ウィズ・ユーの作品情報・感想・評価

「ウィズ・ユー」に投稿された感想・評価

先日の印象に残っている子役のレビューで、思い出して再鑑賞

役者としての印象が強いティモシー・ハットンの監督作品。
兎の巣にもぐったり、中国まで穴を掘ろうとしたり(住んでいるのはペンシルバニア州)、空飛ぶ絨毯を作ろうとしたり、道路で石を売ったり…しちゃうママ大好きの夢見がちな10歳の少女を演じたエヴァン・レイチェル・ウッドが最高だった♪
母親は離婚の慰謝料で貰ったモーテルを経営していて、年の離れたヤ●マンの姉と三人で暮らしている。
そこへ知的障害を持った青年(ケヴィン・ベーコン)が母親と一緒にやって来て数日間宿泊。
エヴァン・レイチェル・ウッドとケヴィン・ベーコンは親友になり、後に夫婦(になったつもり)にもなる。
言われてみれば確かに…なのですが、ある事件がきっかけで途中まさかの新事実が判明します…
「ギルバート・グレイプ」のディカプリオも良いが、私は本作のケヴィン・ベーコンの方が強烈に印象に残っている。
ほっこりさせてくれるヒューマンドラマです。
たまにこういうう作品が無性に観たくなる私です。
18年ぶりの再鑑賞でしたが、予想通りクライマックスでウルウルしてしまいました(/_;)
ギルバートグレイプのレオと比べるのは酷ですが大好きなケビンベーコン良かった!だがこの作品はエヴァンレイチェルウッドの可愛いさが1番!
まこと

まことの感想・評価

3.9
ベーコン兄貴の悪役はもちろん立派

でもたまの良い役もそれはそれでご立派
2007.7.25
エヴァン・レイチェル・ウッドがひたすらかわいい
yuki

yukiの感想・評価

4.5
知的障害者の青年と、複雑な家庭環境であり、よくしゃべるちょっと変わった女の子が心通わすヒューマンドラマ。

心地よいと感じるか、退屈と感じるかで評価が分かれそうだけど、めちゃくちゃ好き。このあまり主張してこないサラーっとした雰囲気が好き。
題材的に「アイ・アム・サム」と比べられちゃうけど、それとはまた別。

問題を解決するには子どもだけど、心を通わせ励まし合う2人に心があたたかくなる。
自分は取り残され、ハリエットは大人になっていくことを理解してるリッキーにグッとくるし、ハリエットの気持ちを思うとつらいけど、そうやって大人になっていくんだよなぁとか謎の目線で感情移入。

ケヴィン・ベーコンのやりすぎ一歩手前の演技が素晴らしく、ほぼ出ずっぱりのエヴァン・レイチェル・ウッドの演技もまた素晴らしい。そして美少女すぎて。まさに天使。マリリン・マンソンと付き合う前は天使でしたねぇホント。マリリン・マンソンの罪は重いよ。(本人好きでやってそうだけど)
moryota

moryotaの感想・評価

4.0
知的障害者の青年と多感で友達もいいひん少女が出会ってストーリーは進む。2人は理解し合うけどその周りの大人は2人の関係を理解できてないっていう。
とりあえずケビンベーコンの演技に引き込まれたのと、ハリエット役の子がエマ・ワトソンに似ててかわいかったし、ファッションもおしゃれやった。
SATOMI

SATOMIの感想・評価

4.0
ベーコンを見たいがために!演技すごかったなあ。どんな役でものなせるのはやっぱりプロだよね。
あと、ハリエット役のエヴァンちゃん天使だった〜。子どもの純粋無垢さとか、甘酸っぱい感情とか、見ていてとてもキュンとした。ハリエットの家族が営んでいるモーテルの雰囲気も好き。
ケヴィンベーコンの演技が素晴らしい
が、内容が惜しくて、勿体無い。
うーん、期待して観てしまった分、残念。
chan

chanの感想・評価

3.4
全体的に淡い色調で、ストーリーも淡々としてて癒された。
でもどこかちょっと物足りなかった。。
tomo

tomoの感想・評価

4.3
こんなに良い映画なのに何で知られてないんだろう!
ケヴィン出演作の中でも大好きな一つです。
優しい気持ちになれます。
>|