女王陛下の007の作品情報・感想・評価

「女王陛下の007」に投稿された感想・評価

1969年公開の007シリーズ第6作。
ジェームズ・ボンド役を
ジョージ・レーゼンビーが演じた唯一の作品。

最初の海辺のシーンで、
新しくなったボンド役の自己紹介を
ボンドガールと画面を見ている視聴者に向けて。

金庫が開くまでの間に事務所に置かれていた
PLAYBOY誌のピンナップを気に入って、
切り抜いて持って行ってしまうシーンが好き。
あんなに緊迫した場面なのにな!

ドローンもない時代にどうやって
あんな迫力ある空撮をしているのが不思議だったが、
調べてみてビックリした。
カメラマンが大量の命綱をつけたヘリコプターに
吊り下げられながらの撮影だったのか。凄すぎる。

ボンドがヒラリー卿に変装して敵のアジトに潜入する場面では、
ヒラリー卿のクセのあるイントネーションを完璧にマスターしていて、
おお、素晴らしいと思っていたら、実際はアテレコらしい。

脚本の出来は置いといて、
いつもよりも人間味があるボンドが良かった。
賛否あるらしいが、
彼女への愛を貫くボンドが自分は好きだ。
minyu

minyuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

メイキングみる前はうーんって思ったけどやっぱりこだわりとか聞くとすごいなーって思った、ただいつも新しい武器紹介みたいなのがなかったのが寂しかった、次回作は復活してるかな?
相変わらずアクションの所良い!
初ジェームズ・ボンドが交代で最初違和感あったけど良かった!
今まで観た007の中で恋愛深い感じがした。
最後007完結かと思った。
ふるち

ふるちの感想・評価

4.3
シリーズで一番好きかもしれない。荒削りだが骨太なボンドをジョージレーゼンビーが演じている。衝撃的な結末は歴代最高。ジョンバリーの楽曲もカッコいい!
YOU

YOUの感想・評価

4.5
スタイリッシュでクールな新しいボンドでカッコいい!
特にアクションはキレがあって楽しめた!!
雪山のシーンや派手なカーチェイスもあって、今までとはまた違う007だった。
ボンドガールも今までより勇敢な強い女性で新鮮!
ボンド役の交代劇やラストのある衝撃的なシーンについては事前に知ってしまっていたので、これをリアルタイムで観ていたらまた自分の感想も変わっていたと思う。
個人的には、クライマックスで007のテーマがかかるタイミングとか最高!!
犬

犬の感想・評価

3.3
催眠術

細菌戦争を企むスペクターを相手に、今回ボンドは貴族になります

新しいジェームズ・ボンド、ジョージ・レーゼンビーを迎えたシリーズ第六作

女好き感は薄め
女性陣は寄ってきますが

アクションはまあまあ
ケーブルはヒヤヒヤ

カーリングにボブスレーに冬の競技がたくさん

雪山も印象的
あれに注意しましょう

ダイアナ・リグの衣装は見もの
結婚はするものの、、
きなこ

きなこの感想・評価

3.6
今作のボンドガール、トレーシーがすごかった!
美しく、かつ剛胆。最後まで観ると、ボンドが本気で惚れちゃうのも納得って感じでした。これまで観てきた『007』作品に登場するボンドガールの中で、(第一印象が良くなかったり、再登場まで間が空いたので、途中存在忘れちゃったりしましたが)彼女が一番好きです。だからラスト!おのれ!ブロフェルド!

ボンドを演じる俳優がショーン・コネリーからジョージ・レーゼンビーに変わっても、戦った後に食べ物をつまみ食いして去るのは変わらないのかと序盤から笑いましたwコネリー・ボンドと比べると、レーゼンビー・ボンドはセクシーさには欠けますが、余裕のある感じは変わらなくて良かったです。

アクションに力を入れていて、見応えがありました。
スキーチェイスはスピーディーで緊迫感もあって、敵含めてすごかったです。まさかスペクターのトップがあんなにスキー上手だとは思ってなかったので、ブロフェルドには驚きましたw(猫抱えてるスキンヘッドというイメージしかなかったw)『サンダーボール作戦』でも感じましたがスペクターって幹部がめっちゃ前線に出てくる犯罪組織なんですね。

「雪山頂上にある研究所」で『キングスマン:ゴールデン・サークル』を思い出しました。元ネタはここ?
二代目ボンドは、矢吹丈ばりの右ストレートと、力石徹ばりのアッパーカットが得意技っ!
って、この頃のボクシングは、あんな大振りパンチで殴り合ってたのかな?
迫力あったw
景色もいいしねー。
海沿いのワイディングロード。
アストンマーチンの小ぶりのハンドル握って走るとか
心がノビノビしますねーw
なんだか思いっきり暴れたいw

スイス行きたい。
スキーやりたい。
カーリングやりたい。
ボブスレーやりたい。
地元の子供のフィギュアスケート見たい。
ロープウェイ乗りたい。
馬二頭立てのサンタクロースが乗ってるようなソリ乗りたい。
いいなぁスイス。

んでまた、この時代の車がかっこいいですよねーw
真っ赤なフォード マーキュリークーガー。
何故にアメ車?
あんなボッコボコになるくらい雪道乗り回してみたいw
久しぶりにグランツーリスモ引っ張り出して遊ぼうかな。
それから、雪山山頂の施設での、ヘリで強襲かけての銃撃戦w
コールオブデューティーやりたくなった。
飛べ!ローチ!
漫画とかスイスとかゲームの話ばっかですいませんm(_ _)m

ダニエルクレイグ版以外の007は
テレビでつまみ観するくらいで、
最初から最後まで観たことなかったんですが、
シリーズひと通り観てからダニエルクレイグ版007を観ると
なんだか違った観方ができそうですねー。
こっちのボンドは、スケベエで身を亡ぼすタイプっぽいしw

なにがなんでも美女をはべらそうとする精神に乾杯。
今回の美女軍団は、世界から集められたアレルギー患者でした。
美女である必要がないでしょw
とツッコミの入れられる、この幸せw

そうした諸々も含めて、面白かったです(^^)/
サブマシンガン撃ちたい。
ルイアームストロングの歌、久しぶりに聴いた。

ちなみに、女王陛下は全然出なかったですw
なお

なおの感想・評価

3.8
レーゼンビー、アクションがお上手。共演者やスタッフとあまり合わなかったみたいで、ちょっとわがままな俳優さんみたいです。
レーゼンビーの007、この作品だけだけど、なかなかよかった。音楽もいいし、ボンドガールのダイアナ・リグのファッションや髪型が今観てもなかなかお洒落~ラストは切ない。
xxx

xxxの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

二代目ジェームズ・ボンドはジョージ・レーゼンビー。コネリーボンドが好きすぎて観てる最中何度かショーン・コネリーが恋しくなった。『女王陛下の007』のアクションシーンは他と比べて(まだ全部観ていないが)迫力満点で凄く好き。スキー、スケート、ボブスレー、カーリングなどタイムリーな話題の競技が多かった。最初のMとボンドの辞職についてのくだりが好き。マネーペニーに「君は恩人だ。ありがとう。」なんて言っちゃって。お互いに素直じゃないところが良いね。前作からの思い出に浸るシーンも好き。オープニングテーマでも懐かしのボンドガールが出てきたり。しかしラストは切なすぎた。世界は2人のものなんだ。他のボンドにリメイクしてほしいと思ったがやっぱりジョージ・レーゼンビーが一番のハマり役かもしれない。彼の優しげな表情が良かった。そしてルビーが可愛すぎる。twiggyに似てる。The60'sって感じの映画だった。
>|