幸せへのキセキの作品情報・感想・評価

「幸せへのキセキ」に投稿された感想・評価

子役ちゃん可愛いしエルファニングは安定の天使だしスカーレッヨハンソンも美しいし、たくさん登場する動物たちも癒し

優しい気持ちになれる話だったし、エンドロールでほんとうの動物園や家族をモデルにしてるって観て、さらに温かい気持ちになった

このレビューはネタバレを含みます

「ほっこり」「心温まる」なんて言葉がしっくりとくる家族と恋と動物園の物語

"20秒の勇気"
父から子へ送る言葉にこんなステキなものがあっただろうか

写真を見ながら過去を思い出して家族の団欒を思い浮かべてるシーンがお気に入り!
泣き笑い、写真っていいなって思った
緑雨

緑雨の感想・評価

3.0
鄙びた動物園に佇み、ゆったりと身体を動かすトラやライオンやダチョウやグリズリーが織り成す長閑な空間に、相変わらず眼差しが優しすぎるほど優しいキャメロン・クロウが描く愛すべき人間模様が重なって生み出される心地よさ。

映画内の人物たちがつくるコミュニティに、観ているこっちも仲間入りしたくなるような愛しさは健在。

が、一方で、いくらなんでもこれでは演出がヌルすぎるのではないかと感じてしまったのも確かで、マット・デイモンが捧げる泣き妻への愛、息子との確執と、動物園作りの過程の化合が、どこか消化し切れていない印象。

スカ嬢はもはや貫録たっぷりに懐の深い”いい女”を演じていて、その存在感には平伏すしかないのだが、彼女がデイモン父子の関係修復にもっと踏み込んだ役割を果たす場面があってもよかったのかなとは思う。

それにしてもこの邦題は残念。せっかくの佳作も、こんなセンスの欠片もないタイトルでは後からどんな映画だったすら思い出せなくなってしまうのではないか。
りりり

りりりの感想・評価

3.8
久々のほっこり系ムービー

太陽がめいいっぱい注いだ時に
こうでなくっちゃね!

と、自然と笑顔になる私。

ラスト…
ぽろぽろ泣く私。

良かった。
今は荒んでないみたい。


タイミングを見計らって鑑賞。
ほんま、少し間違うと素直に観れないダメな自分が出てくるので注意。
いつもチョイスは慎重です。

邦題は意味不明だったけど…
この邦題ってこの映画でなくてもいくらでも使えますよね
もうちょっと内容が想像できる言葉選びをしてほしいですね
daichi

daichiの感想・評価

3.9
ストーリー展開やオチが分かってても感動してしまいました。父と息子の喧嘩シーンが特にお気に入りです。
ちえお

ちえおの感想・評価

4.0
久しぶりに観たけどやっぱり泣く。そしていつも同じところで泣く(笑)

廃園寸前だった動物園の再生を通じて、愛する人の死を乗り越えていく家族を描いたお話。

動物登場、家族の死、そして実話…
私の泣くスチッチが3個も。

トラの寿命
PCの思い出の写真
特にこの2つのシーンですね。

子役たちの演技も素晴らしかった^_^

スカーレット・ヨハンソン
飼育員さんになってもセクシーです
yasochi

yasochiの感想・評価

3.7
告り方の勉強にどうぞ

原題の動物園を買いました
に対して邦題の幸せへのキセキ
はそんなに悪くはないけれど
20秒の勇気
だったらちょっと良かったんじゃないかしら

ケリー → ベンジャミン
ディラン → リリー
ベンジャミン → キャサリン
と告ります

その流れから感じると、ラストシーンが素敵です
Hi,mom あたりはちょっと泣けます

父子でお互いから言ってもらいたいことを言い合う時も
幼い娘のロージーに片付けの取捨選択を頼らせて語らせる時も
陽気な新米不動産屋さんも十分吟味したと思われる台詞が並びます

映画全体の流れは、もうちょっと編集の余地を感じるけれど、それを含めて優しい人、人間たちを描こうとした作品なんだと感じました

ともかく
男には20秒の勇気が必要なのです

Why not?
を使う/使われるタイミングをがんばって作ってみましょう
あい

あいの感想・評価

3.8

ハートフルな作品。
マットデイモンかっこよすぎでしょ。
外国の女の子って
ほんと色気ある。
ってそんなことばっかやないけども。

こういう映画、大事だと思う。
家族と愛と動物と。
人っていいよね。
オーロラ姫
相変わらず可愛い❤
動物園なんて簡単にできる?
これが実話とは、、、
すごすぎる
子供がかわいかったな
匂い、たまらないかも
昔、ズーキーパーになりたかった自分を思い出した。
>|