女王陛下の007の作品情報・感想・評価・動画配信

『女王陛下の007』に投稿された感想・評価

理事長

理事長の感想・評価

3.4

✒️作品情報
『女王陛下の007』は、1969年のアクションスパイ映画。
映画「ジェームズ・ボンド」シリーズの第6作目。
原作は1963年に出版されたイアン・フレミングの同名の小説。
ショーン・コネ…

>>続きを読む
文玧

文玧の感想・評価

-

これとカジノ・ロワイヤル(それも1967年版)しか観ていないんですが
エドガー・ライトが撮ったら観に行こうかなと思っています。
どんなの作るか楽しみになる。

ダイアナ・リグをラストナイト~に出演さ…

>>続きを読む
ジョージ・レーゼンビーのジェームズボンド。この回のラストは衝撃的でした。
ホセ

ホセの感想・評価

3.2

ショーン・コネリーに代わり2代目ボンドとして、ジョージ・レーゼンビーを起用。
当時あまりの酷評に今作で降板という憂き目にあってしまう。

しかし、宿敵との対峙を軸にボンドのロマンスがあり、雪山でのア…

>>続きを読む
ranlabo

ranlaboの感想・評価

4.0

ショーン・コネリーに代わってジョージ・レーゼンビーが主演。
ジェームズ・ボンドの軽薄さがやや強調されているが、ラストの鬱展開はきつい。
確かに子供の頃に見て受け入れがたい気持ちになったのを記憶してい…

>>続きを読む

初代Sean Connery:Dr.No
2代目George Lazenby:女王陛下の007
3代目Roger Moore:死ぬのは奴らだ
4代目Timothy Dalton:リビングデイラ…

>>続きを読む
女たらし感弱めのジェームズ・ボンド。
スキーのシーンが熱い。クリスマス映画。

007 69年 6作目 2代目ジョージ・レーゼン
世界的犯罪組織「スペクター」のボスであり長年の宿敵でもあるブロフェルド(テリー・サラバス)の居所を突き止めたジェームズ・ボンド(ジョージ・レーゼンビ…

>>続きを読む
もはや伝説とも言えるスキーで逃亡するシーン、異常な熱気でびっくり。
レーゼンビイボンド、もうちょっと見たかった…
そしてラストのあのセリフ、ノー・タイム・トゥ・ダイで引用されているとは…

2023 #010
ロケ地:シルトホルン(スイス)
    ピッツ・グロリア

★★個人評価★★
5.0 何度でも見たい
4.5 絶対また見たい
4.0 また見たいと思っている
3.5 十分楽しんだ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事