幸せへのキセキの作品情報・感想・評価・動画配信

「幸せへのキセキ」に投稿された感想・評価

MT

MTの感想・評価

3.8
めっちゃ好き。
最後泣いてしまったし。
奥さんに先立たれて、失意の中から抜け出せない家族が、動物園の再建を通して前を向くようになる話。

実話ベース。

マットデイモンと息子の関係が良くなるところ、マットデイモン、息子それぞれが恋をするようになるところもなかなかいいです。

面白い。
パール

パールの感想・評価

3.8
実話ベースというから驚き。

ハートフルで王道な素敵な映画だった。色々不安な事があるとこういう映画で勇気と元気を貰いたい。

病気で妻を亡くた2児の父ベンジャミン。家のそこかしこに、街のいたる所に妻の面影・思い出が宿り悲しみから抜け出せない。息子も問題あり。
思い切って環境を変える為に引越した先は閉鎖中の動物園付き家。

思いつきでそう簡単に上手く行くはずはない。知識は何も無いし無計画に色々やってたらお金はすぐに底をついてしまう。

問題山積みの中、動物園を守ってきた飼育員達と心通わせ、動物とふれあい、家族の絆を取り戻して行く。

動物園の再生と子供達に語るラストは笑顔にならずにいられない。

娘のロージーがとびきり可愛い。
人間と動物とどちらを選ぶ?とエルファニングがスカヨハに聞くシーンが好き。
環境を変えたかった…で、動物園を買う大胆さ!!資金のことを考えただけでも断念するだろう。それをやってのけたのが素晴らしい
素直に泣けた
こんな娘にこんな息子
そしてこんな父

一度この動物園に行きたい
DVD📀所有、再鑑賞。キャメロン・クロウ脚本・監督作品。マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン主演映画。
最愛の妻を亡くし、2人の子供を抱え、ロサンゼルスでコラムニストとして働いていたシングルファーザーのベンジャミン・ミー (マット・デイモン) は、人生と家庭を修復しようと仕事を辞めて街外れの広大な家を買う。そこはローズムーア動物公園といい、ケリー・フォスター (スカーレット・ヨハンソン) ら飼育員と47種の動物がいた。
資金難に苦しむ動物公園の運営は思うように行かない上、年頃で反抗的な息子との関係など、様々な障害の中でベンジャミンはくじけそうになるものの、亡き妻からの「贈り物」の資産、そして飼育員たちの尽力と動物公園の復活を望む地元住民の励ましで、なんとか再開園にこぎ着ける。そこに至るまでの様々な経験を通して、ベンジャミンは息子との絆も取り戻し、妻を亡くした悲しみも癒えて行く、ハートウォーミングな実話を基にしたドラマですよ。
登場人物の表情につられてしまうような映画。
話の至る所に種が巻かれていて、話の最後にかけてそれが徐々に花を咲かせて行くような幸せな内容。同じ単語を繰り返し使うことでそれがより際立つ。
スパイダーマン見たくなった。
おみ

おみの感想・評価

3.4
今いちど観ると、初めて観た時より良かった。

20秒の勇気を。

この映画でwhy not?のイケてる使い方を知った気がする。
今観るとマット・デイモンもスカヨハもエルファニングも役がとても似合ってる。

事実を基にした話。
Iten

Itenの感想・評価

4.0
マット・デイモンとスカーレット・ヨハンソンの魅力に気づいた今日この頃。

動物園の家を買うという何とも夢のある話。さすがアメリカだな、羨ましい。
asumi

asumiの感想・評価

3.4
観てきました。結構笑ったし、始終ほろほろと泣いてた感じ(ρ_;)話の筋が予告で想像つく類だからちょっと迷ったけど、どのシーンもいいので映画館で観て良かったなぁ♪
ikumi

ikumiの感想・評価

4.5
家族の絆、友情や愛情、
苦しみや葛藤があったけど
冒険を続けた結果キセキになる。
「20秒の勇気」
すごく素敵な映画だった。
物語の基となったダートムーア動物公園へ
ぜひ行ってみたい!!
>|