

主人公は「アベンジャーズ」のホークアイだったんだね。

このシリーズの他の作品は観たことないから、一度観ておこうかな。

まず初めに、あらすじや設定をよく確認しなくてはならない。

演出やシーン切替等は工夫が見えるが、肝心な物語がよく伝わらないかもしれない。

要するに土台がしっかりしていない。

しかし、見ればまぁ何となくこういう経緯があってこういう目的があるのだなぁ。と理解は出来るが、脈筋がパーツ化されている為、奥深さは感じることは難しいだろう。

アクションシーンはさすがと言ったところ。多少無駄が多い点もあったが、それも含めて良かったと言えるだろう。

役者の演技力に関しては文句なし。

結論としては、内容が初見だと複雑に感じる映画であった。よく分からないワードばかりが飛び交って混乱してしまう。しかし、演技・演出・アクションはそこそこである。

あと、終盤に出てきたポンコツ窃盗おじさん(CIAの切り札の自称最強エージェント)はなんなんだ一体。あのおじさんのせいでこの映画の評価は下がった。

無人機による対地攻撃でも死なず、CIAのプロ達をもなぎ倒した主人公を相手にオシャレな格好したそこら辺にいそうなおじさんが倒せるわけがない。

しかも、呆気なく蹴られて事故って死亡という結末はアホすぎる。

ギリギリで逃げ切り次へ続くとかならむだ理解できるが、、
CIAの薬覚醒による人間兵器作戦中止による抹殺指令から逃れたアーロンと科学者がマニラでカーチェイスそして船で逃走
ボーンシリーズ 四作目

今回はジェイソン・ボーンは出てこず。
新しいエージェントがメイン

これまでのボーン映画はカーチェイスがメインで見所であったが、今回は、バイクチェイス?がメインでこれまた素晴らしかった。

ただ、他に特にすげーとなるところがあんまりなかったのが残念。
ん〜なんかアクションシーンが少ない気がする
てか肉弾戦がもっとあったら良かったのに
それが始まったらキレッキレやのに
結局めっちゃ強そうなやつとも直で戦うことなくかってにバイクでこけて死ぬっていう
>|